照明計画を自分たちで造って、リアルに見積もった結果

今回のテーマは、

照明計画を自分たちで造って、リアルに見積もった結果

 

注文住宅を建てる際、際限なくこだわることのできる照明計画。

普通に引っ掛けシーリングにするだけでは、面白みがないので、できればこだわりを見せたいところ。

 

ということで、パナソニックさんのショールームに数回足を運び、自分たちなりにリアルに照明計画を造り見積もってみましたので、ご紹介します。

玄関まわり

▲クリックで拡大

玄関まわりにおける照明計画は以下のとおり。

  • 玄関ポーチ灯 コイズミ照明さん卸値で約16,000円
  • 玄関の中にシーリングファン 持ち込み
  • 玄関セカンド洗面前にマリンランプ 約12,000円
  • 玄関トイレに大型ペンダントライト 持ち込み

 

配線工事費をおさえたかったため、できる限り簡素ながらも、照明器具でインパクトを持たせるよう仕上げる予定です。

 

トイレは、ライトを交換できるように、ダウンライトでなくあえての引っ掛けシーリング。

みーたん
玄関から廊下って家の顔だから、普通にダウンライトだけじゃつまらないって思ってたんだよね。これなら立体感やアクセントも持てそうで嬉しい!
あーちゃん
空間を白と青でまとめて、マリンランプを付ければ、湘南の海の感じも出るからイイでしょ?これくらいなら、配線工事もあまりかからないはず!

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

インナーガレージのなか

▲クリックで拡大

玄関まわりにおける照明計画は以下のとおり。

  • 3mのダクトレール2本など パナソニックさん卸値で約10,000円

 

インナーガレージなので外側にはシャッターが設置されていて、内側には大きな掃き出し窓を設置。

 

LDKから光で照らされた車を眺めることができる造りになっています。

ここには、いったんスポットライト用のダクトレールだけ敷いておいて、あとからお気に入りのものを設置することに。

みーたん
車だけじゃなくてシャッター側も照らしてあげれば、空間に奥行きが出てくるから、レールを敷いたスポットライトのほうが効率良さそうだね。
あーちゃん
スポットライトは角度も替えれるから便利。お気に入りのものを、秋葉原にでも見つけに行こうかね!

ダイニングキッチンまわり

▲クリックで拡大

ダイニングキッチンは、玄関を抜けて一番最初に目につく場所なので、かなり豪勢に照明を設置予定。

  • ダイニングテーブル上のシャンデリアペンダントライト(シンクロ調光) パナソニックさん卸値で約83,000円
  • 100形ダウンライト6灯(シンクロ調光) パナソニックさん卸値で約33,000円
  • キッチンの上のペンダントライト(シンクロ調光) パナソニックさん卸値で約30,000円
  • 上記ペンダントライトのダクトレール 持ち込み
  • リビングライコン(リモコン) パナソニックさん卸値で約48,000円

 

すべて足し上げると、この空間だけで約20万円もかけることになるのです。

 

白い大理石調のフローリングになるので、真っ白な昼白色の雰囲気と、あたたかい電球色の雰囲気をどちらも搭載したかったため、このような結果になっています。

みーたん
や、やっぱりこのスペースがとんでもなくお金かかるってことだ。
あーちゃん
そうだよ。しかも、配線工事費もこれにのっかってくるから、さらに高くなると思うよ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

リビングスペースまわり

▲クリックで拡大

わたしたちの間取りでは、リビングルームと和室を融合させて、和室リビングとして休めるスペースにしています。

  • ダウンライト5灯(調光付き) パナソニックさん卸値で約8,500円
  • リビングライコン子機とリモコン パナソニックさん卸値で約14,500円

 

みーたん
なんか、ダイニング・キッチンと違って、ずいぶん安くおさまってるなあ。普通はこんなもんなのか。
あーちゃん
シャンデリアペンダント・ペンダント・リビングライコンが、やっぱりとんでもなく高いんだって。
みーたん
ここには載ってないけど、階段下は自前の間接照明を置くんだよね。
あーちゃん
そうそう。でもここも、配線工事費がかなりのっかってくると思うよ。まいったなあ。

階段から2階廊下まわり

▲クリックで拡大

あえて一番奥から2階に上がる、必ずリビングを通り顔を合わせる間取りに。

  • 階段上のブラケットライト(調光付き) パナソニックさん卸値で約11,600円
  • 廊下のシャンデリア 持ち込み

 

階段はストリップ階段になっているため、1階にまで光がこもれでるように2階にブラケットを設置予定。

 

また、2階からホテルライクな雰囲気にする予定なので、あえてシャンデリア照明をシーリングとして活用します。

あーちゃん
ブラケットも調光付きにすることで、1階の光・2階の光と兼用できるようにしてあるんだあああ。
みーたん
シャンデリアは1灯付けておけば、2畳くらいの明るさはきっと確保できるから大丈夫よね!廊下にシャンデリアなんてステキ!

