準防火地域のインナーガレージの掃き出し窓はアミアミを回避できる?!

LINEで送る




今回のテーマは、

準防火地域インナーガレージ掃き出し窓アミアミを回避できる?!

 

準防火地域と言えば、窓にかなりの制限がかかるもの。

種類やデザインも選べるものが少ないうえ、窓には割れた際に散らばらないためのアミアミが入っている。

わたしたちの土地も、準防火地域にギリギリかかってしまっていて、そのなかで窓を決定しなくてはなりません。

今回は、窓を検討していくなかで気付いた、インナーガレージの窓についてお話ししていきたいと思います。

準防火地域の窓の仕様とは

▲クリックで拡大▲

上図のように、アミアミが入っているしまっているのが基本。

実は、わたしたちが今住んでいるマンションも、このアミアミが付いている状態。

やはり近くでマジマジと見てしまうと、どうしても違和感を隠し切れない。

▲クリックで拡大▲

しかし、注文住宅では窓も自由に選べるため、先ほどのアミアミを入れなくても済む方法があります。

それは、上図のシャッター付引き違い窓を設置すること。シャッターで炎を防ぐため、窓ガラスはクリアでも問題ないのです。

 

わたしたちもそうですが、リビングからお庭やテラス・デッキ・バルコニーなどに続く、大きな掃き出し窓でこれを採用するパターンが多いと思います。

しかし、そこでふと考えるのは、「じゃあ部屋とガレージをつなぐ場合はどうるのか」

みーたん
掃き出し窓がアミアミなのは、ちょっとイヤだなあ。カーテンとかブラインド開けたら、クリアに外を観たいもん。
あーちゃん
でもさ、シャッターを付けたらデザインがイマイチなんだよね。なんか変なのが上にくっついてる感じ。
みーたん
そういや、わたしたちのオウチ、ガレージの大きな窓も掃き出し窓だけど、クリアなガラスにするためにはシャッターつけなきゃいけないの?!

インナーガレージのある間取りと問題点

▲クリックで拡大▲

上図は、わたしたちもこのように、リビングから車を眺められるようにしたいなあというイメージです。

もちろんオシャレであるとともに、インナーガレージの窓を大きくとることで、空間が一体化されて広く感じますよね。

▲クリックで拡大▲

上図は、実際にわたしたちのもの。緑のラインが掃き出し窓になっています。

一番奥にある掃き出し窓は、南向きでお庭につながっていますからクリアガラスにしたいし、防犯上の観点からもシャッター付で問題なし。

 

でも、ガレージと部屋の間の掃き出し窓まで、シャッター付の窓にしなければならないのだろうか。

家のなかにいる限りでは、ガレージもほぼ部屋のなかと同様なのに。お庭へ続く掃き出し窓よりも、はるかに違和感があります。

でももし、シャッターを付けなかったら、あのアミアミが入ったガラスになってしまう。やっぱりそれは避けたい。けどシャッターはいらない。

みーたん
車をライトアップしてキレイに魅せる空間にしたいのに、ガラスのアミアミは絶対邪魔になるよ?!
あーちゃん
だから、そうするとシャッターを付けざるを得ないじゃん。ってか、シャッターって窓のガレージ側の上に付けるのかな?
みーたん
いやいやいや、車が外気に接してる、単なるビルトインガレージならシャッター付けないととは思うけど・・・・。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

インナーガレージの窓の仕様はこれでOK

▲クリックで拡大▲

しかしガレージには、上図の青いラインで、当然ながらガレージに対するシャッターが付いています。

もちろんこのシャッターも、準防火地域に対応しているタイプでなければなりません。

ということは、緑のラインにも窓シャッターがあると、無駄に二重シャッターになるのです。

 

で、実際に工務店さんに確認してもらうと、その回答は、

ガレージシャッターで防火をとるので、部屋に面している掃き出し窓は、クリアガラスでシャッターなしのもので問題ない」とのこと。

みーたん
ほ、良かった。細かいことかもしれないけど、あとで後悔したくないから、納得いくように仕上げないとね。
あーちゃん
そもそも、インナーガレージにする人って少ないだろうからな。あんまり悩む人も少ないのかも。

最後に

こうして、なんとかガレージへ続く掃き出し窓のシャッター・アミアミ問題は解決しました。

 

多くの方は、建物にお金をかけて、車はそのまま外に置かれることが多いのでは。

インナーガレージは空間を広く魅せれるだけでなく、車へのダメージ、たとえば太陽光・雨風・塩害などを防ぐこともできます。

 

気になられた方は、一度ハウスメーカー・工務店さんに、その間取りで見積ってもらうと良いでしょう。

意外に、建物よりもガレージのほうが、坪単価が安いところもあるようですよ。

うまく資料請求サイトを活用して、いろいろとハウスメーカー・工務店さんから間取り提案をいただく・話を聞く、そして標準仕様を確認することは、とても勉強になりますし、それぞれの特長をつかむことができます。

無料の資料請求サイト「タウンライフ」さん、ぜひ試してみてください。