小窓にあえてカーテンを採用する理由

小窓にあえてカーテンを採用する理由

今回のテーマは、

小窓にあえてカーテンを採用する理由

 

わたしたちは今、注文住宅の内装、小窓に何を付けるかを検討しているところです。

ブラインドやロールスクリーン、カフェカーテン・レースのカーテンなど、付けれるものはたくさんありますが、わたしたちはあえてカーテンを採用することに。

今回は、あえて小窓にカーテンを採用した理由を整理してみましたので、ご紹介します。

カーテンが一番窓まわりの装飾品が多いから

▲クリックで拡大

上図は、TOSO(トーソー)さんのカーテンレールです。

1メーカーだけでも、これだけの種類のカーテンレールがあるわけで。

 

ロールスクリーンやブラインドでは、カーテンまわりをこのようなレールで装飾することなんてできません。

でも、カーテンならそれができるわけです。

室内の色合いとコーディネートを合わせれば、自慢できる立派なインテリアになるじゃないですか。

 

▲クリックで拡大

カーテンアクセサリーって、実はすごくたくさん種類があるんですよね。

 

カーテンホルダーやふさかけ、カーテンを結ぶためのチャームやタッセルなども豊富。

カーテンとレースそのものの他にも、これだけのものがあるんです。

 

ブラインドやロールスクリーンだと、確かに見た目スッキリはしているかもしれませんが、ここまでこだわることってできないですよね。

基本はブラインド・ロールスクリーンの本体デザインをどうするか、という話なわけですから。

 

カーテンにはそれだけにとどまらない、たくさんの魅力があるんです。

 

▲クリックで拡大

カーテン・レースの本体だって、ただ四角いカタチにするだけじゃなく、工夫を凝らすこともできるんです。

たとえば上図のように、トリムという下部に付けるフリフリな装飾を施してみたり、カーテンそのものの形状をゴージャスなものに変えてみたりと。

 

ブライドやロールスクリーンなども、たしかに近年種類が豊富に出てきていますが、このカーテンの自在性にはとてもかなわないと思います。

みーたん
確かに言われればそうだよね。カーテンだと、オリジナリティにこだわれるってことだ。
あーちゃん
さらにカーテンだったら、付け替えも洗濯も可能だろ?

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

カーテンの付け替え・洗濯が可能だから

カーテンレールさえ設置されていれば、カーテンそのものを付け替えることができる、コレも魅力の一つですよね。

 

季節に応じて付け替えるもよし、汚れてきたら買い替えるもよし、気分によって付け替えるもよし。

カーテンが一番デザインが豊富なんですから、何枚持っていたってイイわけです。

 

カーテンには形状記憶タイプもあるので、ヨレルのがイヤな方は、ちょっと高くても形状記憶のものを買うのがイイでしょうね。

洗濯するときなんかは、絶対役立ちますから。形状がヨレヨレだと、なんかみっともないですし。

そう、洗濯できちゃうことも魅力の一つ。

 

ロールスクリーンだとできるものもありますが、ブラインドだったら洗濯できませんからね。

みーたん
カーテンを付け替えるなんて発想なかったなあ。同じものを使い続けるもんかと。でも季節ごとの付け替え、ちょっとやってみたいなああ。
あーちゃん
キッチンの色を変えたいと思っても、リフォームしなきゃなかなか難しいじゃん?でもカーテンなら自分でもできるしな。ワクワクするでしょ。

カーテンならレースの状態でもキレイだから

カーテンは、外の光を取り込みたいとき、厚地のカーテンを横に寄せて、レースのカーテンにしますよね。

これが実はすごく便利。中からは見えても、外からは見えずらいですし。

それにすごくキレイなんですよね、レースのカーテンの状態が。

 

ブラインドだと光を取り込みたいときには、上図のように羽を開いた状態にするわけです。

この状態、もしブラインドそのものがおしゃれだとしても、キレイと入れるほどの状態でもないと思うんです。

ロールスクリーンでもそれは同じこと。

 

レースの状態でもキレイですし、また横に寄せてあるカーテンもおしゃれなわけです。

みーたん
そうだね、上段で話したカーテンアクセサリーも目立つだろうしさ。
あーちゃん
でしょ。やっぱりカーテンにするのが一番だよ。ただ、安いもので甘んじちゃダメだろうな。おしゃれなインテリアとして揃えないとさ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

確かにホームセンターやインターネットなど、カーテンはいくらでも安く売っています。

でももし、カーテンもおしゃれなインテリアにしたいということであれば、絶対に実物を見て、価格が高くてもしっかりしたものを購入すべきです。

 

使っている糸の量が多ければ多いほど、カーテンの価格も比例して高くなるわけですが、見た目でも触ってみても、その違いは一目瞭然。

せっかくの注文住宅なら、カーテンにもこだわってみてはいかがでしょう。

 

▲クリックで詳細確認

ハウスメーカー・工務店さんによっては、最初からカーテンが標準仕様で付いているところもあります。

費用を安く済ませたいのであれば、そこから選べばイイんですけど、でもカーテンってすごく奥深いですよ。

 

わたしたちは、カーテン設置は自分たちで行う工務店さんだったのですが、むしろそれで良かったと感じています。

自分たちのこだわりを、そこにフルに詰め込めるわけですからね。

そのあたりも、注文住宅を建てる際には気にしてみてください。

 

タウンライフさんを活用すれば、ハウスメーカー・工務店さんから、そういった標準で付いてくる設備だって、確認・取り寄せることができます。

利用は無料ですから、有効に活用してみてください。

内装インテリア シリーズ記事

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!