インナーガレージのサイディングまで「アウトリガー」風にチェンジ!

インナーガレージのサイディングまで「アウトリガー」風にチェンジ!
LINEで送る




今回のテーマは、

インナーガレージサイディングまで『アウトリガー』風にチェンジ!

 

これまでわたしたちの注文住宅の外壁については、お気に入りのラスティーシダーとラップサイディングを使おうと決めていました。

それは変わらずとも、2018年10月のグアム旅行を機に決めた、「アウトリガー風のオウチにしよう」というコンセプトのもと、インナーガレージのサイディングも変更しようと。

今回は、わたしたちが決めた、インナーガレージのサイディングについてお話していきます。

これまでに決めた外壁・サイディング

▲クリックで拡

これまでに決めていた外壁のベースは、旭トステムさんの木目調サイディング「ラスティシダー」。

明るい色合いの木目調で、白とも黒とも相性の良い色合いのサイディング。

わたしたちのお気に入りです。

 

▲クリックで拡大

▲クリックで拡大

また、上図の玄関ポーチの内側、そして印南バルコニーの内側には、東レさんの木目調・白いラップサイディングで海っぽさを出すコーディネートに。

あまり雨風にさらされない場所なので、雨漏り不安もない場所に付けることにしています。

 

▲クリックで拡大

ちなみにラップサイディングとは、上図のように、横張りに板をかさねて外壁を造っていく手法ですね。

たまたまわたしたちがお世話になっている工務店「ベストホーム茅ヶ崎」さんでは、ラップサイディングが標準仕様だったため採用しました。

 

▲クリックで拡大▲

さて、実はまだ、外壁で明確に決まっていない場所がありました。

それは、インナーガレージのなかのサイディング。

インナーガレージなのでシャッターがついているものの、ここも外壁としてみなされるわけです。

 

▲クリックで拡大▲

わたしたちの間取りの場合、インナーガレージとLDKの間には、空間をつなぐ大きな掃き出し窓があります。

もともと予定していたLDK側の真っ白な空間と合わせるため、インナーガレージのサイディングも、上図・旭トステムさんの「ヴェリエ」を採用しようかと考えていました。

あーちゃん
写真じゃわからないけど、近くで手に取ってマジマジ見てみると、結構ピカピカしていてライティングとの相性も良さそうだと思ってたんだあ。
みーたん
でもでも、コンセプトを替えてアウトリガー風にするなら、色合い考えなおなさないといけないね。
あーちゃん
そうだな。もともとヴェリエもキレイなんだけど、本当にそれでイイのかって思ってたし、考え直してみよう。

インナーガレージのサイディングイメージ

▲クリックで拡大▲

わたしたちが意識するの以下の2点。

  • ガレージと言えど部屋の一部としてコーディネートすべき
  • せっかくだからサイディングを上図のように張り分けてみる

 

▲クリックで拡大▲

▲クリックで拡大▲

上図のように、1色でまとめてしまうのももったいないし、LDKとつながっているためゴチャゴチャもさせたくない。

照明・外壁・車が一体化し、車がインテリアになるような空間を実現させたいわけです。

みーたん
絶対張り分けるのがカワイイと思うよ?ゴージャスなホテルだって、廊下が上下で張り分けられてたりするじゃない?
あーちゃん
そっか。サイディングの上下の貼り分けって、ベースの外壁だとイマイチだから考えてこなかったけど、インナーガレージだったらアリかも!
みーたん
標準の範囲内なら料金変わらないんだから、1種類でも多く使ったほうがお得だしね!

----スポンサーさまのPRです^^♪----

決定したインナーガレージのサイディング

コンセプト変更!注文住宅を「アウトリガー」な雰囲気に▲クリックで拡大▲

上図は、アウトリガーグアムの実際の部屋の色合い。

ベースとして白・ベージュ・茶色、アクセントでオレンジ色でコーディネートされています。

 

この雰囲気を保ちつつ、ただちょっと外壁感を残せるようなサイディングが望ましい。

ということで、選んだのが以下の2種。

 

▲クリックで拡大▲

いずれも旭トステムさんのサイディングです。

上は赤っぽい塗り壁のようなサイディング「イルマーレP/フレッシュピーチP」、下は赤レンガっぽいサイディング「やまがた割肌タイル16P/YTレッドP」。

この2種を上下で張り分けることに。

ガレージにスポットライトを付けて、車とサイディングを照らせば、すごく雰囲気出そうな感じですよね。

 

また軒天となっているガレージ天井にも、色付けくらいはすることができるので、おそらくベージュっぽい色合いにする予定。

 

▲クリックで拡大▲

ちなみに、わたしたちが乗っている愛車は「フォルクスワーゲンさんのザビートル」。

ホイールもカスタムしていてカワイイから大好きなんです。

 

先ほどチョイスしたサイディングとの相性もバッチリ。

生産終了となってしまうため、このデザインにはもうお目にかかれません。

最後に

ようやくこれで、外壁もほぼ確定しました。

もうすぐ着工と言うところまで来ているのですが、部材を注文していなければまだ変更は可能ですからね。

 

インナーガレージは建物全体を大きくすることができますし、空間を広く見せることもできる。

窓の付け方によっては、わたしたちのように車をインテリア化することだって。

当然、直接的な雨・風・日差しなどの車への影響もありません。

 

と考えると、なかなか優れものですね。

もちろん坪単価に入ってきてしまい費用がかかってしまいますが、土地が狭い場合には非常に有効な手段です。

これからご検討される方は、インナーガレージを有効活用して、オシャレにオウチを仕上げてくださいね。