楽天Edyへのチャージ、エポス(EPOS)カードがNO.1説。リクルートカードじゃないのか

今回のテーマは、

「楽天Edyへのチャージ、エポス(EPOS)カードがNO.1説。リクルートカードじゃないのか

 

エポスカードの魅力はカードのそのものの機能性にとどまらず、電子マネー「楽天edy」へのチャージも可能なのです。

楽天Edyと言えば、楽天Edyにチャージするとき・楽天Edyを利用するとき、どちらもポイントを得られることで重宝されている電子マネー。

 

普通にクレジットカードで決済するよりもお得な可能性が高い。

ということで今回は、前回のテーマに引き続き、楽天Edyとの関連性からエポス(EPOS)カードの魅力について考えてみました。

エポス(EPOS)カードの還元率は0.5%?否!2%と仮定しての話

▲クリックで拡大

通常エポス(EPOS)カードの還元率は0.5%ですが、それを2%へ引き上げる技。

  • リボ払いを支払い確定日の前日までに前もって支払うと+0.5%の還元率
  • ゴールカードに育ててあげる
  • ボーナスポイントを意識して年間100万円使うと還元率1.5%に
  • つまり、合計2.0%の還元率になるということ

 

簡単にまとめると、このような流れでしたね。詳細はコチラの記事をご参照ください。

これを前提に、楽天Edyへのクレジットチャージ、そして利用したらどうなのるか考えていきます。

みーたん
エポスカードわたしも持ってるけど、工夫すれば本当にすごいカードなんだね!ビックリだよ。ポイントやマイルもたくさん貯まるしさ!
あーちゃん
今回はエポスカードから楽天Edyへチャージするときのポイントの話ね!

まさか、楽天Edyでもこんなにポイントを貯めることができるカードだったとは

なんと、電子マネー楽天Edyにチャージする際に、エポス(EPOS)ポイントを貯めることができる。

※モバイルsuicaやスターバックスカードにも同率でチャージ可

さらにその楽天Edyを利用することで、上乗せしてエポス(EPOS)ポイントを貯めることができる。

要はポイントの2重取り。

▲クリックで拡大

左下に赤い枠で追記していますが、ここは上段の記事で還元率2%として解決済み。

さらに、右側。楽天Edyを利用することで、200円につき1エポス(EPOS)ポイント獲得。

 

楽天Edyでは、利用したときに上乗せして貯めるポイントを選ぶことができます。

2017年9月時点のおける楽天Edyを利用した際、貯められるポイントラインアップは下表のとおり。

▲クリックで拡大

左下のほうに、エポス(EPOS)ポイントがありましたね。

楽天Edyで10,000円ショッピングした場合

  • 楽天Edyへのクレジットチャージで200エポスポイント
  • 楽天Edyを利用して50エポスポイント
  • 合計で250エポスポイントなので、還元率は2.5%へ

250エポスポイントをANAマイルへ交換すると、レート60%で150ANAマイル。

JALマイルへ交換すると、レート50%で125JALマイル。

10,000円のショッピングに対してなので、いずれもマイルへの移行レートは最終的に1%を超えるんです。

みーたん
ほんとだー!エポスカードと楽天Edyの合わせ技をを極めれば、ANAカードやJALカードで直接決済するよりも早くマイル貯めることもできるんじゃないの?!
あーちゃん
うん、マイル2倍の特約店とかそういうの抜きにして、通常のショッピングだったらお得になるよね!
みーたん
あれ?でもあなた、リクルートカードで楽天Edyにチャージしていると話してなかったっけ?
あーちゃん
そうそう、ボクはリクルートカード派なんだあ

 

その、リクルートカードについて。

▼詳細はここから確認できます▼リクルートカード

こちらも高還元率カード(還元率1.2%)として名を馳せており、楽天Edyへのチャージにオススメのクレジットカード。

リクルートカードを利用すると、Ponta(ポンタ)ポイントが貯まります。

 

エポス(EPOS)カードと同様に、利用した際にも200円につき1Ponta(ポンタ)ポイント貯まります。

▲クリックで拡大

右上にありましたね、Ponta(ポンタ)ポイント。

 

では先ほどと同じく、楽天Edyを利用して10,000円ショッピングをしたケースを考えてみます。

楽天Edyで10,000円ショッピングした場合

  • 楽天Edyへのクレジットチャージで120Ponta(ポンタ)ポイント
  • 楽天Edyを利用して50Ponta(ポンタ)ポイント
  • 合計で170Ponta(ポンタ)ポイントなので、還元率は1.7%へ

Ponta(ポンタ)ポイントは、提携上、JALマイルへの移行に適しています。

170Ponta(ポンタ)ポイントをJALマイルへ移行すると、移行レート50%で85JALマイル。

10,000円のショッピングに対してで言えば、JALマイルへの最終移行レートは0.85%。

みーたん
あれれ、リクルートカードのほうが最終的なマイルへの交換レートは低くなっちゃうんだ。
あーちゃん
うん、やっぱりエポスカードの力を最大に発揮するには、ちょっと手間がかかっちゃうからさ涙。

あ、リクルートカードは2018年5月から制度が変わって、月30,000円分のチャージまでしかポイントが貯まらないから注意が必要!

