動画配信サービスで映画を見るよりDVDをわざわざ買う理由。お得に買うならレンタル落ちがオススメ

LINEで送る




今回のテーマは、

「動画配信サービスで映画を見るよりDVDをわざわざ買う理由。お得に買うならレンタル落ちがオススメ

 

動画配信サービス、手軽に映画などを見放題で楽しめて月額500円だったり1ヵ月無料だったり。流行ってきましたよね。

便利な時代です。マルチデバイスでスマホやパソコン・テレビでも、インターネットさえ接続されていれば映画が見れちゃいます。

今までみたいに、DVDの現物をわざわざ借りたり買ったりする必要もなくなる。

 

いや、本当にそうでしょうか?それならTSUTAYA(ツタヤ)さんやGEO(ゲオ)さんは閑古鳥が鳴くくらいスカスカだってこと?

 

そんなことないですよね。やっぱりわざわざDVDの現物を借りたり買ったりするのには、その人にとってのメリットがそこにあるからなのでしょう。それは人の考え方・志向なので、なくなることはないと思っています。

レコードだっていまだになくなってないですもんね。レコードならではの味のある音質を好む人もいる。

 

しかも世の中の傾向として、昔流行って一度廃れたものがまた今になって流行りだすってことも結構ありがちです。

 

そんななか、私たちはわざわざDVDを買う派、レンタルもしません。その理由と、お得な買い方についてここではお話していきたいと思います。

一番の理由は映画を車で流しておきたいから

車を運転しながら流してはいますけど、見ているわけではないのであしからず。事故のもとですからね。

 

社会人になると、日々体力と時間との戦いに明け暮れる日々。そんななか、ゆっくり映画を見ること、どれくらいの頻度でできてますか?

よっぽど映画好きの人はもしかしたら毎週観てるかもしれませんが、おおよそゆっくりできる時間ができたら観る方が多いのでは。

 

わたしたちも本当にゆっくり観る時間がないので、でもやっぱり映画が観たいから車の移動中に良く映画を流しています。

例えば、ウチから都心まで車で出ると、下道でそれなりに混んでいると1時間半かかります。ちょうど映画1本分くらいでしょうか。車の中をシアター化するってことです。

 

したがって、車にDVDプレーヤーがついていることはマスト。あなたの車にはついていますか?

 

完全に余談ですけど、DVDプレーヤーがついていると何かと便利ですよ。お子さまがいらっしゃれば、アニメを流しておいたりすれば、お子さまもそれに集中したりしますから。

 

ちなみに、国産車であればオートバックスさんに行ってDVDプレーヤーなどを購入して設置をしてもらえばイイと思いますが、輸入車だとそうはいかないことも。

輸入車は電設系が特殊らしいんです。なので、それに特化している業者さんにお願いするのが得策。

 

私たちの車はミニクーパーなのですが、「ナビ男くん」という業者さんにつけてもらいました。

要は、DVDをわざわざ買うには人それぞれ核となる理由があるってことです。

あーちゃん
スノーボードとか行くとき、2本くらい映画を観るあいだに現地に到着しちゃうよね。
みーたん
あっという間についちゃうからビックリだよ。しかし、運転しながら映画流すなんて、器用だなあ。気を付けてよねほんとに。

DVDを見る」という時間を明確に楽しみたいから

感覚的な話ですけど、ご理解いただける人も多いのでは?と思います。

 

何かをしながらDVDを観るのも時間を有効に使うという意味ではとっても効率がいいんですけど、「DVDを観るという時間をわざわざとる」ことって、人生にゆとりを持たせるためにもとっても大切なことなのではないでしょうか。

 

レコード聞くときって、なんか優雅な感じがしますよね。それと同じ。

ゆっくりとソファに座って、DVDをプレーヤーに入れて、そのスタートをドキドキしながら待つ。

心待ちにしていた映画が自宅に届いたとき、観るのがとっても楽しみですよね。

 

そのワクワク感は、やっぱり気軽に観れるインターネットでは味わえないものってことです。

みーたん
それはわかるなあ。予約してたDVDがやっと到着したときって、すごく嬉しいもんね!
あーちゃん
でしょ?わざわざ時間を取って、楽しみにしてたDVDを観るって、至福の時だと思うんだ。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

動画配信サービスだけではやっぱり見たいものが見れないから

観・聞きたい放題の動画・音楽配信サービスって、本当に自分が観たい・聞きたいモノが提供されていないか、提供されていてもさらにお金がかかる有料となるケースが多い。

 

映画で言えば、結構前に出た作品でも人気があるとイマだに有料。だったら観たい放題の意味ないんですよね。

特に邦画とかディズニー映画。基本的におもしろい作品は値が落ちにくい。でも頻繁に観たくなるからレンタル扱いだと物足りないんですよ。

 

