標準仕様の洗面台ってこんなに安いの?!オプションつけなきゃもったいない

今回のテーマは、

標準仕様の洗面台ってこんなに安いの?!オプションつけなきゃもったいない

 

間取りを造っていくと、どうしても追いやられがちなサニタリースペース。

洗面所1坪・お風呂1坪がベーシックな造り💦

 

でも、標準仕様の洗面台は、実はとっても安くオプションが付けられるため、そのまま仕様で1坪スペースにポンっと設置するのはもったいないこと😢

 

ということで今回は、見積もってみて気付いた、とてつもなく安い標準仕様の洗面台についてお話ししていきます。

標準仕様の洗面台

▲クリックで拡大▲

標準仕様の洗面台は、リクシルさんの「MV」・TOTOさんの「オクターブ」

この2種から選べるという方、結構多いと思います。

 

 

▲クリックで拡大▲

これをオプションをつけずにそのまま設置してしまうと、上図のような、特にこだわりも工夫もないサニタリースペースに。

 

せっかくの注文住宅なのに、「まあこれでイイよ」で済ませてしまうのはもったいないのです😢

みーたん
こだわりも工夫もない・・・わたしの実家、まさにこんなんだよ・・・悪かったね工夫なくて。これが普通だと思ってたし。
あーちゃん
そんなつもりじゃないんだけど、でも、こないだオクターブを見積もってみたら、それなりにキレイだったしすごく安かったじゃない。

実際にオプションを付けて見積もってみると

▲クリックで拡大▲

MVでもオクターブでも、上図のように、オプションでキャビネットを設置することによって、ボリューム感とオシャレな雰囲気を出すこともできるのです。

実際にオクターブの全面を囲んだものを見積もってみると、標準仕様からの差額がなんと258,000円😲

 

 

▲クリックで拡大▲

でももともとは、この製品の定価は約750,000円もするものなのです💡

 

 

▲クリックで拡大

以前、リクシルさんで上図のルミシスというシリーズで、定価約80万円くらいで差額を見積もってもらったところ、約60万円くらいだったことを思い出しました😨

 

定価80万円の製品で差額60万円と、定価70万円で差額25万円、どちらを買うがお得なのか一目瞭然。

 

標準仕様で付いている商品の割引率が、それ以外の商品よりもかなり高いということなのでしょう👍

みーたん
あまりに安すぎてビックリしたよ。標準仕様の商品であれば、オプションをいくらつけてもすごく安くすむってことだよね。
あーちゃん
そうだね。人によっては23万円でも高いというかもしれないけど、もう少しキャビネットの数を減らして調整もできるんだ。

全パターンちゃんと見積もらないともったいない!

洗面台をふまえて間取りを考えなきゃ損

▲クリックで拡大

上図はリクシルさんの商品カタログのワンシーンです。MVという商品でも、安くスタイリッシュに設置することが可能✨

見てわかる通り、間違いなくサニタリースペースの広さは1坪ではなくもっと広い。

 

もし安くオシャレな空間を実現したいのであれば、最低限度この大きさのものを入れることを前提として、サニタリースペースの間取りを考えることが大事💕

みーたん
広くするための工夫っていろいろあると思うんだよね。

たとえば、1坪のサニタリースペースのなかに洗濯機を置かないだけでも、すごく広く感じるもの。

あーちゃん
せっかく安くお得に洗面台をオシャレにできるんだからなあ。サニタリースペースをデッドスペースにしないこと!

わたしたちの洗面台の間取りは

▲クリックで拡大

参考までに、上図はわたしたちの検討中の2階間取りです。

赤枠の部分が、お風呂やトイレまで含めたすべてサニタリースペース、しかも家のど真ん中に設置しています😲

 

それだけサニタリースペースは重要で、必ず人が通る動線上に設置することでキレイを維持しようともしますし、手洗いうがいもクセづく。

 

洗濯機含む洗面所のスペースだけでも2坪の広さを確保しているのです😊

みーたん
別におかしくないと思うよ。これなら、どんな広い洗面台でも置けるしさ。
あーちゃん
一般的には隠す方向で考えることが多いけど、魅せるサニタリースペースっていう考え方にしてあげたほうが、その空間にもこだわりがいきわたるからね!

最後に

洗面台を標準仕様そのままに入れてしまうのは、本当にもったいないことです。

ぜひ、まわりのキャビネットなどをつけて、少しでもオシャレに飾ってあげましょう。それでも安いんですから✨

 

と、標準仕様の洗面台の安さについてお話してきたものの、わたしたちの洗面台は標準仕様の商品ではありません。

 

 

▲クリックで拡大

AICA(アイカ)さんのスタイリッシュカウンターを活用すれば、かなり安く、しかもオシャレに洗面台を造作することができます💡

 

試しにハウスメーカー・工務店さんに見積もらってみてはいかがでしょう。

 

ちなみに、洗面台の標準仕様ついては、ハウスメーカー・工務店さんにあらかじめ確認することがベターです👍

 

できれば、商品グレードを買えたり、オプションを付けたらどれくらいになるかもあらかじめ見積もってもらっておけば安心ですね。

 

ステキな洗面台まわりに仕上がりますように💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!