上棟から1ヵ月と1週で気付いたこと・感じたこと

上棟から1ヵ月と1週で気付いたこと・感じたこと
LINEで送る




今回のテーマは、

「上棟から1ヵ月と1週で気付いたこと・感じたこと

 

注文住宅を建築中のわたしたち、暮れも迫るところで見に行ってみると、また新たな進展が。

徐々に完成に向かって近づいていくのを見るのは、本当に楽しいものですね。

今回は、上棟から1ヵ月と1週で気付いたこと・感じたことなど、お話していきたいと思います。

玄関ドア・窓サッシがはまっていました

▲クリックで拡大▲

しょっちゅう行けるわけではないので、いつの間に?!という感じです。

窓サッシと玄関ドア、すでに設置完了していました。

 

玄関ドアはまだ、保護材で囲まれていたので、全容はわからない状態になっていましたけどね。

 

そして、ガレージのなかのリビングに続く掃き出し窓、とんでもなく大きいことに今気づきました。

幅が2,500mmくらいあるんですけど、こうやって実際に見てみると迫力だなあって。

 

ちなみに、窓サッシはリクシルさんのもので、カラーはオータムブラウンです。

 

▲クリックで拡大▲

そういえば、窓でずーっと引っかかっていたことがあったんです。

それは、上図のようなカスミガラスに、ウィンドウフィルムを貼れるのかどうか、ということ。

 

カスミガラスって凹凸があるため、わたしたちが付けてみたいなあと思っているフィルムが貼れないんです。

ツルツルしたところじゃないとダメで・・・。

 

▲クリックで拡大

ウィンドウフィルムって、上図のような感じのものです。

窓ガラスにピタっと、糊も使わずに水だけで貼ることができて、結構おしゃれなんですよね。

 

でも今の時代って昔とは違って、窓ガラスはペアガラスが一般的なわけで。

外側のカスミガラスはザラザラした凹凸のあるものなんですけど、なんと内側のガラスって、普通のつるつるのガラスだったんです。

 

最初は、ぜーんぶ透明ガラスにしないとウィンドウフィルム貼れない、なんて思っていましたけど、結局貼れるという。

ホッとしました。

みーたん
ずーーーっと言ってたもんね!カラスガラスじゃダメじゃーーーん!って。確かにうちの実家も、カスミガラスはザラザラしてたし。
あーちゃん
時代が進化してて良かったよ。。。同じような悩み持っている人、たくさんいると思うんだけどなあ。

断熱材がそろそろ付けられるみたい?

▲クリックで拡大

ガレージ付近には、断熱材が置かれていました。

これから徐々に入れていくみたいですね。

 

本当は吹き付け断熱もできるはずだったのに、目の前の小道が狭いから、タンクローリーが入らないって・・・

まあイイんですけどね、もともと高気密・高断熱をウリにしているような、高級住宅じゃないですし。

 

確かに住みやすさも大事だけど、それよりもデザイン性・独自性・自由度を大事にしているから、どうしてもデメリットは出てくるものです。

と思いきかせているという。

 

そういえば大工さんに聞いたんですけど、今の時代の住宅性能は、10年前からすると各段に上がっているみたいですよ?

窓にせよ壁にせよ床にせよ、地震や寒さ・暑さにも強くなってるんですって。

 

わたしたちのオウチ、すごい特殊な間取りだったんですけど、すっごく頑丈な柱を使ってるから大丈夫だよ、って言ってくれました

みーたん
高気密・高断熱と言えば、一条工務店さんとかね。でも高いんだもーーーん。もしそこで建てたら、予算500万円くらいオーバーしてるよ。
あーちゃん
昔よりもベースの性能が上がっているわけだから、エアコンとかガスストーブがあれば十分だと思ってるけどなあ。まあ住んでからのお楽しみってことで。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

2階がオープンすぎてカーテン費用が・・・

▲クリックで拡大

上図は、2階の屋根付きインナーバルコニーからの写真と、お風呂からの写真です。

お風呂の窓からインナーバルコニーを楽しめる、という間取りになっているのですが、そこで気付いてしまったことが。

 

それは、、、窓がたくさんありすぎてまわりの住宅から中が丸見え、ってこと。

そりゃある程度は覚悟してましたけど、想像以上に見えるという。

 

注文住宅・上棟当日に感じた・気付いた6つのこと▲クリックで拡大

上図は、わたしたちの土地と周辺の建物との関係図なんですけど、この配置ならそりゃ見えますよね、っと。

 

見えてイイ場所なら問題なかったんですけど、丸見えゾーンが主寝室だから厄介なんですよ・・・。

カーテンにしろブラインドしろ、1ヵ所あたり2万円くらいかかるわけですから。

 

テラスドアにまで、まさかのロールスクリーンを付けなきゃいけないっていう状態なんです。

でもこれだって、実際上棟して、2階に建ってみないとわからないんですよ、現実が。

 

カーテン費用は、多めに見積もっておいてくださいね。

みーたん
周りから見えちゃってるって思うと、やっぱり不安だよーーーー!ちゃんと隠したいけど、まーた費用がかかっちゃうことに。
あーちゃん
こんなに見えるなんて思わなかったもんな。でも逆に、予想外に明るい、とも思ったけどさ。

最後に

たまたまこの様子を見に行ったのが、年末30日くらいだったんですけど、大工さんがまだ働いてくれていました。

早く休んでくださいよーーーーーって言ったんですけどね。

 

でももしかしたら、ちょっとペースが遅れ気味なのか、一人でコツコツ休み削ってやっててくれたんですよね。

 

こういう姿を見ると、本当にすごいなあって感心・尊敬しちゃいます。

大工さんは、大切にしなきゃいけませんね。

 

細かいことでグチグチ言わないほうがイイと思ったし、気持ちよくオウチを仕上げてもらうために、美味しい差し入れとかもしたいなあって感じましたよ。

 

▲クリックで詳細確認

もしこれからオウチを建てられる方、建てたいと思っている方は、ハウスメーカー・工務店選びは慎重に。

 

まずは無料で間取りや見積もりを造ってくれるタウンライフさんから依頼することがおすすめですよ、いろんなハウスメーカー・工務店さんと一気にコンタクトを取ることができますからね。

 

ステキなオリジナルのオウチが建つことを祈っています。