各種ポイントをANAマイル・JALマイルへ交換して、マイルを貯めるスピードを加速

今回のテーマは、

「各種ポイントをANAマイル・JALマイルへ交換して、マイルを貯めるスピードを加速

 

ANAマイルとJALマイルは、ANAカードとJALカードで決済すればマイルが貯まっていく。それだけはありません。

他のクレジットカードのポイントだって、一般的なポイントプログラムとして存在するポイントだって、実はANAマイルとJALマイルに交換することができます。

 

すべてのポイントをマイルに集約したとき、きっとマイルを貯めることがもっと楽しくなるし、ポイントについての知識も深まるはず。

ということで今回は、世の代表的な各種ポイントをマイルに交換してみよう、というお話です。

ポイントカード

あなたは財布のなか、またはスマホのなかに、どれだけ入っていますか?多くの業界でポイント戦略を取っていることはご存知かと思います。

ポイントには大きく分けて2種類あります。

たとえば、とあるスーパーの例。

 

「100円で1ポイントつきます!500ポイント貯まったら当店で使える500円分の割引券を差し上げます!」

「土日はポイント5倍なのでお得です!」

スーパーに限らず、よく見ますよね。

みーたん
スーパーのポイントカードいっぱい持ってるよ。ポイントが貯まると割引してくれるもんね!
あーちゃん
気分でスーパー変えたりするもんなあ。うちの近くだけでも4店舗くらいあるか。

 

顧客心理を考えると、このポイント戦略はとても有効です。

「ポイントカードを持っている以上、貯めなきゃいけない」

「貯めるためには、当然その店舗で買い物をしなければならない」

そう考えてしまうものです。

 

これは、その店舗で使えるポイントカードの話。

商品・サービスなどを購入したときに、その店舗専用に使えるポイント、とういうこと。

ポイントにはもう一種類あります。それがクレジットカードで決済したときのポイント。

商品・サービスを購入したときの決済額、つまりクレジットカードの利用金額に応じたポイントがつく。

 

クレジットカード会社からすれば、手数料を取りたいわけなので、我が社のカードをたくさん、メインカードとして使って欲しいわけです。

なので、ポイント(マイル)をつけるのですね。

 

「このクレジットカードのポイントが一番お得だから使い続けなきゃ」

そういった心理が働くわけです。

みーたん
うん。ポイントを貯めるなら集中して貯めたほうが当然イイよね。いっぱい貯めれば、いろんな商品や割引券、サービスに交換できるもん。

 

しかし、毎回特定のお店・カードを使ってもられない現実って、ありませんか?

AスーパーよりもBスーパーのほうがウインナーが安いから、いつもはAスーパーだけど、今日はBスーパーで買い物しちゃおう、とか。

 

たとえば、楽天で商品を購入するなら、やっぱりポイント還元率を見て楽天カードで購入したい、とか。

その瞬間瞬間でお得な情報というのは常に動いているわけですから、いろいろなタイミングでさまざまなポイントカード・クレジットカードを使用します。

その結果どうなるのか。

  • Aスーパー 100ポイント
  • Bスーパー 20ポイント
  • Cドラッグストア 30ポイント
  • Dドラッグストア 15ポイント

といったように、バラバラの場所にポイントが貯まっていきます。だから、財布のなかがカードだらけになってパンパンになるという。

 

また、店舗以外のクレジットカードと関連するポイントでたとえれば、

  • Tポイント 500ポイント
  • 楽天ポイント 1,200ポイント
  • dポイント 300ポイント
  • Ponta(ポンタ) ポイント 200ポイント

などなど、バラけてしまう。

みーたん
そりゃそうだよ。ファミリーマートとかTSUTAYAだったらTカードだし、ローソンならPontaカードだしね。仕方ないじゃない、それぞれの店舗でもらえるポイント違うんだもん。
あーちゃん
バラバラに貯めてるって言っても、結局なかなか貯まらないから、ちょっとした商品を買うのに使っちゃったりするだろ?それがもったいないってことなのよ。

