10年経ってもお風呂が汚れない3つの要因とは

10年経ってもお風呂が汚れない3つの要因とは

今回のテーマは、

「10年経ってもお風呂汚れない3つの要因とは

 

お風呂って古くなってくると、どんどんカビなどで汚れていってしまうイメージ。

 

わたしたちは今、注文住宅を建てているのですが、もし引っ越したあとそうなってしまってはイヤだなあと思うわけで。

でも意外にも、今住んでいるマンション、10年近く経つのですが、ひいてしまうほど汚れているのかという、実はそうでもなかったり。

 

ということで今回は、お風呂が10年間そこまで汚れなかった要因について考えてみました。

10年近く住んでいるマンションのお風呂の実態

▲クリックで拡大▲

上図は、10年近く住んでいるマンションのお風呂、サイズはおそらく1717くらいあるかなあと。

 

この写真は、本当に自然体・ありのままで、特にゴシゴシ大掃除並みに洗ったというわけでもありません。

そのうえ、定期的に掃除しているわけでも正直ありません、ちょっとめんどくさくて・・・。

 

でも世の中には、壁が剥がれてしまっていたり、汚れが落ちなくなってしまっていたりと、なかなか苦労しているお風呂もあるそうですね。

 

 

▲クリックで拡大▲

まあ細かく見て行けば、わたしたちのマンションのお風呂だって、シャンプーなどが溜まりやすい下の角であったり、鏡のフチあたりはちょっと汚れていますけどね。

 

でもこのくらいは、カビキラーをシュッシュしておけば、すぐに取れてしまう範囲なわけで。

 

たまーにメンテナンスしているくらいで、総じてすぐに落ちる汚れ程度の話ですから、そこまで気にしていないというのが結論。

みーたん
そういえば、確かに汚れはちょっとはあるけど、特別なことをしているわけでもないのに割とキレイなのかも。
あーちゃん
お風呂ってそもそも乾燥させときゃイイんでしょ?くらいしか考えてないしねえ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

お風呂後は乾燥機を必ず4時間はかけている

▲クリックで拡大▲

それなりにお風呂がキレイな状態な理由の1つ目としては、お風呂後は乾燥機を必ず4時間はかけているという習慣にあるのかと思います。

マンションだから?なのか、最初から浴室暖房乾燥機の100Vが標準で付いていて、お風呂後は必ず乾燥ボタンを押す、それだけのことです。

 

単純な話でカビの原因は湿気だと考えると、乾燥させればカビの繁殖を抑えられるわけですよね。

だったら、床や壁が乾くまでたっぷり乾燥させておけばイイわけです。

 

電気代だって安いもんですよね、毎日毎日乾燥させていたとしても、わずか300円程度ってところですし。

 

 

▲クリックで拡大▲

わたしたちは夫婦2人暮らしなので、お湯を毎日張り替えているわけではありません。

 

張りっぱなしでフタをするくらいです。

水分があるから湿気が、とも思いがちですが、まあフタをしていればさして湿気に溢れることもなく。

 

とにかく、毎回必ず乾燥機を付けることだけはやっています。

あーちゃん
ってか、カビの問題というよりも、乾燥させておかないとジメジメして空間がキモチ悪いってだけの話なんだけどな。
みーたん
そういえば、ウチの実家はよくお風呂の窓開けてるけど、なんでわたしたちはそうしないのかなあって不思議に思ってるんだけど。

窓はどんな時でも締め切っている

▲クリックで拡大▲

先ほどの湯舟の写真にも掲載されていましたが、小さい窓が付いています。

 

それなりにお風呂がキレイな状態な理由の2つ目としては、この小さい窓ですら絶対に開けないことにもあるかと思います。

ちなみに、ドアも開けっ放しにすることはありません。

 

普通の居室空間は、空気の入れ替えで窓は開けることはありますよ。でもお風呂って、居室と全然違うと思うんですよね。

窓もドアも開けておけば確かに空気が流れていくんでしょうけど、それだけでお風呂が乾くはずないかと。

 

多少なりとも常に湿気が漂っているわけですから、下手に空気を流すよりも、空気を乾燥させること1点に集中させたほうがイイと思うんです。

そのためには、窓を開けずに乾燥機を回し続けるほうが、はるかに効果的であると。

みーたん
そっか、窓を開けると外気や湿気がそこから出入りする分、もしかしたらもっとカビやすくなるかもしれないってことね。
あーちゃん
うーーーーん、普通に考えたら絶対そうなんだけど。窓が大きい小さいとかでもなく、窓を開けるか開けないかっていう問題なんじゃないかなあ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

ルックおふろの防カビクン煙剤を使っている

 

特別なことは何もしてないと言いましたが、これも特別なこととは言えないですよね。

カビを防止してくれる、ドラッグストアでもインターネットでもいくらでも買えるものです。

 

設置も簡単で、お風呂あがった直後でも・乾いた状態でもイイので、浴室に入れて煙を充満させておくだけという。

 

煙なので、浴室の隅々まで行き届くはず、だからこれを使っています。

煙に含まれている成分で、浴室全体をコーティングするってイメージですかね。

みーたん
2ヵ月に1回くらいやっておけばイイみたいね。そんなに高くないし、お手軽だなあコレ。
あーちゃん
実際効果はまったくわからないけどね!!でも継続して使ったほうがイイとは思うよ。

最後に

ということで、たったこの3つをやるだけで、マンションであれ・一戸建てであれ少しはキレイを維持できるのではないでしょうか。

ただマンションと一戸建てでは、鉄筋・木造と構造が全然違うため、効果の程度にある程度の差があるとは思いますが。

 

水回り、特にお風呂がとんでもなく古かったり汚れていると、なんかゲンナリしますよね。

 

そうなってしまうと、愛着もなくなってしまいますし悲しい限り。

1日の終わり、疲れを癒してくれるリラックスタイムですから、お風呂って。

 

 

▲クリックで拡大▲

そういえば、特に一戸建ての場合には、上図の壁と壁・壁と床の隙間を埋めている「コーキング」にも目を光らせたほうが良さそうですよ。

 

コーキングでしっかり隙間を埋めていないと、そこに水が入り込んでカビの温床になったりしますからね。

マンションの場合は、ある程度規格化されているので、そこまで心配もないかもしれませんが念のため。

 

 

▲クリックで拡大▲

わたしたちは今、注文住宅を建てていますが、そのお風呂は上図のようにシックな感じ。

どうしてもホテルライクにしたくて。だからこそキレイを維持して、毎日気持ちよくお風呂に入りたいなあと強く思います。

 

わたしたちがおすすめするバスグッズなども、お風呂を彩る参考にしてみてくださいね。

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!