楽天Edyのポイントの3重取りでマイルを貯める

 

今回のテーマは、

「楽天Edyのポイントの3重取りでマイルを貯める

 

電子マネーの代表格とも言える楽天Edy、いまではだいぶ利用できるお店も増えてきました。

そんな楽天Edyのスゴさはキャッシュレスで料金を支払えることだけではありません。

 

楽天Edyならではのポイント付与システムがあるのです。

さて今回は、そんな楽天Edyを利用すれば効率的にポイント、そしてマイルが貯まるという事実について確認していきたいと思います。

なんで楽天Edyがイイの?

みーたん
楽天Edyって電子マネーだよね。簡単に支払えるってことはわかってるけどさ、なんでそんなにこだわって使うの??
あーちゃん
決まってるじゃん!ポイント(マイル)を二重・三重で貯めることができるからだよ!

 

おさいふケータイ機能がついている機種に限られますが、楽天Edyはモバイル版で利用したほうがかなりお得。

 

というのも、楽天Edy利用時にどのポイントを貯めるか選べるうえ、お金をチャージするためのクレジットカードのポイントも貯まる。この時点でポイントの二重取りが完成するわけです。

 

これが楽天Edyの魅力というわけです。

 

うまく活用すれば効率よくマイルを貯めることができるので、本当にオススメ。

余談ですが、iPhone(アイフォン)の新シリーズがこれから先も発売され続けると思いますが、わたしがずっとiPhoneにしない理由はここにありました。(今ではiphoneに変えてしまいましたが・・・)

みーたん
わたしiPhone使ってるけどとってもイイよ?写真もキレイだしね。クリエイティブ系のアプリに強いし。
あーちゃん
ダメだったんだよ・・・おさいふケータイが使えないんだもん。。。マイルを効率よく貯めるためには、本当は楽天Edyはかかせないんだよ。

それでは詳しく解説していきます。

楽天Edyクレジットカードからチャージしたときに貯まるポイント

まずは楽天Edyへのクレジットカードチャージでポイントを貯めましょう。

実際にチャージのために使っているカードは、リクルートカード(VISAのみ)。

▼詳細はコチラから確認▼
リクルートカード

 

みーたん
ふーん、なんでリクルートカードがイイの?クレジットカードって種類たくさんあるじゃない。
あーちゃん
リクルートカードはね、年会費永年無料なのに、ポイントの還元率がとても高いんだよ!

ポイントの還元率は1.2%と非常に高い。

クレジットカードの通常還元率を1%とすれば、その1.2倍。たとえば、10,000円チャージしたら、通常は100ポイントのところ、120ポイント貯まるということです。

 

さて、この120ポイントをどうするのか、当然、マイルへ交換するわけです。リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイント。

リクルートポイントはPonta(ポンタ)ポイントに同額で交換でき、また、そこから簡単にJALマイルへ交換できるのです。マイル交換レートは50%なので60JALマイル。

まずは、楽天Edyへのクレジットチャージでマイル貯めることができるということを覚えましょう。

 

なお、2018年5月からリクルートカードからの電子マネーチャージは月30,000円までしかポイント付与されませんので注意が必要です。

わたしたちはいったんファミマTカードからのチャージで代用していますが、そのほかヤフージャパンカードで代用することもできます。

あーちゃん
勘違いしないで欲しいんだけど、確かにリクルートカードからの電子マネーチャージには上限がかかっちゃったものの、リクルートカードそのものは還元率も高いし年会費無料だから素晴らしいクレジットカードと言えるからね!
みーたん
特に旅行サイトのじゃらんとかグルメやビューティのホットペッパーを利用する機会の多い人にはオススメの一枚だね!