ここで問題になるのは、いろいろなポイントは貯まっているけど、貯める力が分散しているため、一個一個のポイントに大きな額が貯まっていないという点。

たとえば、楽天ポイントが30,000ポイント貯まっているのであれば、モノを買ったり旅行に使えたりしますが、たかだか1,200ポイントでは旅行なんかとても無理だし、大きなモノを買うのも無理。

 

なので、これらのポイントを全部マイルへ移行してしまいましょう!というのが本日の本題。

みーたん
なにそれ、そんなことできるの?知らなったし、少し貯まったら使っちゃってたよ。たいしたものなんて当然買えないんだけどさ。
あーちゃん
絶対にそうしたほうが良い、って話じゃないけど、できるのよ。マイルを貯めるつもりならそれも意識しながら貯めないとね!

 

現に、Tポイントを一生懸命貯めてTトラベルで旅行に行く方もいらっしゃるでしょうし、Tモールで商品を購入される方もいらっしゃいますから、絶対そうするべきという話ではありません。

「あくまでも、マイルを貯めるスピードを加速させるために」という視点でお伝えしていますので、ご了承ください。

 

さて、私たちが実際にメインとして貯めているポイントは、先ほどお話したとおり。

Tポイント・楽天ポイント・dポイント・Ponta(ポンタ) ポイントの4種。

これらを実際にマイルへ移行していくにあたっての情報をお届けします。

補足
当然他にもnanacoポイントやWAONポイント、エポスポイント、各スーパー・ドラッグストアなどさまざまな種類を保有しています。
しかしここでは良く利用している上記4種について書いていきます。 

TポイントをANAマイルへ移行

このマークが目印。このマークが付いている店舗ならTポイントを貯めれます。

良く利用する代表的なショップ

  • TSUTAYA(ツタヤ)
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • マルエツ・FUJIスーパー
  • 伊勢丹
  • welcia(ウェルシア)
  • ガスト
  • ジョナサン
  • 吉野家
  • ドトールコーヒー
  • ENEOS(エネオス)
  • 洋服の青山

などなど、詳細はTサイトをご覧ください

このほかにも数多く提携されていますが、代表的なものをピックアップしました。良く行くショップはありましたか?

 

全ポイント共通で言えることですが、マイルの二重取りは忘れてはいけないところ。

たとえば、ファミリーマートでJALカードで決済すると、2倍のマイルを貯めることができます。

 

さらに、Tポイントもつくので、二重でお得!ENEOSも同様ですよ。

ANA・JALカードで決済するときのお得なショップ情報は、以下から確認してください。

 ・ANA公式サイト「ANAカードマイルプラス対象店舗一覧」

 ・JAL公式サイト「特約店 マイルが2倍たまる」

みーたん
なるほど、ポイント二重取りは大きいね。ファミリーマートで言えば、Tポイントも貯まりつつ、マイルも2倍貯まるんだね。

 

また、携帯キャリアがソフトバンクの方は、きっとTポイントが普通よりたくさん貯まると思います。

使い道がなければ、ANAマイルへ移行してみるのはどうですか?

 

では、「Tポイントをマイルに交換するには?」まずはそのマイルへの移行レート。

50%

つまり、Tポイントを1,000ポイント保有していたら、500ANAマイル化できる、ということ。

提携上、TポイントはANAマイルへ移行するのに適しています。

おおよそポイントをマイル化する際は、50%レートなので、これが通常だと思っていただいてOKです。

補足
ただし、ソラチカカードだけは唯一81%レートを誇りますので、そこは頭に入れておきましょう。 

 

なお、コンビニエンスストアやスーパーでは、商品によっては飲み物でも10ポイント・20ポイントつく商品もあるので、目を凝らしてみてください!

 

たとえば、20ポイントつく飲み物を購入すると、50%の10ANAマイルに交換することができます。

10ANAマイルといったら、通常1,000円分のショッピングが必要です。

それをあなたは、飲み物1本で獲得したということ。これからは、ポイントが増量されている商品にも目がいきますね?

