カフェオレのオシャレな作り方。ミルクとコーヒーの2層がイイ感じ

LINEで送る




今回のテーマは、

カフェオレオシャレ作り方。ミルクとコーヒーの2層がイイ感じ

 

こんなカフェ雰囲気を自宅で手軽に。

注目してほしいのは、空間ではなく、2層になっているカフェオレ(カフェラテ)。

 

外食をする際、たまにこんなキレイな層にして提供してくれるところもありますが、自宅でやろうとあんまり意識したことはない。

けど、お客さまが来たときとか、友達の家に行ったときとか、こんなふうに手軽に作ってあげることができたら、カワイくないですか?

 

さて、たまたまヒルナンデスを見ていたら、このキレイな2層のつくり方が放送されていたので、早速やってみました。

みーたん
自分でできるもんなんだね、初めて知ったよ!
あーちゃん
しかも超簡単に誰でもできるから、ぜひ試してほしい!

と思ったので、ご紹介します。

材料はこれだけ

▲クリックで拡大▲

牛乳、コーヒー、氷、ガムシロップ。

コーヒーはお湯で溶かしたもの。牛乳に入れるので、濃いめに溶かしています。

量はご自身の好みにあわせてください。

まずは氷とガムシロップを牛乳へ

▲クリックで拡大▲

順番はどちらでも構いませんが、ガムシロップをコーヒー側に入れないこと。

あーちゃん
比重の問題で、下にしたい層のほうにガムシロップを入れるらしいよ。

そうすると、土台が安定してキレイな2層になるんだってさ。

みーたん
もし一番下が牛乳じゃなかったら、それに入れておけばイイんだね。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

あとはコーヒーを注ぐだけ

▲クリックで拡大▲

この際、一つの氷にぶつけながら注ぐのがコツ。

あーちゃん
ゆっくりね、ゆっくり注ぐ。液体(牛乳)の部分にダイレクトに注いじゃうと、牛乳とコーヒーが混ざっちゃってキレイな2層じゃなくなっちゃうんだ。

 

▲クリックで拡大▲

みーたん
ほんとだ!混ざってない!すごっ!

 

▲クリックで拡大▲

これで完成。確かに混ざらずに、牛乳が下に、コーヒーが上に。

▲クリックで拡大▲

スプーンやストローで一混ぜすると、良くみるカフェオレになりますね。

みーたん
カフェとかでキレイに出てくるのは、こうやってひと手間かけてくれてたんだねえ。なんか感動した。

最後に

カフェオレって、他にもいろいろ混ざってるもの見たことありませんか?

ヒルナンデスのなかでも、抹茶やトマトを入れてました。

 

抹茶の場合は、抹茶の層を一番下に、真ん中を牛乳、一番上をコーヒー。トマトの場合は、下を牛乳、上をトマト。

ガムシロップは下層の液体に入れればOK。

 

他にも、たとえばー、ココアとかチョコレートドリンクとか、ほうじ茶とか?

〇〇ラテといったように商品化されているものであれば相性がイイんでしょうね。

ちょっといろいろ試してみたくなりました!