注文住宅のコンセント位置と追加オプション費用10万円の内訳

注文住宅のコンセント位置と追加オプション費用10万円の内訳

今回のテーマは、

「注文住宅のコンセント位置と追加オプション費用10万円の内訳

注文住宅において、照明計画とともに考えるべきコンセント位置は、とっても大事。

よく新築を建てたあとの失敗例であげられるのが、コンセントの位置や数なんですよね😲

どこにコンセントを配置して、そのコンセントの用途は何なのか、そしてどれくらいの追加オプション費用がかかるのか、わたしたちもまとめてみましたのでご紹介します👍

1階玄関・ガレージまわりのコンセント位置

上図は、1階玄関・ガレージまわりのコンセント位置です。

ガレージには入り口のほうに1カ所と、廊下に1カ所、トイレに1カ所💡

ガレージのコンセントは、正直今のところ何に使うかわかりません。

が、ガレージで何か作業するときとか、建物の外にコンセントを無理やり引っ張りたいときのために😊

廊下にも1つは絶対必要ですね。掃除機をかけねばなりませんし。

トイレはウォシュレット用なので絶対必要になるところです。

みーたん
廊下スペースがもっと広かったら、間接照明をコンソールテーブルに置いたりできるんだけどね。あんまり広くないからいらないか。
あーちゃん
ガレージトビラもあるからね、なかなかモノを置きづらい。

1階LDKのコンセント位置

まずはダイニングキッチンスペースから。

よく見ると、実は結構ついているものなのですよね。ビックリです😲

  • オレンジ印 テレビ線付き2カ所
  • 緑印 エアコンコンセント1カ所
  • 黄印 ガスコンセント1カ所
  • 黒印 必要な電化製品用3カ所
  • 普通のコンセント5カ所 

ということで、計12カ所についています。

テレビ線は、最初に決めた位置から模様替えしてみたりと、可能性のあるところには設置したほうが良いのアドバイスがあって2カ所に😊

必要な電化製品用というのは、冷蔵庫・レンジフード・食洗機用のもの。これもコンセントが必要だったんですね。

あとは、キッチンやカップボードのカウンター上には、コーヒーメーカーやケトル、炊飯器や電子レンジを置くために必要ですね👍

冷蔵庫の隣にもウォーターサーバーを置くので必要です。

そしてもちろん、掃除機をかけるためのコンセントも用意しなければですね。

あーちゃん
すんごいごちゃごちゃ付いてるもんだねえ。特にキッチンまわり。こんなに必要なんだっけか。
みーたん
でもよく考えてよ。今だって、延長コードでタコ足にしてたくさんつないでるでしょ?すんごくたくさん必要なんだよホントは。

続いてリビングとなる和室スペース。リビングイン階段(ストリップ階段)まで付いている場所。

階段下に2カ所(うち1カ所はテレビ線付き)とその反対側に1カ所の、計3カ所です😊

階段下のコンセントは、テレビ・ブルーレイ・音響設備や、間接照明・ルンバなどの家電製品用に、コードがごちゃごちゃ絡まないよう2カ所💡

またテレビの反対側のコンセントは、掃除機をかけたりスマホ充電用などで使います。

みーたん
うん、ここはそんなに必要なさそうだもんね。階段に掃除機かけるのも、階段下から引っ張れそうだし。
あーちゃん
ってゆーか、今思い出しけど、窓の外側、お庭の外コンセント忘れてるし!!1個追加せにゃあかんよ・・・。

リビングを和室にしちゃおうって考えたお話は↓↓の記事をご覧ください👍

リビングを和室にしたって良くない?その名も「和室リビング」

2018年7月27日

2階階段・廊下・バルコニーのコンセント位置

続いて、2階の階段と屋根付きのインナーバルコニースペースです。

廊下の角に1カ所と、インナーバルコニーには外用を2カ所、計3カ所を予定👍

廊下は掃除機がメインでしょうね、そしてインナーバルコニーは間接照明などのためのコンセント。

これは、インナーバルコニースペースで、アウトドアリビングを実現するためです✨

あーちゃん
バルコニーコンセントは、ストリングスライトとかの間接照明だったり、バーベキューするときの家電用、音楽を聴くためのステレオ用だったり、結構使うと思うんだよな。
みーたん
きっとアウトドアリビング、ステキ空間になるよ!しかしお庭の外用コンセントが気になって。忘れちゃダメだよ次回の打ち合わせ時に!

アウトドアリビングについて考えたことは↓↓の記事をご覧ください👍

アウトドアリビングをオシャレに飾るために必要なものとは

アウトドアリビングをオシャレに飾るために必要なものとは

2018年10月11日

2階サニタリースペースのコンセント位置

サニタリースペースには、洗濯機のところに1カ所・トイレに1カ所・洗面台まわりに3カ所、計5カ所の設置です😊

洗濯機とトイレのところは、必要な電化製品用として、洗濯機本体とウォシュレット用に1つずつですね。

また洗面台が2ボウル式で1,800mmと長いために、そのカウンター上両脇に、ドライヤーや電動歯ブラシ充電用のコンセント👍

そして洗面台の後ろにも、掃除機などで使用できるように1カ所設置します。

あーちゃん
これで、充電渋滞がなくなるね。絶対2カ所あったほうが便利。
みーたん
ドライヤー使うときにもコンセントが両脇にないと困るしね。あと洗面台後ろには、タオルウォーマーなんてどう?めちゃくちゃ高いけど笑

