肌荒れに効く!美肌を保つ朝食のススメ!

LINEで送る




今回のテーマは、

「肌荒れに効く!美肌を保つ朝食のススメ」

 

いつも美肌でいたいけれど、メイクのノリが悪い、乾燥する…などお肌の悩みは色々ありますよね。

そんな時は、いつもよりいい美容液を使ったり、スペシャルケアしたり…

もちろんそれも大切なことなのですが、体の内面から美肌が整えられれば、それに越したことはないですよね。

 

美肌に効く要素は、さまざまありますが、その中でも「朝食」って重要視してますか?

「朝は少しでも長く寝ていたい」

「面倒だから朝食は食べない」

「1食抜いた方が痩せられる」。。。

など、朝食を食べない派の人も多いのではないでしようか。

 

あーちゃんもワタシと一緒に暮らすまでは、朝食をそんなに重要視していませんでした。

でも朝食をしっかり摂ることで、美肌が保たれるなら、ちょっと食べてみようと思いませんか?

最初は面倒でも生活のリズムができれば、当たり前のように朝食を食べる、むしろ朝食抜きだと体調が優れない!ということになります。

朝食美肌の関係性

まず、寝ている間は、体温が下がっているため、朝は朝食を摂ることで、体温を上げる効果があります。

体温を上げるということは、実は結構重要なこと。

体温が上がれば、新陳代謝もよくなるので老廃物が排出されます。老廃物が溜まるとお肌のくすみにもつながりますよね。

また、新陳代謝が上がれば、太りにくい体質にもなりますので、朝食を食べることで、「太りにくい体づくり」にもなるわけです。

朝食を食べないと血糖値も上がりません。脳は、ブドウ糖をエネルギー源としますが、肝臓に蓄えられているブドウ糖は、約半日で使ってしまうので、朝の脳は血糖値が不足しています。

血糖値が上がらないと頭も回転しないので、午前中ぼーっとしてしまったり、集中できなかったり、眠気が強まったり。。。

 

さらに朝食を摂らないと、便秘になりがちです。腸内環境が悪いと必要な栄養素を吸収できずに、老廃物が溜まりやすくなります。

それが肌荒れの原因にもなるのです。

朝食で必要な栄養素をしっかりとっておく。

これは、お肌にとってもとても大切なことなのです。

美肌に効くメニュー

美肌を作る栄養素は、ビタミンやミネラルなどがありますが、朝は忙しいので手軽に必要な栄養素を摂取したいですよね。

ワタシたちも朝は、6時間前に朝食を食べるので、そんなに手の込んだ料理はできません。

なので実際に食べている簡単メニューをご紹介します。

ヨーグルトにフルーツ

毎朝、ヨーグルトを食べています。ワタシたちは、ビヒダスの脂肪ゼロのものが好きですが、腸内環境を整えるヨーグルトは欠かせません。

ヨーグルトは、善玉菌がたくさん含まれているので、便秘にも効果的。

ワタシたちは、さらにフルーツも組み合わせて食べています。例えば、バナナは善玉菌を増やす作用がありますし、キュウイはビタミンCが豊富なので、美肌に効きます。

また、ハチミツもかけていますが、ハチミツのオリゴ糖にも善玉菌を増やす働きがあるので、一緒に摂ると効果的。

 

さらに、クルミを入れています。クルミはオメガ3脂肪酸を多く含んでいるので、血管の若返り効果もあります。

また、悪玉コレステロールを減らしたり、動脈硬化改善、がん予防、冷え性改善やダイエット効果など健康効果が高いことで知られています。

このクルミ、健康だけではありません。肌のくすみや肌荒れも防いでくれる美肌効果も高いので、毎日欠かさず5粒ほど食べています。

最近では、ヨーグルトにえごま油も入れています。

えごま油の効能は、美肌やアンチエイジング、糖尿病の予防やうつ病の予防などさまざまよい効果がありますが、えごま油のαリノレン酸は、オメガ3脂肪酸と呼ばれていますので、多くの病気を防ぐことができると言われています。

えごま油は、熱に弱いので、小さじスプーン1杯をヨーグルトに入れています。忙しい朝でも簡単にプラスすることができるのでお手軽。

※クリックで拡大

大豆製品

朝は、ワンプレートにすべてのおかずを盛っています。一つに盛りつけたほうがかわいいし、洗い物も少なくなるので一石二鳥。

サラダにはミックス豆を混ぜています。ミックス豆は、缶詰でも売っているので、手軽に混ぜるだけ。

大豆製品は、腸内環境を整えてくれるので美肌作りに重要です。

また、週末の作り置きメニューの「厚揚げのケチャップ煮」も朝食で食べます。

これは、あーちゃんの大好物です。厚揚げとみじん切りにした玉ねぎをケチャップ、お酒、醤油、砂糖などで味付けして煮るだけなのですが、ケチャップがいい味を出していて、本格的な味になります。

これも厚揚げなので、大豆製品です。

 

緑黄色野菜

ピクルスも週末に作って、朝食で食べていますが、お酢には老化防止効果があります。

活性酸素は、細胞を酸化させてしまい、シミやシワの原因となると言われていますが、お酢に含まれるクエン酸には、活性酸素を除去する働きがありますので、老化防止だけではなくがん予防などにもつながるのです。

味噌

朝食がご飯のときは、味噌汁も飲んでいます。味噌汁、落ち着きますよね。朝は、温かいものを飲むと胃腸が温まり、活発に動くので新陳代謝も上がります。

味噌には、保湿成分があります。肌にはヒアルロン酸がいいとよく言われていますが、このヒアルロン酸を生成するのに味噌が効きます。

また、シミ予防や美白効果も味噌にはありますので、きめ細かい肌づくりには、味噌がいい。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

最後に

朝食は、美肌づくりにも効果がありますし、太りにくい体づくりにも最適です。

ワタシたちは、毎朝卵も食べていますが、卵も良質なタンパク質とビタミン・ミネラルのバランスがいい。

卵は、抗酸化作用があるビタミンやアミノ酸が豊富なため、美肌にもいいです。

アミノ酸は、コラーゲンを作ります。ぜひ卵も朝食メニューに加えてください!

朝は、時間がなく慌ただしいですが、作り置き食材などをうまく活用し、朝食でいい栄養素を吸収できるようにすると、美肌も着々と作られます。

美肌は、継続が力なり。

朝食習慣で、綺麗と健康を手にいれ、幸せな日々を過ごしましょう!

シリーズ記事