ソラチカカードのPASMO(パスモ)でマイルを貯める

今回のテーマは、

「ソラチカカードのPASMO(パスモ)でマイルを貯める

 

ソラチカカードと言えば、東京メトロの定期・JCBのクレジットカード・PASMO(パスモ)の機能を兼ね備えた、ANAマイラー必携のカード。

ソラチカカードを持つことで、ANAマイルが爆発的に貯まり、1年以内にフライト無料で旅行に行くことも夢ではなくなります。

 

そのソラチカカードに付帯されているPASMO機能もなめてはいけません。すべてはANAマイルを貯めることにつながっています。

さて今回は、ソラチカカードのPASMO機能で、まずはマイルを貯めてみるということについてお話したいと思います。

なんでPASMOでマイルが貯まるのか

電子マネーといえば、まずは交通系ICカードのシンプルなものから。

suica(スイカ)も含めてワンタッチで簡単に使えるので、電車やバスに乗る方なら誰でも持っているものと思います。

 

ただし、マイルを貯めるうえでは、他のどのsuica・PASMOよりもソラチカカードが圧倒的に有利です。

先にもお話しました、裏面を見てわかるとおり、ソラチカカードには定期券が付いていて、交通系電子マネーのPASMOを付帯しています。

 

ANAカードとは言えど、東京メトロが発行しているカードですから、交通系電子マネーが付いているということですね。

▲クリックで拡大

▲クリックで拡大

ここで勘違いしないように。電子マネーを利用してもマイルは貯まりません。

お金をANAカードからチャージしたときにマイルが貯まるのです。

みーたん
チャージはするよね普通。使えばどんどん減っちゃうしさ。券売機でチャージすればいいんでしょ?
あーちゃん
残念ながら、それじゃマイルは貯まらないのよ。クレジットカードの機能とあわせて使いこなさないと!

あくまで、クレジットカードからPASMOにチャージされた場合のみ、クレジットカード決済分のマイルが貯まります。

チャージするときの注意点

手動でチャージすることができない

さて、チャージする際、注意点があります。それは、手動でANAカードからチャージできないということ。

チャージしたいときに、自由にANAカードからチャージできないんです。これはデメリット。

みーたん
んーー?!券売機でやるように、自分でチャージできないの??!!じゃあどうやって・・・
あーちゃん
残額が減って、クレジットカードから自動でチャージされるのを待つしかないんだあ。

改札入場時に自動でチャージ(オートチャージ)されるのを待つしかないのです。

カード発行時は、2,000円以下になったら3,000円をオートチャージする設定となっています。

しかし、毎日PASMOを利用するのであれば、その設定を変えることをオススメします。

10,000円をきったら10,000円チャージされるような設定など、ご自身で選択することができます。

▲クリックで拡大

ちなみに、オートチャージする条件や金額は、東京メトロの駅事務室または多機能券売機などで変更することができます。手順は上図のとおりです。

みーたん
なるほどね。わたしたちは会社の食堂で毎日500円から600円使うから、結構チャージ額を高めに設定しておいたほうが良さそうだわ。
あーちゃん
食堂だけじゃなくて、ほかにもPASMO使う局面っていっぱいあるしね。多めのほうがイイと思うよ?

オートチャージされる改札の範囲はどこまでか

さらにここで、もう一点注意。

オートチャージは改札を入場したときに発動しますが、どのエリアまでの改札範囲なのか。

 

オートチャージされるエリアは、PASMOエリアとJR東日本のSuicaエリア(首都圏・新潟・仙台)の改札入場時に限られる。

つまり、それ以外の場所では残念ながらオートチャージは発動しない。よって、マイルを貯めることもできないということです。

みーたん
なるほど。ってことは、たとえば大阪の改札ではいくら入場してもオートチャージが発動しないってことだ。
あーちゃん
うん、そういうことになるね。じゃあ大阪に住んでいる人がソラチカカード持つ意味ないかって言われると、そうじゃないんだなあ。

先のエリアに住んでいない方ももちろんクレジットカードとしてANAカードを使えるわけですし、何よりもポイントサイトのポイントを81%という高還元率でANAマイルに交換してくれるのは、このソラチカカードにしかないので、全国どこに住んでいてもソラチカカードを保有しておく意味は十分にあるのです。

最後に

最後に、10,000円チャージしたらどのくらいマイルを貯めるできるのかを確認しましょう。

これはシンプルに、クレジットカードで10,000円決済したのと同じです。

 

10マイルコースというオプションで還元率1%すれば、100ANAマイル貯まります。1ヵ月1回はチャージすれば、120,000円使うことになるので、それだけで年間1,200ANAマイルを獲得できるということになります。

 

交通系ICカードは、特に駅構内で使う頻度が高いと思います。今の時代はコインロッカーや自動販売機ですら全部電子マネーに対応してますからね。

まずはマイルを貯めるための初動ということで、さっそく使ってみましょう。

シリーズ記事