お風呂ブラインドをどうする?空間コーディネートのために付けよう

お風呂ブラインドをどうする?空間コーディネートのために付けよう
LINEで送る




今回のテーマは、

「お風呂ブラインドをどうする?空間コーディネートのために付けよう」

 

注文住宅を建築中のわたしたち、カーテンの検討もだいぶ深まってきました。

そんななか、お風呂にブラインドを付けるか・付けないか、そして付けるにしてもどうやっておしゃれに見せるか、が問題に。

 

今回は、わたしたちの間取りや予定している内装をふまえて、お風呂ブラインドによる空間コーディネートについてお話していきます。

お風呂にブラインドは必要?

▲クリックで拡大

上図は、わたしたちの2階の間取り図。

ご覧の通り、2階のど真ん中に位置付けられていて、屋根付きのインナーバルコニーに接しています。

 

インナーバルコニーをおしゃれに飾れれば、お風呂の大きな窓から、その空間を眺められるという開放感が得られますからね。

 

▲クリックで拡大

でも土地と建物、そして周辺環境を見てみると、2階お風呂の正面には、当然お隣さんのオウチがあるわけで。

バルコニーには壁があるから、湯舟に入っているときは見えないけど、立ち上がったりしようものなら正面から丸見えです。

 

プランターや大きな植物などで隠そうにも、やっぱり100%とはいかないわけで、どうしてもブラインドを付けざる得ないなって。

 

たぶんお風呂に入るときには閉まってて、湯舟に浸かるときにはブラインドを開放して、その雰囲気を楽しむんでしょうね。

みーたん
わたしたちのお風呂、入り口も窓も全部透明ガラスだもんね。フルオープン!って感じの。
あーちゃん
まあ実用性よりも開放感を取っているからねえ。さすがに隠すためにはブラインドは必須だわ。本当は付けたくないけど、生活感出ちゃうし。

立川ブラインドさんのショールームで発見

▲クリックで拡大

縦型バーチカルブラインドを見に立ち寄ったタチカワブラインドさんの新宿ショールームで、ついでにお風呂ブラインドについても話を聞きました。

 

どうやら「シルキー」と名称に入った商品が、お風呂などの水回りでも使えるものらしいです。

 

それにしても今は色々なデザインが販売されているんですね、それに驚きです。

上図のピンク色のブラインドだって、お風呂で使えるものなんですよ?

 

▲クリックで拡大

棚のなかには、ブラインドのカラーラインアップがビッシリ。

上図では一段しか開けていませんが、これが6段くらいありました。

 

ブラインドって、アルミ製でなんとなくホワイトなイメージが強くて、職場になんとなくついている、デザイン性の低いものが大半だと思っていましたけど、これなら付けてもイイかなあって思えますよね。

みーたん
職場のブラインドなんて、なんかボロボロのイメージしかないもん。汚れててさ。まさかこんなにカラーラインアップがあるなんてね。
あーちゃん
ボクらのお風呂まわりの空間とあわせて、イイ感じにコーディネートできそうじゃない?

----スポンサーさまのPRです^^♪----

お風呂まわりの空間コーディネート

▲クリックで拡大

お風呂まわりのクロスは、上図の青・ベージュのストライプを組み合わせて使う予定なんです。

まさにホテルっぽいクロスの仕様で、わたしたちのお気に入り。

 

▲クリックで拡大

加えて、造作洗面台の近くには、リラインスさんのタオルウォーマーを設置する予定。

上図はホワイトになっていますが、実際はオレンジ色のものを使う予定なんです。

 

▲クリックで拡大▲

タオルウォーマーのカラーもたくさんのなかか選べるんですよね。

 

コンセプト変更!注文住宅を「アウトリガー」な雰囲気に▲クリックで拡大▲

上図は海外ホテル「アウトリガー」の一室なんですけど、アクセント色のオレンジがすごくインパクトあって、オレンジをところどころに使いたかったんです。

 

だったら、ブラインドもいっそのことオレンジ色にして、インテリアとしてコーディネートしちゃおうって思ったんです。

 

▲クリックで拡大▲

このオレンジ色、安っぽくない、ちょっと深めのカラーなんです。

オレンジがかなりイイ感じーーと思うものの、青いクロスとの相性を考えると、深めのネイビー色も捨てがたい。

 

▲クリックで拡大▲

そもそもお風呂のカラー、ブラックなんです。

ここにオレンジ色を入れ込むのもなかなか勇気が。ネイビーのほうが相性が良さそうなんですよね。

 

▲クリックで拡大▲

ちょっとごちゃごちゃしてしまったので整理すると、上図のとおり。

要は、タオルウォーマーとブラインドのカラーを合わせるか、それともクロスやお風呂本体とブラインドのカラーを合わせるか。

 

でもやっぱりオレンジ色かなあって。

クロスじゃなくて、あえてインテリアでオレンジ色をおさえにいくって言うのも、わかる人にはわかるこだわりなんじゃないかって。

 

洗面所に入った瞬間、「なるほど、オレンジ色で洗面・お風呂を囲んでるんだ」って思ってくれれば。

 

あとは、外壁との兼ね合いもあるんですよね。

インナーバルコニーのなかの外壁は、ベージュ色のラップサイディングなので、外から見たとき、オレンジのほうがカワイイかもって。

みーたん
オレンジだ!オレンジにしようよ。クロスが割と暗めだから、逆に明るいほうが映えるし、こだわりを感じる!
あーちゃん
ださいと思ってたブラインドも、こんなふうにコーディネートできれば、もう立派なインテリアだね。
みーたん
せっかくお金かけて取り付けるのに、ただ隠すだけのために付けるなんて、もったいないすぎでしょ!

最後に

普通だったら2階の、それもど真ん中にお風呂や洗面所を置く人なんていないでしょうね。

しかもわたしたちの場合、サニタリースペースが通路の役割も担っているような間取りですし。

 

 

でもね、こうしたことで、いかにおしゃれに、使い勝手よく、加えて安くおさえ、サプライズ感を出すためにはどうすればイイか、ってたくさん考えたような気がします。

 

サニタリースペースを見せない・見せたくない空間じゃありません。

見せる、いや、魅せる空間にしないと、もったいないですもん。

 

ブラインド1つとっても、ただ隠すため、の役割で終わってしまってはもったいない。

考えを張り巡らせば、きっとお気に入りの一品になるのではないでしょうか。

これからもステキなインテリアにめぐりえますように。

サニタリー シリーズ記事