いわし缶詰1個と梅干だけで炊き込みご飯。血管健康パワーも

いわし缶詰1個と梅干だけで炊き込みご飯。血管健康パワーも

今回のテーマは、

いわし缶詰1個と梅干だけで炊き込みご飯血管健康パワーも

 

先日たまたまテレビ「林修の今でしょ講座」を見ていて、気になったこと。

それは、お米のなかに、いわしの缶詰1つと梅干し数粒を入れて、そのまま炊飯器で炊くと、美味しくて健康的な炊き込みご飯が手軽にできるというもの。

 

忙しい毎日のなか、手軽に美味しい炊き込みご飯ができて、なおかつ健康的であることはとっても嬉しいですよね。

ということで、さっそくやってみましたので、ご紹介したいと思います。

必要なのいわしの缶詰と梅干だけ

▲クリックで拡大▲

テレビで実際に使われていたのは、「いわしのしょうゆ缶」なのですが、たまたま手元にあったのは「いわしの蒲焼缶」。

いやでも、同じいわしだし、蒲焼のタレも濃いめで美味しいから、もしかしたらこれでも炊き込みご飯、できるのでは?

 

▲クリックで拡大▲

美味しくなるかよくわからないけど、とりあえず炊飯器にお米一合と、水をいつもどおり。

そしていわしの蒲焼缶を1缶と、種を取った梅干しを4粒入れて、そのまま炊飯器で炊きます。

 

▲クリックで拡大▲

実際に炊けると、上図のようにふっくらご飯に色がついて、まさしく炊き込みご飯のような状態に。

 

しゃもじでかき混ぜて、いわしの身と梅干をほぐしてあげます。

たったこれだけ、準備にかかる時間は3分程度、まさかこんなに簡単だとは。

 

缶詰に入っているタレや汁が、ほどよくご飯に味を付けてくれて、いわしの身もすごく美味しい。

梅干しも、爽やかさのアクセントになって、ベストマッチのコンビネーションなんです。

みーたん
コレ、すんごく美味しかったああああ。まさかこんなに簡単にできるなんて、思わなかったよね。
あーちゃん
本当にビックリだよ。ご飯の上に刻んだ大葉とか散らしたら、さらに爽やかさアップできそう。彩りもイイしね。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

いわし缶と梅干の効果

そもそもなぜ、テレビでわざわざ、いわしの缶詰と梅干の炊き込みご飯をやっていたのか。

それは、血管の健康パワーに優れているから。

 

いわしの缶詰には、血管の老化現象をくい止める、EPAとイワシペプチドという成分がたくさん含まれているそう。

梅干しには、血流を良くする効果を持つクエン酸が豊富に。

 

この2つを組み合わせることで、効果がすごく高まるということなのです。

 

実際に、70歳くらいの方の血管年齢が、計測の結果45歳くらいだったり。

いずれも、いわしの缶詰+梅干しの炊き込みご飯を食している方々の血管年齢は、実年齢よりも若かったようです。

 

血管って本当に怖いです。

自覚症状があまりなく目に見えない、たとえば脳梗塞や心筋梗塞になるときは、突発的なことがやっぱり多い。

 

わたしたちは生命保険にかなり詳しいのですが、血管・血液の状態が悪いと、保険ですら通常条件で入れませんからね。

普段の食という生活習慣のなかで、食べるだけで効果のあるもの、というのは本当に素晴らしいと思います。

あーちゃん
血液検査を甘く見てる人も結構多いんだよなあ。食べるだけで効果があるなんて、最高の食品だと思うけど。しかも手軽。
みーたん
わたしたちも、どんどん心配な年齢になっていくもんね。そういやさ、いわしだけじゃなく、実は缶詰なら何でもできるんじゃないの?

さんまの蒲焼缶でも美味しい炊き込みご飯

▲クリックで拡大▲

「いわしの蒲焼缶」で美味しくできるということは、「さんまの蒲焼缶」でもたぶんできるんだろうな、という安直な考え。

 

蒲焼のタレの味付けは、おおよそそこまで差のでるものではないですね。

いわしではなく、それがさんまに変わっただけで、美味しくできるはず。

 

▲クリックで拡大▲

やっぱり、すんごく美味しかったんですよね。

さんまの蒲焼缶+梅干しの炊き込みご飯、それと実際に焼いたサンマを食卓に。いつもの2倍、サンマをいただきました。

 

▲クリックで拡大▲

なんなら、さばみそ缶でも美味しくできるのでは?!とも思っています。

炊き込みご飯て、自分で作るとなると、味付けやら野菜やお肉を切ったりやらと、ちょっとは時間がかかってしまうもの。

これなら本当に楽ちんだし、美味しいものができて最高ですね。

みーたん
さんまも美味しかったなあ。なんか、贅沢した気分だったよね。
あーちゃん
そもそも、さんまの炊き込みご飯なんて、初めて食べたんだけど。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

インターネットで調べてみると、クックパッドさんにもこのいわし缶炊き込みご飯レシピって、たくさん掲載されています。

ひじきやニンジン、しめじ、ごぼう、しょうがなど、一緒に入れるものはさまざま。

 

どんな缶詰をベースにするか、そこに、どんな野菜などを一緒に組み合わせるのか。

組み合わせは無限大にありそうです。

ぜひ自分好みの材料でカスタマイズして、美味しい炊き込みご飯、作ってくださいね。