ANA国内線の特典航空券発券ルールの変更に伴い確実に確保できなくなりました

今回のテーマは、

ANA国内線特典航空券発券ルール変更に伴い確実に確保できなくなりました

 

ANAの特典航空券を確実におさえにいくには2ヵ月と14日前ルールの裏読みをこれまで活用してきましたが、このルールの改訂により残念ながらそうもいかなくなりました。

2018年10月28日より新たなルールが適用されますが、国際線と同じように向こう半年・一年間を見越して旅行計画をたてなければなかなか特典航空券を確保できなくなるかも。

今回は、ルールの変更点や販売スケジュールなどを確認していきたいと思います。

ANAマイル特典航空券の主な発行ルール変更点

▲クリックで拡大▲

特典航空券をおさえるにあたって特に留意すべき変更点は、①予約開始日・②新規予約・予約変更・有効期限・③搭乗当日の便変更の3つ。

いったん従来の2ヵ月と14日前ルールの裏読みの活用は忘れ、これらの新しルールを頭に入れておかないと、あとあと自分で特典航空券をおさえる際、「なんで?!」となってしまうので覚えておきましょう。

みーたん
これまでは2ヵ月と14日前ルールの裏読みでうまいこと確保できてきたのに、それが使えなくなっちゃうってことでしょ?!大丈夫なのかなあ。マイルを貯めている人も年々増えているみたいだしさ。
あーちゃん
どうやらそうみたいなんだよなあ。いざとなったらANAスカイコインなんかもうまく活用すればイイんだけど、できれば特典航空券のほうがお得なことが多いしさ。だから、ちゃんと頭に入れておいてね!

予約開始日の変更

特典航空券の予約開始日が、2ヵ月前の発売から一斉に販売されるタイミングに変更されました。

2ヵ月前というのは、従来の2ヵ月と14日前ルールのことです。

それが、ある時期に半年分一気に発売するからそのタイミングで買ってね、というスタイルに変わりました。

▲クリックで拡大▲

では、その一斉販売のタイミングはいつなのか。

上図の下段に記載してあるとおり、2018年8月28日から、2018年10月28日~2019年3月30日分までの特典航空券をおさえることができます。

なお、特典航空券だけでなく、一緒にマイル割も同様のタイミングで発売となりますから留意しておきたいところです。

▲クリックで拡大▲

なお、8月28日の発売に先立ち先行販売があります。

ステータスによっては日時が設定されており8月27日から先行販売で特典航空券を確保することが可能。

ステータスが高くなくたって、一般のANAカードの会員の方も8月27日16:00から申し込むことが可能なので、このタイミングはおさえておきたい。

あーちゃん
発売のタイミングは年2回、8月下旬・1月下旬だから、今後は少なくとも向こう半年間の旅行計画・休みの計画を調整しておく必要があるな。気づいたときには特典航空券が埋まってるってことも大いにありうる。
みーたん
休みの調整って結構むずかしいよね。たとえば半年先の仕事の状況とか家庭の状況って、なかなかつかめないところがあるから。

連休のときなんか集中して申し込み入りそうだからチェックしとかないと。

新規予約・予約変更・有効期限の変更

新規予約・予約変更期限は従来のフライト4日前までから前日まで可能となりました。

また航空券の有効期限は、従来の発行日から90日間から発行日から1年間に変更。

 

発行日から1年間の有効期限は相当ナイスな話なのです。

たとえば、2ヵ月(60日前)前に特典航空券を予約して、フライト1週間前(7日前)に急遽キャンセルせざるを得なくなったとしても、残りの有効期間が約10ヵ月あるので、もともとのフライト前日までに残りの10ヵ月の間へ旅行日程を変更することができるのです。

これまでのように90日間しか有効期限がないと、残り1ヵ月の間にまた旅行を組みなおさねばなりません。でなければ、無駄にキャンセル手数料を支払うことになる。

みーたん
あーーーそういうことかあ。確かに旅行日程キャンセルをせざるをえなくなるときもあるもんね!でもまだ有効期限が残ってるから、別日程で組みなおせるのは相当ありがたいよ!
あーちゃん
ちなみに、翌日の特典航空券が取れるようになったのも、急遽フラッとどっか行きたくなったときには便利だと思うけどね!

搭乗当日の便変更

特典航空券でフライトしたい時間が埋まっていても、とりあえず遅めの時間をおさえておいて、当日早めの時間から空港入り、そして空き席があったら変更してもらう、という手法が不可能になりました。

ですので、日はもちろんそうですが、時間までピッタリ乗りたい便をおさえる必要があります。

この点はこれまでよりも融通が利かなくなってしまった点なのでしょう。

あーちゃん
なんか時間がもったいないからこの手法使ったことないけど、どうしてもこの日しかないってことだと役立つってたんだろうなあと思うよ。
みーたん
休日だったら月曜か金曜かをくっつけて休みとっちゃったほうが長く旅行できるし特典航空券もおさえやすくなるもんね。

最後に

ちなみに、2018年10月28日から適用となるこのルールですが、10月27日分までの特典航空券はどうなるのかというと、緩和措置のようなカタチで7月1日からすでに販売が開始されています。

通常の2ヵ月前というルールが緩和されて約4ヵ月前からおさえることが可能になっているということ。

夏を前にすると各旅行会社もセールをうってきますから、特典航空券を利用して安くホテルやレンタカーをおさえればお得に旅ができますね。

 

いずれにせよ毎年8月・1月下旬はこれからは特典航空券の争奪戦になるでしょう。しかも、あるべきルールのもとで。

わたしたちも2018年度は4月はANAで沖縄に、7月はJALで広島に、10月はANAでグアムに、その先の予定を8月26日までに決めて27日の特典航空券確保に動かねばなりません。

それまでにANAマイルが貯まりきっているか??!!ちょっと拍車をかけて貯めにいこうと決めました。

 

最後の最後に、この度の西日本の大雨災害には心から早い復興をお祈り申し上げます。

広島に旅行に行くのもどうなのか、とも考えましたが、こんな時だからこそ旅行に行き、観光という側面から支援できれば。

全然観光に行けるよ、と発信していければと思います。

シリーズ記事