スイッチとコンセントの色合い、ちゃんと気にしてますか?

スイッチとコンセントの色合い、ちゃんと気にしてますか?

今回のテーマは、

スイッチとコンセント色合い、ちゃんと気にしてますか?

 

注文住宅の打ち合わせが進んでいくなかで、ふと気づくこと。

スイッチとコンセントは、いったいどこのなにを使うのか?どんな種類があるのか?

 

単純にどこにつけるか、だけを気にしているともったいない。

今回は、わたしたちが考えている、スイッチとコンセントの色合い、コーディネートについてお話します。

標準仕様はコスモシリーズ

▲クリックで拡大

上図はパナソニックさんのパンフレット、300ページほどあるものです。

表紙下段にコスモシリーズのスイッチがありますよね。

 

どうやらわたしたちの場合、スイッチやコンセントの標準仕様はこのコスモシリーズらしいです。

 

 

▲クリックで拡大

そのなかでも、一般的に取り付けられるのが、上図のスイッチとコンセントのタイプ。

なんら変哲もない、特にコメントするほどのこともない普通のもの。

 

わたしたちも、これが各空間に、わたしたちが決めた場所に取り付けられるものだと自然に思っていました。

みーたん
スイッチやコンセントの失敗例で良くあるのが、場所や高さなんかの位置に関することなんだよね。
あーちゃん
でも位置だけじゃないんだよね、気にすべきことって。スイッチ・コンセントそのものについては、知らないと結構見落としがち。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

スイッチ・コンセントの色合いは選べる

▲クリックで拡大

上図のように、スイッチとコンセントにも色合いがあります。

ホワイトがベーシックなもので、そのほかベージュに利休色の3種類あるのです。

 

よくよく考えれば簡単に気付くことですよね。

でもうかつなことに、ハウスメーカー・工務店さんから、色合いをどうするかなんて打ち合わせのなかで聞かれるかわかりませんよ。

 

現にわたしたちも聞かれず、自分たちで調べたくらいですから。

あーちゃん
色を変えても、料金変わらないって言ってたもんね。だったら、空間の雰囲気に合うようにコーディネートしたほうがお得。
みーたん
特にクロスとのコーディネートは重要だもんね。白いままのコンセントやスイッチだと、浮いちゃう可能性あるしさ。

スイッチ・コンセントのカタチも選べる

▲クリックで拡大

スイッチ・コンセントには、角の丸いラウンド型と真四角のスクエア型があります。

これも何も言わなければ、ハウスメーカー・工務店さんがいつも使っているどちらかになるのでしょう。

 

でも本当にそれでイイのでしょうか、せっかく選べる選択肢があるのに、なんかもったいないですよね。

オウチが柔らかい雰囲気ならラウンド型で、スタイリッシュな雰囲気ならスクエア型を選べるのに。

 

 

▲クリックで拡大

さらにスイッチにおいては機能性も見逃せない、ホタルスイッチかどうかもチェックしたいところです。

ホタルスイッチとは、上図の左側のスイッチのように、電気が付いているときには光ですぐわかるようになっているもの。

 

ホタルスイッチは、トイレなんかに取り付けると有効ですよね。換気扇のスイッチとセットになって。

トイレに人が入っているかどうか、電気つけっぱなしかどうか、すぐにわかりますから。

 

 

▲クリックで拡大

▲クリックで拡大

スイッチやコンセントを複数設置する場合も、そのコンビネーションを念のため確認しておきたいところですね。

 

 

▲クリックで拡大

また、調光スイッチのような特殊なスイッチにも、ホワイト・ベージュの2色があります。

これならスイッチの種類にかかわらず、家全体をコーディネートできそうです。

みーたん
色もカタチも選べるなら、その組み合わせも実はたくさんあるんだああ。
あーちゃん
工務店さんの人が言ってたじゃん。ホワイト以外、ほとんど付けたことないってさ。それってつまり、みんな気付いてないってことなんじゃない?
みーたん
なるほどね、色やカタチについて知らないから、ここまでの要望は出ないってことだ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

わたしたちのスイッチ・コンセントコーディネート

▲クリックで拡大▲

わたしたちの場合は、海外ホテル「アウトリガー」のようなホテルライクな雰囲気にしたいというコンセプトがあります。

 

せっかく神奈川県・湘南・茅ヶ崎市、海に近いところに家を建てるので、リゾートホテル風にしたいなと。

 

 

▲クリックで拡大▲

そしてベースにする予定のクロスは、リリカラさんのLV-1099、上図の下段にあるシャンパンゴールドのようなストライプのもの。

アウトリガーの雰囲気に、すこしゴージャス感を加えた仕上げです。

 

このようななかに付けるスイッチ・コンセントは、ベージュに決まり。そしてカタチはスクエア型。

ホワイトだと、スイッチが目立ちすぎてしまいますし。そしてスタイリッシュさを真四角のカタチで演出します。

あーちゃん
コーディネート的には確かにベージュだけど、もっと単純に、ホワイトじゃつまらんよね、普通だし、っていう考え方もある笑
みーたん
それ言うと思った。普通って誰が決めたんだーって話でしょ。イイんだよ、自分たちが満足・納得してればさ!

スイッチ・コンセントをオシャレにする工夫

もう手遅れだという方でも、コンセントを飾る方法はいくらでもあります。

たとえば、上の商品、ウォールステッカーですね。デザインもさまざまあって、とってもカワイイしオシャレ。

 

 

スイッチやコンセントのプレートそのものを交換してしまうというのも手段の1つ。

ウォールステッカーよりも、かなり替えたときのインパクトがあるのでは。

 

 

▲クリックで拡大▲

スイッチプレートで特に気になるショップは、e-classy(イークラッシー)さん。

スタイリッシュなものからゴージャス感あふれるものまで、たくさんのデザインが揃っています。

 

もしお金がありあまっていれば、こんなスイッチカバー付けてみたいものですね。

 

 

ほかにも、スイッチそのものを替えてしまうという手も。

アメリカン・レトロ・ビンテージなものなんて、ちょっと憧れてしまいます。

これも、お金があれば、の話ですが。工務店さんに聞いたら、結構高くつきますよと言われるという。

みーたん
ひゃーーーー、高いものは高いんだね。でも窓枠やドア枠と一緒の色合いでスイッチも揃えられたら、インパクトあってカッコよくなるんだろうなあ。
あーちゃん
多くの人がコスモシリーズ付けてるから、対応している商品もたくさんあるみたいだな。いずれ考えてみよう。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

たかがスイッチ・コンセントですが、細かいところまで仕様をちゃんと確認すれば、おもしろい発見があるものですね。

 

いかにハウスメーカー・工務店さん任せにせず、自分で話を聞き・自分で調べ・自分で決めることが大切、ということです。

メーカーが造っている細かい商品や仕様まで、その100%をハウスメーカー・工務店さんだってわかってるわけではないですから。

 

ゆくゆくは、スイッチやコンセントを見ているだけで楽しい気分になる、そんな仕上げにしたいものですね。

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!