JAL国際線特典航空券ルールの変更でちょっと利用しづらくなった?!

LINEで送る




今回のテーマは、

JAL国際線特典航空券ルールの変更でちょっと利用しづらくなった?!

 

JALの国際線特典航空券のルールが2018年12月から変更されるようです。名称は「JAL国際線特典航空券PLUS」。

これによってはわたしたち利用者にどんな影響が及ぶのか考えてみたところ、逆に国際線の特典航空券はちょっと利用しづらくなったような気もします。

今回は、主なルールの改訂点や今後の使い方について考えてみたいと思います。

「JAL国際線特典航空券PLUS」の概要

▲クリックで拡大▲

これまでは国際線の特典航空券を確保する際は、満席であれば「キャンセル待ち」しかできませんでした。

しかしルールの変更に伴い、追加でマイルを支払えばより特典航空券を取得できる可能性が高まるということに。

▲クリックで拡大▲

どのくらいのマイルを追加で支払えばイイのか、については、残席に応じて決まるようです。

上図の右側赤棒グラフが示すように、残席が少ない人気の便ほど当然支払うマイルが増えるということです。

みーたん
ん?良いルール変更なんじゃないの?だってさ、今までよりも国際線の特典航空券が取りやすくなったってことでしょ?キャンセル待ちしてるよりも旅行計画立てやすいじゃん。
あーちゃん
確かにそれはメリットの一つだと思うよ。でもね、その追加で支払うマイルの額がとんでもないんだわあ。

追加で支払うのマイルの額はどれくらいなのか

▲クリックで拡大▲

わたしたちは今度グアムに特典航空券を利用して旅行に行きますが、グアムは片道10,000マイル・往復20,000マイルが基本マイル。

PLUSにルール変更することで、それが最大片道59,000マイル・往復118,000マイルに。エリアによっては基本マイルの約7倍支払うことになります。

みーたん
ちょっと待ってよ!往復118,000マイルなんて支払ってたら、ハワイ3回分くらいだよ?!そんな一気にマイル貯まらないってば!
あーちゃん
キャンセル待ちがなくなっちゃうから、基本マイルだけ使って特典航空券取れる可能性が下がっちゃうってことなんだよ。

ちなみに、ファーストクラスはPLUSの対象外で、これまで同様キャンセル待ちが利用できます。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

予約変更不可・有効期限は予約便に限る

▲クリックで拡大▲

国際線は販売開始直後の1年前、遅くとも半年くらい前には確保しにいくもの。でないと、特典航空券がなくなってしまいますから。

しかし、急な仕事や家庭の事情によっては、キャンセルせざるを得ない状況や旅行日程を変更せざるを得ない状況になることもあります。

これまでは発券から1年間の間であれば有効なので予約変更もできましたが、新しいルールのもとでは残念ながら一度払い戻しをする必要があり、さらに手数料3,100円相当額が差っ引かれてしまいます。

みーたん
1年先の予定って本当にわからないじゃんね。なのにキャンセル待ちも予定変更もできずキャンセル手数料まで必要になっちゃうとは。
あーちゃん
JALさん側としては追加マイルを支払って乗ってもらいたいって気持ちがあるんだろうねえ。割高で乗ってもらったほうがその分マイルを多く消費するわけだしさ。

必要マイルが少なくなった路線も

▲クリックで拡大▲

一方で、シンガポールやホーチモンシティなど、これまでよりもマイルがお得になった路線もあります。

シンガポールまでの便は5,500マイルも少なくなり、片道12,000マイル・往復24,000マイルで特典航空券を手に入れることができます。

他にも、シドニーやロンドン・パリなどメジャーな都市への必要マイルも下がっています。

みーたん
へえ。シンガポールはとても行きやすくなった気がするよ?グアムが往復20,000マイル、シンガポールは往復24,000マイルなら、そんなに変わらない気がするしね。
あーちゃん
あくまで基本マイルとして必要マイルが下がっただけで、ここからさらに追加マイルを支払うとなるともう未知数なんだけどね。メリットの一つにはなってると思うよ。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

eJALポイントでのツアー申込とどっちがお得か

▲クリックで拡大▲

さきほども掲載しましたが、グアムを例にとって考えてみます。たとえば、超ハイシーズンの8月3週目くらいで4泊5日の日程。

PLUSルールのもと、追加マイルを支払って往復80,000マイルで特典航空券が取れたとする。もし2人で旅行するとなると160,000マイル。

▲クリックで拡大▲

同時期にeJALポイントで特典航空券を購入しようとすると、往復で1人104,000円・2人で208,000円。

JALマイルからeJALポイントへは1.5倍で替えることができるので、約135,000マイルをeJALポイントに交換すれば同じ航空券を確保することができます。

みーたん
そっか、eJALポイントに替えたほうがお得な場合もあるってわけね。でも結局高くない?!!!マイルがもったいなくて仕方ないよ!
あーちゃん
追加マイルがどれくらいかが重要な決め手になるわな。でもやっぱり、基本マイルで旅行しないと旨味がイマイチ感じられないけどね。

今後JALマイルをどう使おうか

▲クリックで拡大▲

まずは2018年度12月のスタートまでに、必要マイルが少なくなるシンガポールなどを除き、旧ルールで国際線特典航空券をおさえておくべきだと思っています。

PLUSに制度が変わったのち、基本マイルでどれだけ国際線を申し込めるのかわかりませんからね。最安値である基本マイルで旅行に行けるにこしたことはありません。

▲クリックで拡大

わたしたちならしばらくは、JALはできるだけ「どこかにマイル」を活用しながら格安で国内旅行を楽しむようにします。そして海外旅行はANAで特典航空券を確保する。

ANAのほうがマイルが貯まりやすいというのは、ソラチカカードが存在する限り事実として残りますからね。

確かに超ハイシーズンの特典航空券を確保するのはなかなか難しいですが、それなら仕事の夏休みをズラして取ればよいだけです。

2018年度のグアム旅行も、夏休みをズラして10月の頭に取得することを決めました。

旅行まで半年を切っている状況でしたら、ハイシーズンでなければまだ特典航空券も残っています。

あーちゃん
最終的には、ANAも国内線特典航空券のルールを変えるからその内容や状況を横目で見つつ、今回のJALのルール変更をふまえて対応は考えないとなあ。
みーたん
そうだねえ。JALのPLUSだって、どれくらいのマイルを追加で支払うのかわからないし。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

最後に

もちろんANAもJALもルールが始動してみないとわからないことですが、「ANAは海外・JALは国内」のほうが使い勝手が良いというイメージになりました。

いまさらながら、どちらも効率良く貯めておいて良かったなあと感じています。

ANA・JALのどちらかによってしまうと、どうしてもルール上制約が出てきてしまったりしますからね。

シリーズ記事