カーテンの代わりに最適な「ウィンドウフィルム」

LINEで送る




今回のテーマは、

「カーテンの代わりに最適な『ウィンドウフィルム』

 

注文住宅の窓まわり、カーテンの検討をしているわたしたち。

でもいざ見積もってみると、なんと28万円もかかるという事実に直面。

 

それを少しでも安く、またおしゃれにするために色々と調べてみると、あがってきた候補は「ウィンドウフィルム」。

今回は、ウィンドウフィルムをどの窓にどう活用しようか、考えてみました。

カーテンに28万円かかってしまう現状

▲クリックで拡大

全部の窓につけてたら、カーテン費用がいくらあっても足りません。

上図のように、半数以上ある黒い部分は、カーテンを付けない予定です。

 

でもこれだけで、なんと28万円もかかってしまうんですよね。

さすがにコスパ的にはどうなのかなあって。

 

特にバーチカルブラインド、7万円以上かかるんですよ。

空間は確かにスタイリッシュになるものの、でもでもコスパ的にどうなんだと。

 

それにやっぱり、カーテンを付けない場所でも、工夫できるところあるんだじゃないかなあって考えるわけです。

みーたん
クローゼットスペースだって、絶対にカーテン必要だと思うんだよね。そこで着替えることあるだろうしさ。
あーちゃん
そうだなあ。これ以上追加するとなると予算が厳しすぎるから、どうするか考えないと。

安く工夫するなら「ウィンドウフィルム」

▲クリックで拡大

ということで、ちょっとでも安く抑えて、さらにおしゃれに空間を造るならってことで見つけた「ウィンドウフィルム」

以前、レンジフードにタイルを張る、というお話をした際に登場した「スタイルダート」さんのものです。

 

すごいのは、何と言ってもそのクオリティで、まるで窓が本当にこのデザインになっているかのようなフィルムなんです。

 

▲クリックで拡大

縦910mm×横600mmで、価格は4,000円程度。小窓には最適ですよね。

普通に木製ブラインドを付けると、それだけで16,000円から20,000円程度かかるんですから、コスパ的にも見た目的にも、すごくおしゃれになるんじゃないかなあって。

 

しかも防水・防カビ対応になっているので、お風呂や洗面などの水回りでも使えるんですよ。

また、リビングドアなどのガラス部分にも張ることができるので、目隠しにも使えるんです。すごく便利。

 

もしコレを最初から張るつもりで考えるなら、わざわざ窓を曇り(カスミ)ガラスにする必要もないのでしょう。

 

みーたん
わたしステンドグラス好きでさ、コレ見てたんだよーーーーー!張れるなら嬉しい!
あーちゃん
部屋のアクセントになりそうだな、デザインもたくさんあるから、空間によって使いわけるのはアリ!

----スポンサーさまのPRです^^♪----

わたしたちの間取りでウィンドウフィルムを貼るなら

 ▲クリックで拡大

実際に、このウィンドウフィルムを貼る場所を考えてみると、結構あるんですよね。

 

特に、カーテンやブラインドなどを何も入れない予定だったところに。

洗面やトイレは絶対に付けたいとか、うまく活用すればイイ感じ。

 

あと気にしなければいけないことは、家の外からの見え方。

 

▲クリックで拡大▲

上図は、実際にわたしたちの注文住宅の外観パース。

たとえば、入り口側の2階の2つの窓、どちらかだけにウィンドウフィルムを貼ったり、デザインが違ってしまったりすると、遠目イマイチなことになりかねません。

 

ガラスそのものが、ステンドグラスなどのデザインであるわけではないので、外から見ると、ガラスの向こうに何か貼ってある、という印象になりますからね。

気を付けたいところです。

あーちゃん
フィルムばっかりってのもつまらないし、カーテンやブラインドとのバランスも考えないとな。
みーたん
これでちょっとは安くなったのかな?いや、そうでもないか。新しい場所にフィルム貼るんだもんね。
あーちゃん
安くおさえられるところもあるから、まだ同額くらいなのかな。もう1回カーテン見積もりし直しに行こう!

最後に

 

手作り感が溢れすぎてしまうので、あんまりDIYって好きじゃないんですけど、このウィンドウフィルムなら、そんなことは感じなそうです。

 

別に窓でなくても、ツルツルっとした素材のものであれば、何にでも貼り付け可能のようですよ。

 

たとえば、余ったフィルムを使ってない透明グラスのまわりに張り付けて、オリジナルのキャンドルホルダーを造ってみたり。

はたまた、ガラス製のフォトフレームに張り付けてみたり。

使い方はさまざまですよね。

 

今すでにオウチに住んでいる方でも、もし透明な窓がそのまま残ってしまっていたら、価格もそこまで高くないですから、ちょっと考えてみてくださいね。

内装インテリア シリーズ記事