カレンダーはポスターインテリアだった。普通に壁かけなんてもったいない

カレンダーはポスターインテリアだった。普通に壁かけなんてもったいない
LINEで送る




今回のテーマは、

「カレンダーはポスターインテリアだった。普通に壁かけなんてもったいない」

 

注文住宅建築中のわたしたち、内装についていろいろと検討を重ねるなか、車のディーラーさんからある物をもらいました。

それは次年度のカレンダー。年末なので、お得意さまに配っているのでしょうね。

 

そこで気付いた、カレンダーってポスターじゃない?!ということ。

今回は、カレンダーをポスターにしてしまうために考えたことなど、お話していきたいと思います。

ディーラーさんからもらったカレンダー

▲クリックで拡大▲

2018年時点では、わたしたちの愛車、上図の「ザビートル」という車種なんです。フォルクスワーゲンさんの車ですね。

チョコレート色のブラウンと、室内のベージュ、丸っこいホイールがたまらなくカワイくてカワイくて。

 

つい先日、たまたま車の点検にディーラーさんに行ったんです。

もう年末だったせいか、「コレ、持って帰ってください。ビートルも載ってるんですよ」と。

 

▲クリックで拡大

上図が実際にもらったカレンダー、たしかに古き時代のキュートなビートルが表紙になっています。

でも別にカレンダーって使わないし、「いつもどおりお蔵入りかあ」と心の中では思っていたんですけど、それが大間違いで。

 

▲クリックで拡大

中を見てみると、1枚1枚にワーゲンの車がデザインされてるんです。

しかもすごくポップなタッチで描かれていて、めちゃくちゃカワイイんですけど??!!

 

もうカレンダーって言うより、ポスターに近いクオリティ。むしろお金払ってでも毎年もらいたいくらいの。

 

▲クリックで拡大

1月に2ヵ月分の日付が記載されてるんですけど、それが6枚ありました。

ワーゲンならではのデザインセンスというかなんと言うか。

 

国産車やBMW・ベンツでは考えられないし、ミニクーパーもかわいかったけど、やっぱりワーゲンが絵で描くには一番イイんだろうなあって。

 

▲クリックで拡大

で、思うわけです、どうせカレンダーなんか使わないし、キレイに端っこをカットしてポスターフレームに入れて、かわいいインテリアにしちゃおうって。

 

日付の部分までカットしちゃえば、通年飾っておけますし、車好きのわたしたちにとってはピッタリなんです。

だって、注文住宅の間取りだって、わざわざシャッター付のインナーガレージを設置して、車をもインテリアにしてしまおうって思ってましたから。

 

▲クリックで拡大

そういえば以前、わたしたちがいつも行ってるディーラーさんが、改装グランドオープンしたときに、ちょこっと寄った機会があって。

そこで上図のような、ワーゲンの車を描いた絵画が、売り物として販売されていたんですよね。

 

実はそこで、コレいいなああああ、欲しいなあああって思ってたんです。

でも今回もらったカレンダーで自作しちゃえば、コレよりもイイものができるかも?!

あーちゃん
カ、カワイすぎるーーーーーーー、絶対このカレンダー、なんとかうまく使ってポスターにしたいんだけど!イイ?
みーたん
そうしよう!ポスターフレームとピクチャーレール買って、おしゃれに飾ろうよどうせならさ!

ピクチャーレール・ポスターフレームはブラウンがイイ

わたしたちの注文住宅は、ホワイトという色合いがまったくないんです。

クロスも基本がベージュだったり、巾木・窓・窓サッシはダークブラウンだし、天井も麻っぽいカラーを予定。

それに合わせてブラウンがイイなああって思ってたところ、上の商品を見つけました。

 

完全オーダーで制作してくれるピクチャーレールなんですよ。

フックやワイヤーなどオプション品を付けても、1mくらいなら4,000~5,000円程度と、価格がすごい高いわけではなくお気に入り。

 

フレームはブラウンなんですけど、少しでもコスパ良く高級感を出すために、よりウッディな雰囲気なものをチョイスしたいなあと。

これならピクチャーフレームとの相性も良さそうです。

 

もっと厚みのある装飾性の高いフレームだっていくらでもありますが、フレームよりも絵を楽しみたいから、これくらいのインパクトでイイかなあって。

みーたん
うんうん、2万円くらいで全部揃いそうだからイイと思うけどな!
あーちゃん
そういえば個人的にはトイレに付けたいと思ってるんだけど・・・ちょっとした問題が。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

トイレには造作棚を付けるからピクチャーレールは厳しい

▲クリックで拡大

上図はわたしたちの間取り、オレンジ色の部分・空間の上部に造作棚を造ってもらおうと思っていて。

約2,000mmの高さ、ドアの上に付けてもらうんです。

トイレに置いておく用品など、この棚がないと置くところがなくて。

 

▲クリックで拡大

具体的なイメージで言うと、上図のとおり。

 

この造作棚がなければ、どこにでもピクチャーレールを付けることができたんですけど。

棚の上の部分には、基本ピクチャレールなんて付けれないじゃないですか、という事態に。

 

ということで、ちっさい絵画用のフックでイイんでしょうね。

これで好きな場所に好きなように設置すると。

 

そもそもピクチャーレールって、せめて1,800mmくらいの長さがあって、直線であるとこじゃないと、もしかしたら付ける意味ないのかもしれません。

 

じゃあ廊下とかリビングに付ければイイじゃん、ということになるのですが、そうもいかず。

 

▲クリックで拡大▲

コンソールテーブルを置いたり、上図のようなパドルインテリアを設置したり、観葉植物を置いたり、いろいろと付けたいものがあるんですよ・・・。

 

それにいくらワーゲンのポスターがカワイイと言っても、わたしたちが求める海外ホテル「アウトリガー」のような雰囲気にはイマイチ合わない。

だから、トイレという個別空間に設置するのが望ましいと思ったんです。

みーたん
そっかそっか、ピクチャーレールのそのものはおしゃれだと思うんだけどね。イイじゃん、小さいフックのほうが圧倒的に安いしさ。
あーちゃん
うん、そうしよう。安くおしゃれに飾ることが何よりだわ。

最後に

カレンダー、どんなものを使っていますでしょうか。

11月~12月にもなると、書店にもいろんなカレンダーが並びますし、業者さん・お得意さんからももらったりすることもあるはず。

 

カレンダーをそのまま使うのはもったいない。

キャラクターものだって、カットしてフレームにおさめてあげるだけで、立派なインテリアになる可能性、秘めてると思いませんか?

 

そういった視点でカレンダーを見てみると、また違ったものに見えてくるかもしれませんね。

わたしたちももっとたくさんフレームを検索して、100%お気に入りってものを見つけて、早速造ってみたいと思います。

これからもステキなインテリアに出会えますように。

内装インテリア シリーズ記事