2階寝室・ワークスペース・クローゼットのコンセント位置

すごく縦長にとっている寝室・ワークスペース・クローゼットスペース。

寝室には、テレビ・エアコン・ガスコンセントなど含めて5カ所・ワークスペースには電話・インターネット線付きコンセント含む3カ所・クローゼットスペースに1カ所の、計10カ所に設置😲

内訳を見てみると、

  • オレンジ印 テレビ線付き1カ所
  • 黄印 ガスコンセント1カ所
  • 緑印 エアコンコンセント1カ所
  • 青印 普通のコンセント6カ所
  • 赤印 電話・インターネット線1カ所

ワークスペースには、インターネット・プリンタなどのパソコン配線を集結👍

さらに、作業カウンター上にパソコン接続用の、その背面には掃除機や間接照明用のコンセントを。

寝室のコンセントは、ベッドの両脇でスマホ充電、そしてナイトテーブル上の照明用😊

ベッドの足元には壁かけテレビ用。部屋の角には、上にエアコン・下にコンソールテーブルに置くコーヒーメーカーや、掃除機用に。

また、クローゼットスペースの一番奥にもコンソールテーブルを置きたいため、その上や下に置く間接照明、または掃除機用に設置。

みーたん
ベッドの両脇にはナイトテーブルや化粧台を置くしな、充電意外にも結構付けるものがあるんだわ。
あーちゃん
延長コードとかがぴょーんって出ちゃってるのって、みっともないというか残念な感じだからね。これなら大丈夫そう!

コンソールテーブルについて考えたことは↓↓の記事をご覧ください👍

アウトリガー風なオウチにするなら「コンソールテーブル」は必須!

アウトリガー風なオウチにするなら「コンソールテーブル」は必須!

2018年10月10日

2階子ども部屋のコンセント位置

子ども部屋はシンプルに、エアコンコンセント1カ所・テレビ線付きコンセント1カ所・普通のコンセント2カ所を💡

  • オレンジ印 テレビ線付き1カ所
  • 緑印 エアコンコンセント1カ所
  • 青印 普通のコンセント2カ所

が内訳です。

あまり広くもないので、適当に延長コードでタコ足にすればいいかなあと。

ただし、部屋に掃除機をかけるとき用に、入り口付近に1カ所設置は必須ですね😊

みーたん
それで十分だと思うよ。子どもにとってはそれが当たり前で、自分で工夫するようになるしね。
あーちゃん
ボクらも子ども時代そうだったしね。なんとかなるしょ。

追加オプション費用の総額

あとで後悔しないように、まんべんなくは付けたつもりのコンセント計画。

問題は、この状態でいったいいくらの追加オプション費用が発生したのか💦

コンセントは各部屋に2口を2カ所まで、エアコンは全部屋、テレビ端子は全部屋、TEL配管は1カ所。

これが標準仕様なので、ここまでは追加オプション費用が取られないという計算。

1階をまとめてみると、上図のとおりで全部で19カ所に設置💦

その内訳は、

  • 黒印 必要な電化製品用5カ所
  • オレンジ印 テレビ線付き3カ所
  • 緑印 エアコンコンセント1カ所
  • 黄印 ガスコンセント1カ所
  • 青印 普通のコンセント9カ所

です。

結果、この1階で追加オプション費用が発生したのは、

  • テレビ配線1カ所 5,500円
  • 普通のコンセント4カ所追加 14,000円
  • ガスコンセント1カ所 20,000円 

ということで、1階では合計39,500円の追加オプション費用でした😨

続いて2階をまとめてみると、上図のとおりで全部で22カ所に設置。

その内訳は、

  • 黒印 必要な電化製品用2カ所
  • オレンジ印 テレビ線付き2カ所
  • 緑印 エアコンコンセント2カ所
  • 黄印 ガスコンセント1カ所
  • 赤印 電話・インターネット線付き1カ所
  • 青印 普通のコンセント14カ所

です。

それに対し、2階で追加オプション費用が発生したのは、

  • 外部コンセント2カ所 11,000円
  • 普通のコンセント6カ所追加 21,000円
  • ガスコンセント1カ所 20,000円 

ということで、2階では合計53,000円の追加オプション費用でした💦

家全体として、追加オプション費用は合計92,500円。

ただし、ガスコンセントを別物と考えて算出すれば、合計52,500円という結果です💡

あーちゃん
うーーーーーん、ガスコンセントとバルコニーの外部コンセントが高いのか。ガスコンセントは床暖房入れない以上、ガスファンヒーター対応でやるしかないしなあ。
みーたん
あ、お庭の外部コンセントもあるから、さらに5,500円追加しなきゃダメだよ。
あーちゃん
これに加えて、照明配線の追加オプション費用も大きくかかるからなあ。配線関係では20万円くらい用意しとかないとダメだね。

配線計画について考えたことは↓↓の記事をご覧ください👍

注文住宅標準仕様の配線計画では理想の空間は造れない

注文住宅標準仕様の配線計画では理想の空間は造れない

2018年9月21日

最後に

1カ所あたりの追加オプション費用については、

  • 普通のコンセント 3,500円
  • 外部コンセント 5,500円
  • テレビ線付きコンセント 5,500円
  • ガスコンセント 20,000円

かかるようです。

もちろんハウスメーカー・工務店さんによって異なると思います。

これから計画される方は、だいたいの目安として追加オプション費を頭に入れておくと、予算がたてやすいかもしれませんね💦

後で後悔しないようなコンセント計画を✨

【更新しました】入居後のコンセントの仕上がりは↓↓の記事をご覧ください👍

【入居後WEB内覧会】コンセントの位置とその用途

【入居後WEB内覧会】コンセントの位置とその用途

2019年6月14日

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!