セブンイレブンはANA QUICPay+nanaco(アナ クイックペイ+ナナコ)でマイルを貯める

今回のテーマは、

「セブンイレブンはANA QUICPay+nanaco(アナ クイックペイ+ナナコ)でマイルを貯める

 

ANA QUICPay+nanaco(アナ クイックペイ+ナナコ)は、JCBブランドのANAカードを保有している方限定で申し込むことができます。

▲クリックで拡大▲

後払い式の「QUICPay(クイックペイ)」に、電子マネー「nanaco(ナナコ)」まで搭載した、この1枚で2つの電子マネー機能をこなしてくれるという優れもの。

 ・ANA公式サイト「JCB限定 ANA QUICPay+nanaco」

クイックペイは、クレジットカードの簡易版。後払い式なので、単純にクレジットカードで支払ったのと同じこと。これが基本の考え方です。

今回は、セブンイレブンでANA QUICPay+nanaco(アナ クイックペイ+ナナコ)を利用する、その有用性についてお話したいと思います。

みーたん
ん??何これ?見たことないよわたし。
あーちゃん
上の画像の一番右にある、キーホルダー型の電子マネーANA QUICPay+nanacoアナ クイックペイ+ナナコ)」だよ!
みーたん
へえ、これ電子マネーなんだ!ずいぶんオシャレな電子マネーだね!

なんでANA QUICPay+nanacoアナ クイックペイ+ナナコがいいの?

2万円までの支払いはワンタッチ、サインいらず、 などの特性はあるにせよ、ANAマイルを日常のなかで貯めていくという視点で言えば、 これを利用すると通常よりお得にマイルを貯めることができる。

 

通常、クイックペイとは、クレジットカードを利用したことと同じことなので、カード決済分で獲得できるポイント(マイル)だけでおしまいです。

しかし、ANA QUICPay+nanacoは違うんです。

ANAカードを利用したことと同じなので、一見何が違うのかと思いますが、まず、ANAカードマイルプラス加盟店では、クレジットカード決済分に加えてさらに上乗せでマイルを貯めることができます。

 ・ANA公式サイト「ANAマイルプラス加盟店」

あーちゃん
しかも!セブンイレブンでは、このANA QUICPay+nanacoを利用することで、決済分とマイルプラス分に加え、200円につき1nanacoポイント貯まるんだよ!
みーたん
楽天Edyとは違うの?
あーちゃん
クイックペイ自体がクレジットカードと同じだから、楽天Edyみたいにチャージしてポイント(マイル)を貯めることはできないけど、セブンイレブンで利用したときnanacoポイントが一緒に貯まるんだー!
みーたん
でもさ、nanacoもくっついてるってことは、nanacoへのクレジットチャージはできるんじゃないの?

 

そのとおり、可能です。

その際は、nanacoへのクレジットチャージ分と、実際に利用した際のポイント(マイル)が貯まります(二重取り)。

だったらnanacoを使うべきでは、いや、それではダメなんです。セブンイレブンではクイックペイを利用したほうがマイルが貯まるんです。

詳細は次の段落で解説します。

 

ちなみに、nanacoは、公共料金や税金を支払うときに大活躍します。今まで振込用紙で現金で払ってしまっていた方。本当に損してますよ。

nanacoは他の電子マネーと別枠らしく、公共料金や税金の支払いでもポイント(マイル)を貯めることができます。

 

これだけでも大きいですよ。たとえば固定資産税。住宅を保有している方は年間で10万円以上支払っているはずです。

支払うために必要な、10万円をnanacoにチャージしたら、その分ポイント(マイル)が貯まりますよね。

あーちゃん
もちろんボクもやってるよ?気づかなかった?

ウチの固定資産税や車両税だってnanaco支払いの対象になるんだ。

みーたん
え!そうなの?!初耳なんだけど!
あーちゃん
あたりまえあたりまえ。投資不動産もやっているから、その分もまとめて固定資産税はnanaco支払い!

必要経費の支払いでポイントが貯まるのはとってもお得で嬉しいよね!

ANA QUICPay+nanacoを利用したときに貯まるマイル

まずはANA QUICPay+nanacoで、マイルプラス加盟店以外のお店で10,000円分ショッピングをしたときのことを考えてみましょう。

ソラチカカード(ANAカード)の自動移行10マイルコースをオプションで付けているので、還元率は1%だとします。

なので、10,000円ショッピングすれば、単純にその1%、100ANAマイル貯まるということ。

 

しかし、セブンイレブンの場合で利用した場合。

通常決済分 100ANAマイル
ANAマイルプラス加盟店ボーナス 50ANAマイル
nanacoポイント 50ポイント→25ANAマイル
 ※nanacoポイントのANAマイル移行レートは50%

決済金額の判定が税引き前後の関係でnanacoポイントの獲得数は多少異なりますが、約175ANAマイル貯まるということ。

これでお得になりましたね。

みーたん
へえええ!こんなにお得にポイント(マイル)を獲得できるんだね!知らなかったー。
あーちゃん
あと、セブンイレブンで買う商品によってはボーナスポイントがつくんだ。そのボーナス分もしっかりnanacoポイントに反映してくれるからさ!

 

飲み物1本で20nanacoポイントだとしたら、その半分の10ANAマイル。ボーナスポイント商品は見逃さずに。

また、セブンイレブンに限らず、クイックペイも今や使えるお店が今はだいぶ増えてきました。

 ・クイックペイ公式サイト「QUICPayの使えるお店」

電子マネーはさまざま種類がありますが、その店ではどの電子マネーを使えば一番お得かを意識して、チョイスして使いわけましょう。

 

ちなみに、ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)で使うのもかなり効果的です。詳細はこちらでご確認ください。

あわせて読みたい
ENEOS(エネオス)なら2倍以上マイルが貯まる?!

最後に

ここまで触れていませんでしたが、ANA QUICPay+nanacoには「SKIP(スキップ)」サービスが付いています

空港では普通、飛行機に乗る前にチェックインして保安検査場を通るもの。

しかし、このSKIPサービスを使えば、チェックインをすっ飛ばして、一気に保安検査場まで行くことができます。

みーたん
なるほどね、だからSKIP(スキップ)っていうんだ。
あーちゃん
そうそう。まとめると、クレジットカード機能・電子マネーnanaco・SKIP(スキップ)サービスの1枚三役。スゴイでしょ!発行には300円かかるけど、300円支払う以上に使い勝手がイイと思うよ!
みーたん
300円って言っても、毎月じゃなくて1回だけ支払えばいいんでしょ?
あーちゃん
もちろん。JCBブランドのANAカード、当然ソラチカカードを持っている人は必携!

ぜひお試しください。

シリーズ記事