なんでキッチンカウンターの色はホワイトが基本?!ベージュに変更しました

なんでキッチンカウンターの色はホワイトが基本?!ベージュに変更しました

今回のテーマは、

「なんでキッチンカウンターの色はホワイトが基本?!ベージュに変更しました

 

わたしたちの注文住宅はすでに着工しているので、水回り設備も決めきっていたのですが、ここでふと気づいたことが。

キッチンカウンターの色、やっぱりホワイトよりもベージュのほうが良いのではないか、ということ。

今回は、わたしたちがキッチンカウンターの色をベージュに変更するまでのお話しです。

ホワイトにせざるを得なかった

▲クリックで拡大

キッチンの仕様は、上に掲載されている関連記事をご覧いただければと思うのですが、リクシルさんのAS(エーエス)を採用しています。

で、キッチンカウンターの色は、上図のとおりもともと、シルフィーホワイトだったんですよね。

 

▲クリックで拡大

別にホワイトにこだわりなんてなかったのに、なんでホワイトにしていたのかというと、できるだけ費用を安くおさえるためなんです。

隣にあるカップボードの天板が、安いメラミン素材だと、グレーやベージュなどのカラーが選べなかったんです。

 

カップボードの天板も、キッチンカウンターと同じく人造大理石にすれば、グレーやベージュを選べるんですけどね。

ということで、予算上やむなくホワイトにせざるを得なかったと。

みーたん
うーーーん、一般的にはホワイトが主流だし、まあいいか、くらいの考えだったね確かに。ネガティブな根拠で決めてた。
あーちゃん
でもボクらのオウチの雰囲気考えたら、ホワイト色は使いたくないんだよなあ。ベージュのほうが絶対カワイイし、雰囲気に合うはずなのよ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

ベージュを選択した理由

▲クリックで拡大▲

わたしたちは、上図海外ホテル「アウトリガー」さんのような雰囲気にしたくて、基本はベージュ・ブラウン・オレンジでカラーをまとめています。

 

アウトリガーさんでもホワイトの色合いはたくさん入っているんですけど、わたしたちはホワイトはなるべく使いたくない。

なぜなら、ホワイトという色合いは一般的な家庭にはおいては、生活感がどうしても出てしまうからなんです。

だから、クロスや家電、窓サッシ・枠、床、巾木、ドアなんかでも、ホワイトの色合いは一切使わない予定。

 

なのに、最後に残っていたキッチンのカウンター、これだけはホワイトだったんです。

内装のコーディネート上、どうしてもベージュが良かったんですよね、最終的には。

 

▲クリックで拡大▲

でも実は、ベージュに変更した決め手は、たまたまテレビでやっていたセレブさんのオウチのキッチン。

キレイなベージュのキッチンカウンターがすごくおしゃれでエレガントで、リゾート感・ホテル感を漂わせる雰囲気で。

 

本当はお金があれば、セラミックトップ素材・クオーツストーン素材のタイプにしたかったけど、まあそれは予算の問題で却下。

でもテレビで見た、ベージュカラーのキッチンカウンターに一目ぼれしてしまって。

みーたん
本当にかわいかったーーーーー!素材は人造大理石だけど、全然イイよ!少なくとも、前向きな理由でベージュにするならそれにこしたことない!
あーちゃん
でもまだ問題があるぞ。ベージュカラーに揃えるとなると、カップボードも人造大理石にしなきゃいけないから、追加オプションが発生するもん。

メラミン→人造大理石に変更したときのオプション費用は

もともと費用を安くおさえるために、キッチンカウンターは人造大理石、カップボードはメラミン素材を使っていました。

が、どちらも人造大理石を使うとすれば、多少なりともオプション費用が発生します。

 

▲クリックで拡大▲

これまで見積もってもらった数々の履歴を見ていくと、定価差額が運よく判明。

幅1,200mmのカップボードの天板、メラミンなら24,000円・人造大理石なら65,000円、定価の差額は+41,000円。

当然工務店さんを経由して注文するわけですから、卸値で考えるとおそらく+25,000円~+30,000円といったところでしょうか。

 

すでにキッチンでは、レンジフードやら食洗機、自動水栓などを付けていて、オプション費用が50万円以上かかっているのですが、コーディネートも大事なことです。

ここは迷わず即決するしかないだろうと。

あーちゃん
10万円上がりますよ、って言われたら、さすがにムリかなあと思うけどね。これならいけるんじゃないか?!!!
みーたん
これでキッチンカウンターとカップボードの天板のカラー、揃ったね!やっぱりこのほうがキモチイイや!

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

すでに着工スタートして1ヵ月くらい経ちますが、工務店さんが水回り設備を注文するまでは、ギリギリまで変更することは可能。

特に内装を考えていくにあたり、基本的な仕様は変わらなくても、カラーなんかはコーディネートに合わせて変わったりしますよね。

 

キッチンは確かに、実用的に毎日使う設備であることには間違いないです。

けど、キッチンだってインテリアですから、細部にまでこだわりたい。

これにて、わたしたちのキッチンカウンター・カップボードの天板は、ベージュカラーになりました。これでますます愛着を持てそうです。

 

ちなみに、わたしたちは、トイレ本体だってベージュなんですよ?だったそのほうがカワイイから。

これもホワイトが基本なんて、誰が決めたことでもありませんよ。

 

▲クリックで詳細確認

水回り設備の仕様は、ハウスメーカー・工務店選びの肝の一つです。

水回り設備の標準仕様を、各ハウスメーカー・工務店さんから取り寄せて比較してみると、本当によくわかりますよ。

上図のタウンライフさんではそういったことも、無料で一括依頼できますからすごく便利。活用してみてくださいね。

キッチン シリーズ記事

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!