 

還元率だけを見れば最終的に高くなるエポス(EPOS)カードがNO.1ということになるのでしょう。

10,000円以上ショッピングした際のまとめ

  • エポス(EPOS)カードの最終移行は、150ANAマイルまたは125JALマイル(最終マイル移行レート1%以上)
  • リクルートカードの最終移行は、85JALマイル(最終マイル移行レート0.85%)

 

楽天Edy利用時に貯めるポイントは、チャージするクレジットカードのポイントに揃えなくても良い

リクルートカードで楽天Edyチャージをしているからと言って、利用時に貯めるポイントをPonta(ポンタ)ポイントに設定する必要はありません。

エポス(EPOS)カードも同様。

 

現にチャージはリクルートカードで行いPonta(ポンタ)ポイントを貯め、利用時はANAマイルをダイレクトに貯める設定にしています。

▲クリックで拡大

設定中のポイントとして、一番上に表示されてますよね。

というのも、楽天Edy利用時に通常200円で1ANAマイル貯まるところ、その3倍(+2ANAマイル)してくれるサービス「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」に登録しているから。

 

楽天Edyチャージ時はリクルートカードでJALマイルを貯めるポイントとして、そして利用時はANAマイルを貯めるポイントとして、というように使い分けることもできるんです。

 

通常、楽天Edy利用時は200円につき1ポイント。

しかし、ANAマイルを貯める場合は、200円につき3ANAマイル貯めることができる、つまり3倍ということですね。

このオプションが、「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」ということ。

 

本サービスは、月300円で登録できます。

サービスの詳細は以下からをご参照ください。

 ・ANA公式サイト「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」

 

内容はコチラの記事でもお伝えしています。

 

ということで、一番良い使い方は、

  • 楽天Edyチャージ時はエポス(EPOS)カードで2%ポイント還元、その6割をANAマイルへ、またはその5割をJALマイルへ移行。これで最終的にマイルへ1.0%以上で移行可能
  • 楽天Edy利用時は「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」でANAマイル3倍化。つまりANAマイルへ1.5%で交換可能

がオススメといったところでしょうか。

みーたん
もうどっちのほうが良いのかわからないよ!!!涙
あーちゃん
うん。正直わけがわからなくなるよね。でもその分、普通にクレジットカードで決済するよりもお得になるんだから、我慢我慢。

それでもリクルートカードからエポス(EPOS)カードへの切り替えは、なかなか迷うところ

その理由は2つ。

  • エポス(EPOS)カードの還元率2%を維持するためには、100万ちょい過ぎくらいまでの利用が最大還元率なので、今どのくらい使ったかの進捗管理が必要
  • 単純に、リボ払いの残額支払いを毎月行うのすらめんどくさくなる可能性(実際は簡単なんだけど・・・)

 

でも当然、エポス(EPOS)カードの魅力はこれだけにあらず。

トータルで見たら、切り替えたほうがお得。

 

「うそでしょ。。。リクルートカード持ってるよ。何かほかに使い道はないの」

 

ですよね。ちなみに、リクルートカードは高還元率の万能カード。

楽天Edyへのチャージに使わなくたって、持っていたほうが良い。

 

おそらく、楽天Edyを利用している人は、電子マネーnanaco(ナナコ)も使って人が多いはず。

 

リクルートカードは、nanaco(ナナコ)へのチャージでも1.2%の還元率でポイントを貯めることができる。

特にnanaco(ナナコ)はセブンイレブンでの買い物や、何より公共料金・税金支払いのときに最大効果を発揮しますからね。

あーちゃん
さっきも言ったけど、2018年5月から、リクルートカードから電子マネーへのチャージは月30,000円までしかポイントがつかなくなってしまったので注意してくださいね!

最後に

トータルで利用額100万円ピッタリくらいまでの瞬間風速であれば、エポス(EPOS)カードが絶対王座でしょう。

大切なのは、他のクレジットカードとのバランスや利用状況を確認しながら利用すること。

 

また、楽天Edyでショッピングをする際には、特にコンビニにおいては、そのコンビニで付与されるポイントも忘れないでくださいね。

  • ローソンであれば、dポイントまたはPonta(ポンタ)ポイント
  • セブンイレブンであれば、nanacoポイント
  • ファミリーマートでは、Tポイント
  • サークルKサンクスでは、楽天ポイント

などなど。

楽天Edy利用時に、そのポイントまで含めればマイルへの還元率はさらにアップ。特にポイントアップ商品には目を光らせてみてください。

 

エポス(EPOS)カードの魅力に気づいた方は、必ず持たれることでしょう。

すでに持っている人も、これに気づいたらすぐに実践してみてくださいね。