例えば、「君の名は。」ご覧になりましたか?あの作品を一度で終えてしまうなんて本当にもったいない。

観れば観るほど味が出てくるし考えさせられる。そして、毎回感動できる。やっぱり手元に置いておきたいのです、名作は。

 

みーたん
観たいものがなかなか無料配信にならないんだもん。王道と言われる、今も人気の作品は特に。それが残念。
あーちゃん
有料ポイントを使ってわざわざ観るって、なんか感覚的にイマイチなんだよなあ。

お得にDVDを買うならレンタル落ち商品がオススメ

邦画やディズニーの最高の作品は過去のモノでもなかなか値が落ちない。洋画はしばらくすると1作品1,000円!とか、3枚で2,000円!とか家電量販店で良く見かけるのに。

 

かと言って、毎回3,000円~5,000円くらいするDVDを買ってられません。破産しちゃいます。

 

だから、安く仕入れればイイんですよね。中古DVD、レンタル落ちしたDVDを買えばイイ。

レンタル落ちとは、DVDレンタルショップで実際商品棚に並んでいてたくさんの人にレンタルされていたけど、棚にも並ばなくなってしまった商品。

 

毎週毎月たっくさんの新作が生まれるんだから、棚に並ばなくなる商品があるのは当然ですよね。

 

それを買ってしまえばイイんです。当然、普通の中古DVDよりも質は落ちますけど、別にビデオテープみたいに画像が粗々になるわけでもないですし。

普通に買うより全然お得です。邦画でもディズニーでもアニメでも、これイイ作品なのに!ってモノでも下手したら200~300円で買えます。

10枚買っても3,000円です。むちゃくちゃお得。

 

最近また観た映画、「図書館戦争」。価格は300円。これなら、気軽に買えるのでは?「レンタル落ちDVD」で検索してみてくださいね!

掘り出しモノも発見できるかも。

あーちゃん
ハコはレンタル用のもので送られてくることが多いけど、DVDそのものは全然観れるものだもんな、かなりお得だと思うよ。
みーたん
あとは、レンタル用だから、他の映画の宣伝が最初に流れることくらいかな、めんどくさいと言ったら。でも本編は問題なく観れるもんね。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

でも、やっぱり世の中の流れに乗って「U-NEXT(ユーネクスト)」を申し込んでみようと思う

基本はDVD派なので、買うは買うんですけど、気になる動画配信サービス。

たっくさん種類のあるなかで、一番映画数が多そうなU-NEXT(ユーネクスト)をチョイスしようかと。

 

U-NEXT▲クリックで詳細確認▲

 

その理由は、通勤時間を最高タイムに変えたいから。通勤時間中、眠くて眠くて死にそうなんですよね毎日。

音楽を聴いてたり単に携帯触ってるだけだとどうしてもウトウトしてしまって、、、通勤ラッシュだし40分間の電車がとっても苦痛。

 

でも、そこで映画を観れば、、、むしろ通勤時間足りないわーって思うのでは?!映画好きな人にはものすごく使えるんだろうと思って。

しかも1ヵ月も無料で使わせてくれるし、その間に解約すれば翌月分の料金はかからないと!だとしたら、、、登録するしかないな。

月額はちょっとお高め?なのかもしれませんが、まずはお試し無料期間でその効果を確かめてみようと思います。

 

ちなみに、いまだにレンタルショップでDVDを借りている方には特にオススメ。

最新作もレンタルと同じくらいの料金で観れるし、返しに行く手間もない。

あーちゃん
実際使ってみると、結構イイもんだね。アニメなんて、通勤のとき結構見ちゃうんだわ。短編だしさ。
みーたん
確かに使ってみると意外とイイかも。もし無料ポイント使い切れなそうだったら、映画のチケットにも変えることができるしさ。

最後に

最終的に落ち着くところは、結局はDVDも買うし、動画配信サービスも継続しちゃうんだろうなーと実は思っています。それぞれ用途が違うような気がするので。

 

動画配信サービスで観てみて、気に入った作品だけを購入する、とかですね。

いつでもどこでも、空いた時間で映画を。なんか、優雅です。映画って、自分の感性を豊かにしてくれる気がします。観たあとの爽快感がたまりません。

 

次にめざすところは、自宅にシアタールームの設置!おっきなスクリーン。高画質のプロジェクター。そして高音質のスピーカー。夢のようです。

このBoseのホームシアターシステムだけは私たちも持っています。音質最高。やばすぎます。これで映画、観てみてください。真っ暗な部屋で。もう映画館です。音って大事ですね。

 

 

私たちが狙っているプロジェクターはコチラ。いつかつくろう、夢のような空間。