 

それでは、マイル移行の手順について。

とても簡単。まずは公式サイトのマイル移行ページへ。

 ・公式サイト「Tポイントマイル交換ページ」

▲クリックで拡大▲

そして、必要事項、何ポイントを何マイル化するかを入力して完了です。

お手元にANAカードを準備いただくとスムーズですよ。また、当然の話ですが、YahooIDやパスワードもログイン時に必要になりますからね。

交換単位は500ポイント以上・500ポイント単位。交換完了までに2~3日かかりますのでご留意を。

みーたん
500ポイント貯まったらその都度交換していけばイイのかな?
あーちゃん
マイルを使う予定が直近であるなら早めに交換したほうが良いね。でも、マイルの期限は3年間しかないから、その分失効期限も早くくるってことだから覚えておこう!

楽天ポイントANAマイルへ移行

このマークが目印。このマークが付いている店舗なら楽天ポイントを貯めれます。

良く利用する代表的なショップ

  • 楽天市場等(楽天ブックスなど系列すべて含む)
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • くら寿司
  • マクドナルド
  • `PRONTO(プロント)
  • ダイコクドラッグ
  • Joshin(ジョーシン)
  • 日通
  • アリさんマークの引越社
  • ドトールコーヒー
  • ENEOS(エネオス)
  • 洋服の青山

 などなど、詳細はご利用できる店舗一覧をご覧ください

このほかにも数多く提携されていますが、代表的なものをピックアップしました。

 

マイルへの移行レートは、

50%

提携上、楽天ポイントもTポイントと同様、ANAマイルへ移行するのに適しています。

楽天ポイントは、特に楽天市場などで獲得できるポイントが圧倒的。通常でポイント20倍・30倍の商品もありますし、お得な買い回りや、スーパーセールも開催しています。

スーパーセールは本当に安い。私たちは毎回そこで旅行先のホテルを予約しています。

 

たとえば、10,000円の商品でポイント20倍だったとしたら・・・通常であれば100ポイントのはずなので、20倍ならなんと、、、、2,000ポイントも還元されます。

これを50%レートにのせると、1,000ANAマイルに交換できます。

1,000マイルを貯めるためには、いくらショッピングすればよいでしょうか。100,000円です。それを、たったの10,000円で獲得できたということです。

衝撃ですよね。

楽天モバイルの方、楽天ポイント貯まってますよね。ANAマイルへ移行するのもアリですよ。

 

では、マイル移行の手順について。

まずは公式サイトのマイル移行ページへ。

 ・公式サイト「ポイント交換ページ」

▲クリックで拡大▲

そして、必要事項、何ポイントを何マイル化するかを入力して完了です。こちらもお手元にANAカードをご準備ください。

また、楽天IDやパスワードもログイン時に必要です。

 

交換単位は50ポイント以上~1,000ポイント(2ポイント単位)。交換完了までに1週間程度かかります。

 ・公式サイト「楽天スーパーポイントプレゼント!

みーたん
楽天ポイントが最近常に20,000ポイントくらいあるんだけども。そんなにいっぱい買ったのかなあ。
あーちゃん
ってことはすでに10,000ANAマイル持っているってことだね。

でも、1日1,000ポイントずつしか交換できないから早めにやっておきなよ?いざというとき使えなくちゃ意味ないしさ!

dポイントをJALマイルへ移行

ここからは、JALマイルへ通ずるお話です。dポイントは、このマークが目印。このマークが付いている店舗ならdポイントを貯めれます。

良く利用する代表的なショップ

  • マクドナルド
  • ローソン
  • サンマルクカフェ
  • 丸亀製麺
  • かっぱ寿司
  • 高島屋
  • タワーレコード
  • イオンシネマ
  • ENEOS(エネオス)
  • アート引越センター
  • 紳士服コナカ

などなど、詳細dポイント対応店舗・サイト一覧をご覧ください

このほかにも数多く提携されていますが、代表的なものをピックアップしました。

 

マイルへの移行レートは、

50%

提携上、Tポイント・楽天ポイントとは異なり、JALマイルへ移行するのに適しています。

 

dポイントは、携帯キャリアをdocomoにしている方が有利。特に、dカードゴールドを保有していた場合、携帯電話とドコモ光(インターネット)の通信費の10%がポイントとして戻ってきます。

 

 

 

