マイルが効率的に貯まる電子マネーの基本

今回のテーマは、

「マイルが効率的に貯まる電子マネーの基本

 

ANA・JALマイルを貯めるには、クレジットカードで日々の生活費を支払っていくことが基本活動となります。

しかしそれだけではなくて、楽天EdyやIDなどの電子マネーを利用することで、実はもっと効率的にマイルが貯まる場合があるのです。

 

たとえば、10,000円をクレジットカードで決済したら、その1%の100マイルを貯めることができますよね。これがこれまでの話の基本の考え方。

しかし、そこに電子マネーを組み合わせることで、クレジットカード決済よりも効率よくマイル貯めることができることも。

 

今回は、マイルが効率的に貯まる電子マネーの基本についてお話していきたいと思います。

みーたん
別にクレジットカードで決済しているだけでも十分マイルって貯まるもんだと思ってるんだけど、電子マネーにまで手をつける必要ってあるの?
あーちゃん
まあね、それだけもたくさん貯まることは貯まるけど、電子マネーを駆使すると、よりお得に効率よくマイルを貯めることができるからオススメだよ!

電子マネーってなんだっけ?

どれのことを指すのやら。種類がたくさんありすぎて混乱する方も多いのでは。

 

代表的な電子マネーを大きく分けると、「交通系」と「お買い物系」とに別れます。

またお買い物系をさらに分けると、前払い式(プリペイド)と後払い式(ポストペイ)があります。

ちなみに、交通系は前払い式ですよ。

交通系電子マネー

  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • Kitaca(キタカ)
  • manaca(マナカ)
  • TOICA(トイカ)
  • ICOCA(イコカ)
  • PiTaPa(ピタパ)
  • SUGOCA(スゴカ)
  • nimoca(ニモカ)
  • はやかけん

などなど

みーたん
なにこれ・・・知らない名前の電子マネーがズラリって感じだけど・・・全部必要なの?
あーちゃん
いんや?知らんもんばっかりだよ、全然知らなくて問題ないけどね。

知らないのは当然。交通系電子マネーは、地域によって特色のある名前になってるのですね。

要は、電車に乗る時に良く使っているはずの、カードのこと(モバイル版も同じ)。

 

続いてはお買い物系。

お買い物系電子マネー(前払い)

  • 楽天Edy(ラクテンエディ)
  • WAON(ワオン)
  • nanako(ナナコ)

お買い物系電子マネー(後払い)

  • ID(アイディー)
  • QUICK Pay(クイックペイ)

これらも、マイルを貯めるうえでは重要アイテムとなるので、使える方はぜひ使って欲しいところです。

電子マネーポイント(マイル)が貯まるタイミング

電子マネーでどうポイントやマイルが貯まるのか。簡単に言えば、以下のとおりです。

  1. 電子マネークレジットカードからお金をチャージし(入れた)たとき
  2. すでにお金が入っている電子マネーをショッピングで利用したとき
  3. 電子マネー後払いで決済したとき

 

まずは、電子マネーにクレジットカードからお金をチャージ(入れた)とき。

たとえば、100円につき1ポイント(マイル)が貯まります。これは、主に交通系電子マネーに該当。

 

続いて、すでにお金が入っている電子マネーをショッピングで利用したとき。

たとえば、200円につき1ポイント(マイル)が貯まります。

これに加えて、電子マネーにクレジットカードからチャージしたときのポイント(マイル)も合わせて、二重で貯まるのが、楽天Edy・WAON・nanaco。

 

最後に、電子マネーで後払い決済したとき。これは、IDとQUICK Payが該当します。

ID・QUICK Payとは、クレジットカードの簡易版と理解してもらえればOKです。

 

つまり、クレジットカードでの支払いを、ID・QUICK Payが代わりにやってくれるイメージ。

クレジットカードと同じなので、決済した金額に応じてポイントが貯まるということです。

 

なんとなく電子マネーのポイント(マイル)が貯まるイメージは湧きましたか?

繰り返し言いますが、現金で支払うと、何もバックされません。

クレジットカードや電子マネーで支払うからこそ成し得る生活の知恵です。

みーたん
ふーん、それぞれに特長があるんだねえ。これは全部使いこなしたほうがイイの?
あーちゃん
そうだね、これは状況に応じて使い分けることでマイルの貯まるスピードが変わってくるからチャレンジしてみよう!

マイル獲得に効く効く!各種電子マネー

まとめて書くと全部で10,000字を超えそうでしたので、以下で分けて解説していますので、それぞれをご確認ください。

電子マネーのすごさがおわかりいただけると思いますよ。

シリーズ記事