安くて美味しい!中華街に行ったら穴場おすすめランチを食べるべし

今回のテーマは、

安くて味しい中華街に行ったら穴場おすすめランチを食べるべし」

 

あーちゃん
次の週末、中華街行こうよ!中華街で行くならここ!っていうおすすめってある?
みーたん
うん、そうだなぁ。中華街の近くで8年は働いてたから、安くて美味しいおすすめのランチはあるかな
あーちゃん
どこどこ?ネットで調べてもたくさんありすぎて、結局どこに行ったらいいのかわからなくなっちゃってさ…

 

せっかく中華街に来たのなら、「満足できる美味しい中華を食べたい」と思いますが、いざ調べてみると中華街は、お店もたくさんありますし、ネットのおすすめも色々ありますので、どこに行ったらいいのか迷いますよね。

今回は、中華街の近くで8年働いていた私みーたんが、安くて美味しい中華街穴場ランチをご紹介したいと思います。

華やかさはありませんが、中華本来の美味しさが詰まっていますので、ぜひご参考に!

中華街に行ったらアサリそばを食べなきゃ!広東料理 吉兆(きっちょう)

中華街でアサリそばを食べたことがありますか?

皆さん、中華街といったら飲茶、炒飯、担々麺などなど定番の中華料理をイメージすると思います。

 

ですが、吉兆活アサリそばを食べたら、そのイメージが変わるはず。

「中華街に行ったらやっぱりアサリそばだよね」

 

ワタシは、よく活アサリそばを食べに行っていましたが、昭和の雰囲気漂う渋めのお店にも関わらず、11時30分には満席になります。

 

注文するのは、大体活アサリそば単品か、焼売付きのセットです。店内のほとんどのお客さまは、活アサリそばを頼んでいます。

 

それほどアサリそばファンが多いということ。

 

大粒でふっくらしたアサリの深みのあるダシが効いていて、味はしっかりしています。アサリそばのスープを残してしまうのがもったいないほど、風味がよくでています。

口の中にふわっと広がる海の香りが、なんとも言えず、一度食べたらクセになる味です。

 

みーたん
吉兆のアサリは愛媛県産。麺を食べ終わった後、ご飯を入れておじやにして食べても絶品
あーちゃん
ちなみにアサリの貝柱を上手くとるには、箸でつまんで回転させるといいらしい!

焼売のおしいさと炒飯の旨味をしみじみと感じる 清風楼(せいふうろう)

関帝廟通り沿いにある老舗のお店。こちらも店内は昭和…

餃子や小籠包に比べて、地味なイメージの焼売ですが、本当に美味しい焼売は感動します。

 

清風楼焼売は、豚肉がぎっしりつまっていて、貝柱の旨味が凝縮されています。

 

なかなかこんな味は出せないのではないかと感じますが。

しかも焼売目当てで行った方が、炒飯にもハマるという凄さ!

 

炒飯は、少し甘みがあり、濃厚な味わい。パラパラの炒飯ではないけれど、クセになる旨味があります。

 

量も十分なほど多いので、二人で1つ頼んでもいいと思います。並880円(チャーシュー入り)、上1,500円(エビがプラス)、特上2,000円(さらにカニがプラス)となります。

おしゃれ度は低いですが、味は確かなので一度は是非食べてみてくださいね。

 

みーたん
持ち帰り用の焼売(12個入り1,600円)も買えますので、お店が混んでいるときはお土産としてもおすすめです。

お得なランチセットが980円(税抜)で食べられる 翡翠楼(ひすいろう)

関帝廟通り沿いのお店で、清風樓と斜め向かいにあります。

 

食べ放題もいいですが、そんなに量を食べられないという方は、少しずつ好きなものを食べられるランチセットがおすすめです。

 

翡翠楼は、翡翠チャーハンが有名です。こちらは無添加。この翡翠の色は、ホウレンソウで出しているそう。

 

最初は、この「翡翠炒飯」を食べようと思っていたのですが、少しずついろんなものが食べたくなってしまったので、お得なランチセットを注文しました。

 

「豚肉・イカと季節野菜の炒め野菜炒め」は、コクがあり、さすがのお味。

 

「白身魚の四川風ピリ辛炒め」は、トウガラシのピリ辛が効いていて、クセになるお味。なかなか家庭では出せないです。

 

小籠包も好きなのですが、翡翠樓の小籠包は、皮はもっちりしていてスープもいいお味。

 

フカヒレスープや炒飯、杏仁豆腐などもセットになっています。

どれも美味しいのに、980円(税抜)なんてかなりお得です。

最後に

中華街のお店はたくさんあり、どこに行けば後悔しないのかなんて、なかなかわからないものですが、今回は店内が豪華・おしゃれというよりは、質素だけれど、料理は美味しいお店をご紹介しました。

 

サラリーマン・OLが通っているお店は、味に定評があるのではないかと思います。

せっかく中華街に遊びに来たなら、安くて美味しい穴場ランチをセレクトしてみてください。

 

王道の中華ではなく、ちょっと穴場の中華を楽しむと幅が広がりますよ。

シリーズ記事