おしゃれなレースカーテンならU-Life(ユーライフ)さんで決まりかな?

おしゃれなレースカーテンならU-Life(ユーライフ)さんで決まりかな?
LINEで送る




今回のテーマは、

「おしゃれなレースカーテンならU-Life(ユーライフ)さんで決まりかな?

 

注文住宅建築中で、内装・インテリア検討真っ最中のわたしたち。

ようやくお気に入りのカーテンレールを見つけたのですが、あとはそこに付けるドレープとレースカーテン。

 

なんとなくフワっとこれでいいかなあ程度だったんですけど、ようやくU-Life(ユーライフ)さんでお気に入りのおしゃれな一品を発見。

今回は、お気に入りのレースカーテンを決めるまでの話です。

クラシカルなドレープカーテンを探してた

▲クリックで拡大

上図は、わたしたちが実際に選んだカーテンレール。

ゴールドっぽいブロンズレールの質感がステキなんです。リングランナーも同じ素材でキレイなんですよねえ。

 

ピアネタっていう、友安製作所さんが販売されているものなんですけど、わたしたちのお気に入りの一品。

 

▲クリックで拡大

レールにあわせて、ふさけけではなくカーテンホルダーを付けようかと思ってて。

ここにドサっとカーテンをかけれるようになっているんです。

 

ボリュームもあって、お部屋のアクセントになりそうな感じですよね。

これもお気に入りの一品。

 

これらに合うカーテンって言うと、クラシカルな感じかなあということで、まずはドレープカーテンから探していたんです。

みーたん
ドレープカーテンを探したあとに、それにあわせてレースを考えればイイかってね。
あーちゃん
たまたま立ち寄ったニトリさんも、結構おしゃれなラインアップだったけどなああ。

ニトリさんのラインアップもなかなか

▲クリックで拡大

たまたまベッドのボックスシーツをニトリさんに買いに行った際、カーテンもあるので見てみました。

そしたら、そのラインアップとクオリティにビックリ。そんなに期待しないで行っただけに・・・。

 

クラシカルなカーテン、結構な種類があるんですよね。

写真からもわかると思うんですけど、結構な光沢感なんです。

 

価格も小窓サイズなら1枚6,000円から7,000円くらいで、すごくイイものが揃っちゃいます。

コスパがイイって、まさにこういうことを言うんだろうなあって。

 

▲クリックで拡大

そんななか、これなんかおしゃれでコスパもグッド、って思ったのが上図のカーテン。

 

表面は光沢感ではなく、マットな仕上がりになっていてちょっとめずらしい感じ。

色はピンクベージュなのでやわらかめで、でもクラシカルな雰囲気も残っているという。

 

これだと小窓1つで5,000円くらいですから、かなりお得感があるんです。

 

▲クリックで拡大

レースのカーテンはシンプルなものから、ちょっと特殊な柄、カフェカーテンのようなタイプまでオーダーでできちゃうんです。

 

トータルで考えて、結構イイ感じの商品が揃ってるなーって思ったんですけど、コレだ!っていうものはやっぱり出会えず。

なかなかカーテン選びって難しい。

みーたん
ステキなカーテンがたくさんあったのはわかる。わかるんだけどさ・・・気が進まないっていうか・・・。
あーちゃん
ニトリさんでカーテンを揃えちゃうと、普通というか、他の人とかぶってる感がでちゃう、って心配なんでしょ?
みーたん
うんうん。わたしたちのなかで、コレだ!って思うもので揃えたくない?

----スポンサーさまのPRです^^♪----

U-Lifeさんのレースが華やかでコレだ!

▲クリックで拡大

ニトリさんの目の前に、カーテンじゅうたん王国さんがあったので、ここにも立ち寄ってみました。

 

すると、店内の一角に、やけに派手めなスペースが。

どうやらデザイナーズ系のカーテンが並べられているようです。

 

いやでも、よくよく見てみると、派手なんですけど上品なものもなかにはあって。

 

▲クリックで拡大

で、見た瞬間ビビっときたのが、上図U-Lifeさんのレースカーテン。

 

このレースカーテン、同じようなデザインのものって他メーカーさんでもあると思うんですけど、プリントの部分の造りが全然違う。

 

デザインがプリントっぽくないんです。

デザインが、カーテンと一体化していてとってもキレイなんですよ。

 

▲クリックで拡大

調べてみると、BLOOOM(ブルーム)というシリーズのレースカーテンのようです。

価格はちょっとお高め?小窓1つで8,000円くらいしますからねえ。

 

▲クリックで拡大

裾の部分を、上図のようなウェイトテープ加工もできるみたいで。

ウェイトテープ加工すると、カーテンの折り返しがなくなってスッキリするんです。

 ▲クリックで拡大

レースカーテンの透過度やデザインにもよるんですけど、レースのカーテンがおしゃれだと、上図のような「フロントレース」で窓を彩ることができるんです。

 

ドレープカーテンとレースのカーテンの位置を逆転させているんですよね。

この手法、かなり斬新なので好きです。

 

 ▲クリックで拡大

フロントレースでなくても、上図のようにお気に入りのカーテンクリップで、レースの真ん中を留めてあげれば、レースだけでもかなり華やかなものになります。

 

おしゃれなカーテンクリップがたくさん販売されていますから、ぜひお気に入りの一品、探してみてくださいね。

 

 

これまでは、どのドレープカーテンにしようかなあ、ということを中心に考えてきましたけど、ちょっと考え方が変わりました。

カーテンって、まず「レース」なんじゃないかなあって。

 

今のところ、U-Lifeさんのレースカーテンが、コレだ!って思えるものになりました。

みーたん
U-Lifeさんのカーテン、キレイーーーーー、一気に窓際が華やかに。
あーちゃん
フロントレースかああああ、そういう手法があってもイイよね。斬新で好きだわ。

最後に

カーテンって奥が深いなあって思います。

発想を変えて、レースカーテンにこだわりを持って見ていくと、いろいろと思いつくことがあるかもしれませんよ?

 

これからカーテンを考える人はもちろん、すでにカーテンを付けている人だって、マンションに住んでいる方だって、考えることができるはず。

 

ステキな窓周りに仕上げてくださいね。

これからもステキなインテリアに、出会えますように。

内装インテリア シリーズ記事