【モンドセレクション受賞】持ち帰りなら「くら寿司」がコスパ最強

今回のテーマは、

「【モンドセレクション受賞】持ち帰りなら「くら寿司」がコスパ最強

 

2017年暮れ、3年連続で「くら寿司」がモンドセレクション金賞を受賞したとこと。お寿司ではもともと世界初の受賞だったそうですね。

日本のお寿司がこのように世界に認められるということは、とても嬉しいことです。

 

たまたま家の近くにあるので、お寿司が食べたいときにはいつもお世話になっています。

その「くら寿司お得な情報について、わたしたちなりの視点でみなさんにお伝えできればと思います。

持ち帰り商品が他の宅配寿司に比べて究極に安くてお得なんです

くら寿司はそもそも安い。店内飲食だったとしても、一皿(2貫)で100円程度ですからね。

でも、残念ながら店内が混みすぎてて、待たされまくるわけです。だから、出てくる選択肢が「持ち帰り」。

 

お寿司って、ひと昔まえは宅配で頼むことが多いような気がしていました。

たとえば、30貫で4,000円・40貫で5,000円くらいでしょうか。ちなみにこの値段は、安くて、の話です。「宅配寿司」と検索して必ず出てくる「銀のさら」さん。

 

まあ人件費などを考えると「やむなし」なんですけどね。ピザだって、宅配じゃなくて持ち帰りなら、ピザがもう一枚無料になる時代ですから。

 

※クリックで拡大

くら寿司の持ち帰りのお寿司がやっぱり安い。

二人でいっちばん手軽に食べれるセットは、パーティお得セット・34貫・1,500円なり。

 

もし、ものすごくお腹が減っていて、「食べまくりたい!」というときは、あぶり尽くし・10貫・500円を追加。

合計44貫・2,000円・一人あたり1,000円で、二人で食べきれないくらいのお寿司を注文することができます。

 

「銀のさら」さんの半額。

 

安いぶんおいしくないのでは?と思うかもしれません。

比較する対象がカウンターで握る10貫・10,000円のお寿司ならそれより劣るに決まってますが、正直宅配・持ち帰り寿司レベルだったらさほど変わらないと思います。

 

というか、くら寿司は普通においしいですよ。うん。

持ち帰る時間からだいたい30分から1時間くらい前に電話しておけば、商品を作っておいてくれます。

お会計にクレジットカードも使えて楽天ポイントも貯まるんです

2017年から導入しているそうです、クレジットカード払い。ポイントを貯めるにも有利になりますね。

それとは別に、さらに楽天ポイントも200円につき1ポイント貯まります。そして貯まった楽天ポイントはくら寿司の支払いに充てられる。

 

わたしたちは、ANAマイル・JALマイルを貯めているので、ANAまたはJALカードで支払って、同時に楽天ポイントカードを見せて楽天ポイントを貯めてもらっています。

ポイントの2重取りができるところもお得。

クレジットカードは本当に持っていたほうが得して生きることができます。お時間ある方はお目通しを。

店内で飲食する場合でも予約ができるから待ち時間がないんです

※クリックで拡大

店内飲食なら予約が必須。激混みです。わたしたちも当然予約してから行きます。

EPARK(イーパーク)で簡単に予約できるので、絶対オススメ。

 

結構このシステムを知らない方々が多いせいか、なぜか待っている方々が行列をなしています。

予約すればイイのにっていつも思いながら、待たずにスイスイと着席。アプリもダウンロードできるのでぜひお試しください。

 

ちなみに、EPARK(イーパーク)には他にもEPARKスイーツEPARKリラク&エステ など、お得な情報盛りだくさん、要チェックです。

番外編:モンドセレクション受賞後は期間限定の豪華セットが

※クリックで拡大

2017年度は12月22日~2018年1月4日まで!年末年始だけなんですね。

36貫で4,000円。普通の宅配と変わらないくらいのお値段です。

しかし、ネタが全然違うという。

 

厚切り熟成 中トロ、厚切りサーモン、厚切りうなぎ(あなご)、赤エビ、ウニ、イクラなどなど、まさに豪華絢爛。

年末年始はお寿司で決まり!

最後に

くら寿司の魅力はこれだけにあらず。

それは変わりダネのお寿司、そして豊富なサイドメニュー

ラーメン、うどん、丼ぶりもの、てんぷら、ポテトフライ、そのメニューはファミレス並み。それらもむちゃくちゃ安い。

 

考えてメニューを組めば、一人あたり500円でそれなりにお腹を満たせます。

 

ただ1点、ウーンと思う点をあげるとすると、駅の近くに店舗がないイメージなんですよね・・・

土日を活用してまだ行かれたことない方、この機会にぜひ!

シリーズ記事