OkiDoki(オキドキ)ボーナスポイントは忘れずにANAマイルに交換すること

今回のテーマは、

OkiDokiオキドキボーナスポイントは忘れずにANAマイルに交換すること

 

JCBカードを持っている方には特になじみの深いOkiDoki(オキドキ)ポイントプログラム。

ANAマイラー必携カードのソラチカカードもJCBブランドですので、もちろんこのOkiDokiポイントが貯まっていて、それをANAマイルに交換しているということになります。

しかし、OkiDokiポイントには通常ポイントとボーナスポイントの二種があって、マイルを毎月自動移行している方は特にボーナスポイントのことを忘れがち。

今回は、OkiDokiポイントの貯まり方、そしてボーナスポイントの確認方法とANAマイルへのお得な交換方法についてお話します。

OkiDokiポイントの貯まり方

OkiDokiポイントの通常ポイントは1,000円につき1ポイント貯まります。

この1ポイントを、5マイルコースを選択しているなら5マイルに、10マイルコースを選択しているなら10マイルに交換することができます。

コースにはそれぞれ手動でマイルに交換するマルチコースと、自動でマイルに交換してくれる自動移行コースがあって、特に自動移行コースを選択している場合には先ほども触れたとおり注意が必要。

というのも、毎月ポイントをマイルへ自動的に交換してくれるため、My JCBという利用代金やポイント獲得明細を見れる画面を見る機会が圧倒的に減ってしまうからです。

▲クリックで拡大

ソラチカカードをメインに利用していれば、このように通常ポイントもボーナスポイントも貯まっていきます。

▲クリックで拡大

わたしたちは10マイル自動移行コースを選択しているので、このように毎月自動的にポイントがマイルに交換されています。

しかし、自動的にマイルに交換されている分はあくまで通常ポイントのみであって、毎月貯まっているボーナスポイントは必ず手動で交換手続きをする必要があるのです。

そもそも手動で交換手続きを行うコースであれば、必ずポイント獲得状況を確認しながら手続きを行うため、ボーナスポイントもあわせて確認する機会があるのですが、自動移行コースの場合はこの確認をしないまま時が経ってしまう。

▲クリックで拡大

結果、ボーナスポイントだけがこのように残ってしまうことになります。

ポイントの有効期限が2年間なので、一回もボーナスポイントを確認しなければ失効してしまう場合もあるので注意しなければなりません。

みーたん
わたし、クレジットカードの引き落としがいくらかは確認してたけど、ボーナスポイント一回も確認してない。大丈夫かなあ。
あーちゃん
さすがに二年は経ってないと思うけど、気付いたら今すぐに交換したほうがイイよ?

▲クリックで拡大

ちなみに、ボーナスポイントとは、JCBスターメンバーズの特典やOkiDokiポイントプログラムを経由してサービスを利用したりすると貯まります。

先ほどの明細で毎月ボーナスポイントが貯まっていましたが、それはJCBスターメンバーズの特典で貯まっていたポイントです。

ソラチカカードの場合は、下段の表の、スターα・スターβのみが対象となります。

▲クリックで拡大

なお、スターβのランクを獲得するには年間で50万円以上、スターαであれば年間100万円以上の利用が必要になります。

話をまとめると、年間50万円以上利用してスターβのランクになるとボーナスポイント10%、年間100万円以上利用してスターαのランクになるとボーナスポイント20%を獲得することができます。

▲クリックで拡大

念のため、ランクの判定期間は、当年の12月16日から翌年の12月15日までの利用分。

ランク適用期間は、翌々年2月からその次の年の1月までになります。

▲クリックで拡大

さて、ここで先ほどのポイント獲得明細をもう一度見てみると、わたしたちはスターαランクなので、通常ポイントの20%がボーナスポイントにも計上されているのがわかりますでしょうか。

みーたん
ほんとだあ。通常ポイントの1.2倍もらえるなんてお得だよね。

で、このボーナスポイントはどうやってマイルに交換するの?って、マイルに交換できるの?

あーちゃん
もちろんさ。楽天の期間限定ポイントとは違って、このボーナスポイントまで他のポイントに交換できるのはありがたいよ。

必ずMY JCBを確認のうえ、ポイントをマイルに交換する

▲クリックで拡大

My JCBからログインすると、トップページからご利用明細や、先ほどのポイント獲得履歴を確認できます。

ポイントを確認したら、上図のポイント交換のボタンを押してマイルに交換します。

▲クリックで拡大

ここでポイントになるのは、ANAマイルへ直接交換したらもったいないということ。

ANAマイルに直接交換した場合は、1OkiDokiポイントが3マイルにしかなりません。

▲クリックで拡大

そこで登場するのがソラチカルート。

ソラチカルートとは、ANAマイルに交換するにあたって、東京メトロポイントを通る高還元ルートのこと。交換レートは90%で、東京メトロポイントからANAマイルへ交換できる最強ルートです。

直接ANAマイルに交換するのではなく、ソラチカルートをとおれば、1OkiDokiポイントが4.5マイルになります。

たとえば、1,000OkiDokiポイントをマイルに交換するとすれば、3,000マイルになるか、4,500マイルになるか、最終的に小さな違いが大きな差になってきます。

▲クリックで拡大

では実際に交換してみましょう、と思いましたが、残念ながら今はできませんでした。

というのも、100OkiDokiポイント=500メトロポイントは間違いないのですが、交換最低ポイントは200ポイントからです。覚えておきましょう。

みーたん
普段あまりボーナスポイントって意識してないから得した気分だよね。
あーちゃん
そうだね!ANAマイルへのポイント交換は、このメトロポイント経由が一番!どんなポイントプログラムからでもポイントサイトからでも、絶対にメトロポイントを経由することは忘れないように!

最後に

毎月10万円くらい利用していれば、ランクはスターαになって、20%のボーナスポイントを獲得できます。

よって、毎月10万円の利用で獲得できるポイントは、通常ポイントで100ポイント・ボーナスポイントで20ポイント。

とすると、ボーナスポイントは半年で120ポイント、年間で240ポイント。

東京メトロポイントへのポイント交換は200ポイントからなので、約1年間くらい経過したら交換できるくらい貯まっているはずです。

忘れないように注意してくださいね。