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

サニタリースペースまわり

▲クリックで拡大

わたしたちの間取りでは、ホテルライクをめざし、サニタリースペースが2階のど真ん中に位置しています。

 

さらに、洗面所は勾配天井の仕様に。

  • 洗面入り口・出口付近60形ダウンライト2灯 パナソニックさん卸値で約2,600円
  • 勾配天井100形傾斜ダウンライト2灯 パナソニックさん卸値で約6,400円
  • 洗面台LEDミラー2つ 通販で約46,000円
  • 2階トイレ大型ペンダントライト 持ち込み

 

廊下からサニタリースペースに入ると、一気に雰囲気がダークな感じにガラリと変わる、サプライズ空間を演出する予定。

 

お風呂はTOTOさんのユニットバスですが、当然ダウンライトの仕様、追加でブルーライトオプションまで付けています。

みーたん
やっぱりミラーが高い。でもコレ女優ミラーだし、すんごくオシャレだから外したくない!
あーちゃん
イイんじゃない?普通にメーカーでキャビネットミラーなんか購入したら、もっと高くなるもん。

子ども部屋とクローゼットまわり

▲クリックで拡大

子ども部屋は自分で飾るようにシンプルに。ファミリクローゼットは寝室続きで2連のクローゼットを両サイドに設置しています。

  • 子ども部屋シーリング 持ち込み
  • クローゼット 3mのダクトレール パナソニックさん卸値で約5,000円
  • 寝室へ入り口照明 大型ペンダントライト 持ち込み

 

かなり洋服や荷物の多いわたしたちは、クローゼットを広めにおさえています。

 

▲クリックで拡大

最初は上図のようなオシャレなクローゼットにしたかったのですが、造作でかなり高めについてしまうため断念。

 

あえてクローゼットを増設することにしました。クローゼットスペースにはスポットライト、その手前には大型ペンダントを設置して、クローゼットまわりも魅せるスペースに。

みーたん
スポットライトなら、両サイドのクローゼットを照らせるからちょうどイイね。ガレージのと合わせて、お気に入りスポット照明探しにいかなきゃだ。
あーちゃん
子ども部屋は、きっと自分でいろいろと工夫するだろうしな。シンプルでいいさ。配線工事費もかけたくないし。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

寝室まわり

▲クリックで拡大

寝室には勾配天井を設け、ハワイアンなシーリングファンを設置予定。アジアンリゾートを演出する予定です。

  • 60形足元ダウンライトパネルミナ2灯 パナソニックさん卸値で約9,400円
  • 勾配天井の上を照らすブラケット2灯(調光付き) パナソニックさん卸値で約16,000円
  • ベッド頭側の壁を照らすフラットブラケット2灯(調光付き) パナソニックさん卸値で約16,400円
  • 寝室奥のワークスペーススポットライト 持ち込み
  • ブラケットの調光スイッチ4つ パナソニックさん卸値で約20,000円

 

寝る直前はフンワリした明かりのなかでウトウトしたい、そのためには、どうしても調光機能が付いたライトが必要になるのでこの計画に。

 

パネルミナというダウンライトは、明るすぎないやさしい光なので、寝室の足元に採用。

あーちゃん
寝室の明かりは、毎日の疲れを癒すのにはとっても大事だと思うんだよね。
みーたん
うんうん、ただ寝るだけじゃもったいないもん!それに、寝っ転がったら上にはハワイアンシーリングファンでしょ?オシャレすぎる!

インナーバルコニーまわり

▲クリックで拡大

最後にインナーバルコニースペース。屋根がついています。

ここは、マリンブラケットとダウンライトで、夜でもバーベキューができるくらいの明るさを確保。

  • ブラケット パナソニックさん卸値で約8,000円
  • 60形軒下ダウンライト2灯 パナソニックさん卸値で約5,000円

 

ここでは入れていませんが、本当は、バルコニーの壁には下から上を照らすエクステリアライトも入れたいと思っていますが、予算の問題で検討中。

気付かれた方がいるかわかりませんが、このバルコニーは、お風呂の窓からも景色を望めるバスコートの役割も同時に担っているのです。

あーちゃん
インナーバルコニーにライティングするのは憧れだったんだあ。アウトドアリビングって、すごくステキじゃんかあ。
みーたん
1階にLDKがあるけど、2階にもアウトドアリビングを造るってことだもんね。できればもう少し彩ってあげたいけどねえ。予算との兼ね合いかなあ。

費用はいくらくらいかかるのか

さて、これまでの話で、リアルに自分たちで照明を用意して設置してもらったら、いったいどれくらいかかるのか。

予想では、照明器具で約30万円、配線工事で約13万円くらいかと。

 

ダウンライトの配線工事は、実は非常に高い。配線と取り付けで1灯あたり約4,500円かかるそうです。

広い意味で電気工事と言えば、ライティングだけでなく、コンセントやテレビ線などもあります。

 

そこまで含めて考えたら、もうゾッとする金額に。

みーたん
イヤーーーーー!こんなに必死に2人で考えたのに、実現できないとかないでしょ!!なんとかするしかない!
あーちゃん
最後の最後になって、予算管理が崩壊し始めたよなああ。どれくらいかかるなんて、わからないもん最初は。困ったあ。
みーたん
とりあえず、次回工務店さんに聞いてみよ。

施主支給で照明取付オッケーだからまだ安く済んでるはずなのに、こんな値段になっちゃうとは・・・。

最後に

実はこの他にも、お庭や玄関前などに付けるエクステリアライトも必要という話になっています。

普通の注文住宅にしては、もしからしたらわたしたちは、こだわっているほうかもしれません。

 

しかし、注文住宅は、最初の配線工事で決まってしまう。

ここで費用を投入することができなかったら、きっとわたしたちの理想とする空間にならないだろうし、あとで「やっとけばよかった」となるに決まっている。

頑張ってお金を稼ごうと心に決めました。

 

ステキな照明計画に仕上がりますように。

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!