天井クロスは立ち上がり部分に注意。見切り材を付けることに

天井クロスは立ち上がり部分に注意。見切り材を付けることに

今回のテーマは、

天井クロスは立ち上がり部分に注意。見切り材を付けることに

 

注文住宅の内装、クロスを選択し工務店さんに伝えたところ、「そうかあ」と思うことが。

それは天井のクロスの張り合わせがうまくいかない、ということ。

今回は、天井クロスの立ち上がり部分に見切り材が必要であることについて、お話していきたいと思います。

本来クロスは入隅で区切るのが理想

▲クリックで拡大

天井に限らず壁でもそうなのですが、クロスは一般的に入隅で区切るのが普通。

入隅とはへっこんでいる角の部分で、上図で言えば上段のパターンですね。

 

逆に出っ張っているところを出隅と言って、もしこの上図下段のパターンになります。

もし出隅でクロスを区切ってしまうとどうなるのかというと、クロスがとってもはがれやすくなってしまうのです。

だって、クロスがひとつなぎになっていませんからね。

 

▲クリックで拡大

ただでさえ上図のように角がはがれやすいクロス。

それがもし、出隅で区切られてしまっていると、さらにペランペランはがれやすくなるわけです。

 

▲クリックで拡大

上図はわたしたちが今住んでいるマンションの一部ですが、やはりオレンジ色の出隅の部分ではクロスが区切られていません。

クロスが区切られているのは、赤色部分の入隅ということになります。

みーたん
あんまり細かく見たことなかったよ。確かに出隅でクロスを張り替えてたら、絶対おかしなことになっちゃうね。
あーちゃん
タイルは専用の見切り材があってなんとかなるらしいんだけど、クロスはそんなのないからね。ちゃんと入隅で区切る必要があるんだ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

わたしたちのクロスの張り合わせ

▲クリックで拡大

クロスを入隅で区切るルールは、わたしたちの間取りだと、ちょっとめんどうなことになるんです。

というのも、上図黄色の部分が階段上の吹き抜け、そして寝室の高天井になっているから

 

▲クリックで拡大

上図は、問題のわたしたちのクロスの例。

天井からさらに立ち上がっている壁の部分、どのクロスを使いますか、ということなんです。

出隅で区切らないというルールから言えば、低いほうの天井と同じクロスを使うしかないですよね。

 

でも、天井のクロスをそのまま立ち上がりの部分に使うって、なんか違和感がありませんか?

わたしたちも同じで、それってなんか変だなあって。でもクロスを張り替えたいわけです。

 

▲クリックで拡大

壁も天井も、上図のように同じクロス・デザインが無地のものであれば、問題ないんですけどね。

壁も低い天井も立ち上がり部分も、すべて同じクロスで統一してしまえばイイんだから。

 

でも、こだわるとなかなかそうもいかないわけなんです。

みーたん
うーーーーん。無地にするってことは、色しか変えれないってことでしょ。それもイマイチじゃん。せっかく壁のクロスは、おしゃれなストライプ柄にしてるのに。
あーちゃん
そうなんだよ。だから、工務店さんが教えてくれたのが、天井か壁の低い位置に、見切り材を設置して流れを切れば問題ない、ってことなんだ。

出隅で切るなら見切り材があることが望ましい

▲クリックで拡大

見切り材と言っても本格的なものではなく、余っている木材を、装飾的に壁や天井に張ればイイだけのこと。

 

上図のように、低い天井の角か、または立ちあがり部分の角に板を張るんです。

これで入隅を作り出して、無理やりクロスの流れを断ち切るんですね。

 

もちろんタダ板を張るだけでは味気ないので、たとえば巾木や廻り縁なんかとセットにして、色も塗ってもらって、ですよ。

でないと、コーディネート上問題がありますから。

 

▲クリックで拡大

吹き抜けがあるオウチなら、必ずこの現象は起きうるものです。

上図のようにすべて同じクロスでまとめる、ということであれば問題ないですが、クロスをバラバラに使う場合は要注意ですよ。

 

▲クリックで拡大

わたしたちはクロスがバラバラなので、上図のように天井に廻り縁のような板を張り付けて対応しようかと。

3Dで見てない分、すごくイメージが湧きずらくて困りますね。

ややこしくならないように、間取りの工夫も一定程度は必要そうです。

みーたん
まあこの問題は、天井を装飾できるってイイ意味でも捉えられるんじゃない?まっさらな天井なんてつまらないしさ。
あーちゃん
そうなんだと。ある意味そういう凹凸が天井のアクセントにもなるからさ。クロスを巻いてしまってもイイわけだしな。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

板を張ると決めたものの、こればっかりは最終的にどう仕上がるのかは、できてからのお楽しみ。

もしこんな状況になってしまっても、いろいろと工夫の余地はあるはずです。

ハウスメーカー・工務店さんと、よくよく相談してくださいね。

 

▲クリックで詳細確認

クロスの種類はたくさんありますから、部屋の模様替えのためにも、一度リフォームなんか検討してみるのもイイかもしれませんよ。

最近ではマンションだって古民家だって、リノベーションの時代ですからね。

 

タウンライフさんならリフォーム全般を一括比較できますよ。

すでにクロスが張ってある方も、利用は無料ですから、参考までに見積もってもらってください。

内装インテリア シリーズ記事

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!