楽天Edyを利用したときに貯まるポイント

楽天Edyへのチャージが済んだら、当然ショッピングで利用しますよね。

楽天Edyをモバイルアプリで利用すると、クレジットチャージ時だけでなく、利用した時にもポイント(マイル)が貯まります。

(2017年9月時点)▲クリックで拡大▲

上の図のように、どのポイントを貯めるか設定できるのです。

あーちゃん
図のとおり、ボクはANAマイルが貯まるように設定してるんだ!200円利用するごとに1ANAマイル貯まるのさ。
みーたん
ん?200円につき1ANAマイル?ってことは、還元率0.5%ってことでしょ?うーん。たいしてポイント貯まらない気がするけど・・・

 

しかしこれには続きがあります。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスご存知ですか?

これに登録しておくと、200円で3ANAマイル貯めることができます。通常は先ほどの200円で1ANAマイルなので、+2ANAマイルプラスしてくれるということ。

 

これは大きいです。10,000円分ショッピングしたとしたら、150ANAマイル(通常は50ANAマイル)。利用する金額が大きくなればなるほど当然差がつきますよ。

本サービスは、月300円で登録できます。効率的にマイルを貯めたい方は、登録しておきたいサービスです。

詳細は以下をご参照ください。

 ・ANA公式サイト「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」

あーちゃん
ちょっと待って!楽天Edyのチャージ・利用で貯まるポイントだけじゃ終わらないよ!ショッピングした店舗のポイントだってマイルに交換できるんだから。
みーたん
あ、たとえば、ローソンのPontaポイントとか、ファミリーマートのTポイントとかってこと?

 

たとえば、ローソンで飲み物を1本購入。その商品は、なんとPonta(ポンタ)ポイントが20ポイントついている商品。これはどうなりますでしょうか。

Ponta(ポンタ)ポイントはその50%をJALマイルに交換できるので10JALマイル。

これを平日20日間毎日購入したら200JALマイル、楽天Edyのチャージ・利用分に加えて貯めることができるのです。

楽天Edyへのチャージ → 楽天Edyの利用 → 楽天Edyを利用した店舗のポイント、これでポイントの三重取りです。

みーたん
そうか。単純にクレジットカードで決済するよりもお得にポイントを貯めることができるんだね。
あーちゃん
そうだね。でも、たとえばファミリーマートだったらJALカードで決済するとマイルが2倍になるような特約店制度ってのもあるから、場所によって使い分けると良いよ。

ボクはローソンに毎日行ってたけど、ローソンでは楽天Edyで支払ってたよ。

最後に

では最後に例題です。

10,000円分リクルートカードからチャージして、毎日500円ずつ20日間にわたって合計10,000円を利用し、かつ、そのうち20日間毎日20Pontaポイントがつく飲み物を1本購入していたら、ANAマイル・JALマイルはそれぞれいくら貯まるでしょうか。

リクルートカードでチャージ:120ポイント → 60JALマイル
楽天Edyの利用:200円で1ANAマイルのところ3ANAマイル → 150ANAマイル
店舗のポイント(ローソンのPontaポイントの場合):10JALマイル×20日間=200JALマイル

合計:150ANAマイル + 260JALマイル

 

あーちゃん
還元率1%のクレジットカードを10,000円分利用しても100マイルにしかならないのよ。マイルの貯まるスピードが全然違うでしょ?
みーたん
確かに!楽天Edyの場合とだいぶ差があるね!しかも、ANAマイルとJALマイル、どっちも貯めることができるんだ!

 

スゴさがご理解いただけましたでしょうか。

ちなみに、楽天Edyモバイル版を利用できない場合もありますよね。そもそも機能が付いていないとか、iphoneを利用しているとか理由はさまざま。

 

そういった場合は、Edy機能付きANAカード、たとえば、

ANA JCBワイドゴールドカードや、

▲クリックで拡大▲

を、ソラチカカードとは別に保有するのなんていかがでしょうか。

 

ソラチカカードは不要!という方は、上記のカードのどちらかを保有して、ANAマイレージクラブ モバイルプラスに登録しておくのもアリかと

ANAマイレージクラブ モバイルプラスは、楽天Edyモバイル版でないカード型でも登録できますからね

ぜひ楽天Edyをうまく使いこなしてください。

シリーズ記事