2018年コスパの良いイヤホンをお探しなら

今回のテーマは、

「2018年コスパの良いイヤホンをお探しなら

 

わたくしあーちゃんはとっても音楽好き。というか、「音」に敏感なんです。かつ「音」だけでなく「ファッション性」も重視するタイプ。

なので、イヤホンやヘッドホン、スピーカーには割とこだわりを持っているほうだと思います。

 

当然、Beats(ビーツ)のヘッドホンは最高、わたくしも持っています。

 

 

さて、時代は進化を遂げ、最近では価格が安いのにかなり音質のイヤホンもたくさん登場しています。

 

しかし、わたくしの相棒、みーたんはいまだにiphoneに付属しているイヤホンを使い続けるという。

 

 

※クリックで拡大

実際に耳につけて音楽を聴いてみると、いかんせんスルスルと耳から落ちていくんですが・・・

 

音質は、昔のイヤホンやコンビニで売っているイヤホンと比べれば、Apple製品だからそりゃイイに決まっているものの、やっぱり付属品レベルからは脱せない。

 

今回、たまたま年末年始でヨドバシカメラさんに行く機会があったので、いろいろな製品を試し聴きしまくりました。

そのなかで、コスパ良いなー!と感じた商品をご紹介します。

 

先ほどのBeats(ビーツ)のイヤホンも良いんですけど、15,000円くらいしますからね。ヘッドホンにいたっては、2~30,000円はくだらない。

 

まあ相当な音楽好きな人であれば「あの音質がたったの10,000円なら良いじゃないか!」という声もあるかと思いますが(わたくしもそのタイプ)、コスパという意味ではやっぱり手を出しやすい価格で、でも相応に音質が良くて、あとは個人の好みで、という視点なのであしからず。

最もオススメは「JBL(ジェービーエル)」のイヤホン

JBLは70年にわたる歴史を持つ音を追求し続けた企業。その圧倒的なサウンドは、世界中の音楽ファンを魅了し、スタジオやシアター・コンサート会場などで採用され続けている。

 

また、家庭用サウンドとしても確固たる地位を築き、デジタルサウンド市場でも大きな成果を上げています。

 

そのJBLが販売しているイヤホン、実はすごくお得な価格。約5,000円程度で買えてしまう。

音質は、重低音と高音とのバランスが心地よく、しかしながら迫力がある。

 

 

個人的には下のタイプのイヤホンがオススメ。上記商品ではより耳の奥で音が響くのだが、こちらは耳の手前で密閉され、音が耳の中に広がる感覚。

 

スポーツイヤホンなのだが、日常使いも全然OKだし、色合いもオシャレ。ただ、もう製造中止なせいか、在庫が・・・価格はこちらも5,000円くらいですごく買いやすい商品であることは間違いない。

 

次にオススメは「sony(ソニー)」のヘッドホン

sony(ソニー)はいわずもがなの大手ブランド。このCMが最近気になる。ワイヤレスでノイズキャンセル。

 

ちなみにこれは20,000円以上しますからね。絶対音質イイんだろうなーと。でもちょっと高すぎて手が出ません。

 

 

なので、現実的には以下の商品。これ実は、今回ポイジティブ女が購入した商品。だいたい3,000円くらい

 

色合いも洋服の差し色になってカワイイし、音質は重低音が強くグルーヴ感が気持ちイイ。耳の奥でフィットするので、まわりの音も気にならない。

 

この値段で買えるイヤホンじゃない、というのが感想。お買い得だと思います。

 

最後に「JVC ケンウッド」のイヤホン

コンセプトどおりのタフな音、そしてデザインもイカツイ感じ。音質は、重低音がかなり爆発するような印象です。

 

これもシリーズによっては3~5,000円くらいで買えるので、重低音好きな人であればオススメ。個人的にはJVCはとても好き。

 

まとめ

JBL(ジェービーエル)sony(ソニー)は、音楽全体のグルーヴ感を味わいたい方に。

JVCケンウッドは、かなり強めな重低音を重視したい方に。

というイメージ。

 

商品シリーズにもよりますが、値段はどれも3~5,000円程度。

ちなみに、ワイヤレス(Bluetooth)のほうが良いか悪いか、の判断はお任せしますが、わたしたちはワイヤレスは使いません。

 

充電がめんどくさいとか、なくしそうとかという理由で。

 

「時代遅れだなー」ともいわれそうですが、やはりそのイヤホンを一生使い続けるかというとそれはなくて、どこかで消耗して買い替えるから、できるだけコスパが良いモノを選択したいというのが本音。

最後に

イヤホンで聴くのは音楽だけじゃない。

動画配信サービスがかなり市場に出回ってきましたよね。今は映画はインターネットで定額見放題の時代。

 

映像というエンターテインメントは、外に持ち出せる。

 

音質の良いイヤホンで、通学・通勤途中に映画を観てみてください。まわりの音は一切聞こえない。電車のアナウンスも。

 

聴こえるのは映画のサウンドのみ。上の写真の「ワイルド・スピード」なんて観た日には、もう電車のなかで興奮しっぱなしですから。

 

きっと、良いイヤホンは、あなたの隙間時間を最高に楽しいものにしてくれるはずです。