U-life(ユーライフ)さんのレースカーテンコーディネートを考えてみる

U-life(ユーライフ)さんのレースカーテンコーディネートを考えてみる

今回のテーマは、

「U-life(ユーライフ)さんのレースカーテンコーディネートを考えてみる

 

注文住宅の内装・インテリアを検討しているわたしたち。

前回、U-life(ユーライフ)さんでお気に入りの一品、レースカーテンを見つけました。

今回は、そのレースカーテンを、色々なカーテンに合わせてみたお話です。

U-life(ユーライフ)さんレースカーテンデザイン

▲クリックで拡大

わたしたちが実際に選んだU-life(ユーライフ)さんのレースカーテンは、上図のもの。品番は、U-8029です。

カーテンとプリントデザインが一体化=プリントされている感がなくて、すっごくキレイなんですよ。

 

わたしたちがお世話になっているカーテンじゅうたん王国さんで、早速いろいろなカーテンに合わせるべく、そのまま1週間、生地を貸してもらっちゃいました。

 

▲クリックで拡大

試しに昼間、今住んでいるマンションにレースカーテンを付けてみると、上図の感じになります。

 

夜は白っぽく見えて、外からも中からも見えないミラーレースになるんですけど、昼間は結構スケスケになって、デザインがキレイに浮かび上がってきます。

やっぱりカーテンって、実際にいろいろなシチュエーションで付けてみないと、わからないものですねえ。

 

▲クリックで拡大

最近では、上図のようなカーテンクリップもたくさん登場していますよね。

コレはカーテンじゅうたん王国さんで売っているものですけど、質感も良くて、実際に付けて見るとコレまたキレイ。

 

わたしたちはほとんどが小窓なので、真ん中をクリップで留めてたらしておく作戦もありかも。

 

ということで、U-life(ユーライフ)さんのレースカーテンを中心に、ドレープカーテンをどうしようか考えてみました。

みーたん
うん!レースカーテンは決定だね!すっごくキレイだもん!しかも意外に安くてビックリ。
あーちゃん
カーテンじゅうたん王国さんなら、店舗によって違うけど、定価から65%割引なんだよな。小窓なら1ヵ所あたり6,000円よ?!

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

早速色々なカーテンにあわせてみる

▲クリックで拡大

最初は、わたしたちが当初考えていた、クラシカル調のカーテンにあわせてみました。

クラシカル調のカーテンって、デザインにゴージャス感があって、海外ホテル「アウトリガー」な雰囲気のオウチを建てる予定のわたしたちにとっては、必須かなあなんて思ってたんですけど。

 

でもでも、このフラワー柄のレースカーテンだと・・・なんかがちゃがちゃしていて・・・。

デザインもの×デザインものだと、どうしてもしつこい感じが否めないですね。

 

▲クリックで拡大

上図はニトリさんで売っているカーテンなんですけど、サイドにフリフリが付いたタイプのもの。

というか、ニトリさんのカーテン、まさかこんなにおしゃれなものまであるなんて、思いもよりませんでしたけど。

 

こういったタイプも、単品で見るとカワイイんですけど、どうしてもお姫さま感が抜けない・・・ホテルライクではないかなあって。

カーテンの質感は、割と好きな感じではあったんですけど。

 

でもどうやら、デザインもの×シンプルもの、のほうがレースカーテンを際立たせることができそう。

 

▲クリックで拡大

やっぱり、上図のように、ドレープカーテンはシンプルなほうがイイかなあって。

夜カーテンを閉めると落ち着きのある雰囲気で、昼間カーテンが開いているときは、レースカーテンのデザインのおかげで、明るい印象になりそうです。

 

▲クリックで拡大

で、結局コレが一番イイかなあと思って落ち着いたのは、なんと既製品カーテン。オーダーカーテンじゃなくて。

カーテンじゅうたん王国さんで、既製品販売・イージーオーダー販売されているものです。

 

落ち着いたブラウンの色合いながらも、やや光沢感があって、光が当たるとツヤ感が増すんです。

それに、うっすら丸いデザインが角度によって浮かび上がるという。

 

イージーオーダーでも、小窓1ヵ所につけるのに3,000円もいかないという安さ。

なのに、遮光1級だし形状記憶もついているし、なかなかのクオリティなんです。

ちなみに、裏地を付けても5,000円程度ですから、やっぱり安い。

 

オーダーカーテンのほうがイイと勝手に思ってましたけど、最近のカーテンはそんなこともないんですね。

みーたん
カーテンじゅうたん王国さんって、既製品でも質がすごく高い気がする。触った感じが。他のカーテン屋さんよりも。
あーちゃん
オーダーカーテンもやっぱりクオリティ高いから、費用も高いってだけでしょ。絶対ココで買ったほうがイイと思うな。

カーテンの付け方にも工夫がたくさん

▲クリックで拡大

上図は、たまたまカーテンを見に立ち寄った、ニトリさんに貼ってあったもの。

ほうほう、って考えさせられる内容なんですよ。

 

カーテンって、ドレープを付けて内側にレースを付けるのが一般的ですけど、最近はそれだけじゃない。

 

たとえば、カーテンの内側にブラインドやロースクリーンを付けたってイイですよね。

そのカーテンだって、ドレープじゃなくたったイイ。

 

▲クリックで拡大

上図も実際に、カーテンじゅうたん王国さんに飾られていたもの。

ブラインドの上にかかっているのは、キレイなレースのカーテンですよ?

 

すごくサーフっぽくて、おしゃれな付け方ですよね。

このスタイルは、ニトリさんにもたくさん展示されていました。

 

▲クリックで拡大

前回記事でお話してますけど、レースカーテンを前にもってくる、フロントレーススタイルだって、すっごくおしゃれです。

 

レースの選び方が非常に重要ですが、これだけでゴージャス感が増しますよね。

 

▲クリックで拡大

カーテンは2枚ずつ、という考えだって思い込みにすぎません。

上図のように、複数種のカーテンを組みあわせてみるのもアリ。

 

種類が違う分、費用は多くかかってしまいますが、大きめの掃き出し窓であれば、何種ものカーテンを組み合わせてみるのもステキです。

 

わたしたちは、カーテン取付は小窓だけだったので、ここまでの工夫はしていませんが、小窓でも工夫できるのか、これからも検討してみたいと思います。

みーたん
うーーーん、考えさせられるよね。色んなパターンが新しく生み出されてるわけだ。
あーちゃん
こういうのも、知ってるか知らないか、で変わってきちゃうよな。窓に直接ステキなウィンドウフィルム貼る、ってのもアリじゃない?

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

カーテン選びも大事ですけど、そもそもどんなスタイルで窓周りを装飾したいか、ということも大事ですね。

 

わたしたちは、カーテンレールもこだわりの逸品を選んでいるんですけど、それだけじゃまだまだ。

窓枠のまわり、そして窓枠のなかだって、おしゃれに使える空間にしたいなあって思います。

 

ステキなカーテン、窓周りを造ってくださいね。

内装インテリア シリーズ記事

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!