携帯電話とドコモ光(インターネット)の通信費を10,000円支払っていた場合、なんと1,000dポイント獲得でき、その半分をJALマイルへ交換できます。

それだけで毎月500マイル・年間6,000JALマイル。大きいですよね。

 

 

 

では、マイル移行の手順について。

まずは公式サイトのマイル移行ページへ。

 ・公式サイト「交換商品に使う JALのマイル」

▲クリックで拡大▲

そして、必要事項、口数を入力して完了です。お手元にJALカードをご準備ください。また、dアカウントIDやパスワードもログイン時に必要です。

交換単位は1口5,000ポイントなので、dカードでショッピングをしていないとなかなか貯まりづらいかもしれません。

 

ただ、さきほどお話した「dカードゴールド」を保有していて、携帯キャリアがdocomoの方は、半年で5,000ポイントは貯まるかと思います。

交換完了までに2か月程度かかります。かなり長めですね。

みーたん
JALマイルは貯めておくと「どこかにマイル」で格安で旅行に行けるから好き!良かったあああ貯めておいて!でもやっぱり、dカードゴールドのほうが圧倒的に貯まるんだろうあ。
あーちゃん
もちろんさ!10%の還元なんて、なかなかないんだよ!

Ponta (ポンタ)ポイントをJALマイルへ移行

このマークが目印。このマークが付いている店舗ならPontaポイントを貯めれます。

良く利用する代表的なショップ

  • じゃらん
  • 高島屋
  • ローソン
  • 大戸屋
  • ホットペッパー
  • ポンパレモール
  • 日産レンタカー
  • GEO(ゲオ)
  • HMV(エイチエムブイ)
  • アパマンショップ
  • サカイ引越センター

などなど、詳細はPontaポイントをつかえるサービスお店をご覧ください

このほかにも数多く提携されていますが、代表的なものをピックアップしました。

 

マイルへの移行レートは、

50%

提携上、dポイントと同様にJALマイルへ移行するのに適しています。

特にローソンに毎日いく方は使ったほうが良いですよ。私たちは毎日20ポイントつくお茶を買って仕事をしています。

つまり、毎日50%の10JALマイル獲得しているということ。

考えてみてください。

1か月平日20日間×20ポイント×12か月=年間4,800JALマイル。たかがお茶1本で。あなどれません。

 

また、dポイントよりも優れているところとして、ポイント交換単位が非常に小さい。少ししか貯まっていなくても、1マイル単位からJALマイルへ移行できるんです。

 

dポイントは5,000ポイントからJALマイルへ移行できるので、ここは大きな違いですよね。

あとは、ホットペッパーやじゃらんなんかも利用頻度としては高いのではないでしょうか。じゃらんでポイント5倍や10倍もたまに見かけますので、ぜひたくさんマイルを貯めてください。

 

では、マイル移行の手順について。

まずは公式サイトのマイル移行ページへ。

 ・公式サイト「PontaポイントからJALマイレージバンクへ交換する」

▲クリックで拡大▲

そして、必要事項、口数を入力して完了です。お手元にJALカードをご準備ください。

また、PontaIDやパスワードもログイン時に必要です。

交換単位は2ポイント以上・2ポイント単位。交換完了までに1週間程度かかります。

また、dポイントとPontaポイントは相互に交換することもできます。

みーたん
そっか、Pontaポイントを貯めていれば、dポイントは別で貯めなくても良さそうだね!
あーちゃん
うん、JALマイルに交換するだけなら、Pontaポイントのほうが正直交換しやすいと思うよ?ただ、大きく貯めるということで、やっぱりdポイントかなあ。

最後に

1点ご紹介させてください。

世の中には数えきれないほどのポイントがあり、相互に交換できるものあればできないものもあります。

 

「このポイントどうなんだろうなあ」

 

そんな疑問感じたら、以下で調べてみてください。どのポイントがどのポイントに移行できるか、そのルートを検索することができます!これは本当に便利。

 ・【ポイ探(たん)】ポイント探検倶楽部:ポイント交換ルート検索、ポイント自動管理

今、ご自身が持っているたくさんのポイント、どこに何ポイントあるのか、ぜひ整理してみてください。

シリーズ記事