2階一戸建てならどんなWi-Fiルーターをどこに設置するか問題

2階一戸建てならどんなWi-Fiルーターをどこに設置するか問題

今回のテーマは、

「2階一戸建てならどんなWi-Fiルーターをどこに設置するか問題

 

注文住宅の内装・インテリアを検討しているわたしたち。

最近オウチスマート化計画のために、アレクサを4台も購入しちゃったんです。

 

けど・・・すっかり忘れていたWi-Fiルーターの存在。Wi-Fi環境が良くないと、スマート化したなんて言えないですしね。

今回は、わたしたちがオウチをスマート化するにあたって、2階一戸建てにどんなWi-Fiルーターをどこに設置することになったのか、お話していきたいと思います。

最初は2階奥にWi-Fiルーター取り付けようと

▲クリックで拡大

上図はわたしたちの1階・2階の間取りで、2階の一番奥、ワークスペースにLANポートを設け、Wi-Fiルーターを設置しようとしていました。

1階はLDKしかないし、普通なら家のど真ん中に置くのが理想ですけど、ど真ん中ってキッチンっていうね・・・

 

そんな場所でコードがごちゃつくのもイヤだし・・・

結局は、割と物がたくさん収納されるであろう、いわゆる書斎的な、2階ワークスペース奥に設置されることになったんです。

 

でもここで思うことは、、、こんな2階の端っこに置いて、本当に逆サイドにまで・1階にまで電波届くのかしら?ってこと。

今はまだマンションだから、10年前に購入したWi-Fiルーターでも何とか使えていますけどね。。。

 

絶対電波が届かないと思うんですよ、2階一戸建てのオウチだったら。だからWi-Fiルーターも早めにイイものに買い替えておこうって。

あーちゃん
壁とか床があると、その分電波って弱くなるよね?大丈夫なのかなあ。ハイスペックなやつを1台買っておけば・・・
みーたん
わたしの実家、1階のど真ん中に置いてあるけど、1台で家中問題なくWi-Fi使えてるけどなあ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

Wi-Fiルーターの性能・機能条件

もうね、、、ルーターなんて、そもそも意識して買ったことないんですよ。

ズブのド素人状態、おそらく10年前だって、店員さんがおすすめしたものを買ったのでしょうね。特に比較・検討もせずに。

 

でもいざ快適な新築のために、って考えると、やっぱり快適でお気に入りのものを設置したいって思って。

特にわたしたちの場合は、2階の一番奥ということで、一定程度の性能も必要になるはずですし。

 

ということで、Wi-Fiルーターを選ぶなら、どんな性能・機能があるのが望ましいのかって考えてみたんです。

と言っても、どのメーカーさんも追随するものなので、大きな差なんてあんまりないんですけどね。

 

▲クリックで拡大

やっぱり速度が欲しい・・・速度がないとやっぱりストレス。なかなか画面が表示されないのは、勘弁してほしい。

上図は、わたしたちが買おうと思っていた、NECさんのWi-Fiルーターですね。

 

パッケージでも一番はじめに大きな文字で飛び込んでくる数字、これが回線速度を表すもの。

大きければ大きいほど早い、もちろん費用も高いんですよね。内蔵されているアンテナの数によって変わるんですって。

 

3階建て用とか4LDKとか、適した間取りサイズも書いてあるので、チェックしておいたほうがイイみたい。

 

▲クリックで拡大

▲クリックで拡大

使っているものに向けて集中して電波を飛ばす、ビームフォーミング機能。

複数台で接続しても快適に使うことのできる、MU-MIMO機能っていうのもあるみたいです。

いやはや調べてみると、色々なことが見えてきます。

 

▲クリックで拡大

オートチャネルセレクトとバンドステアリングという機能があれば、2.4GHzの電波と5GHzの電波をうまく切り替えることで、遠くまで安定的な通信を得ることができるんですって。

 

5GHzの電波は早くて近い場所、2.4GHzはちょっと遅くなるけど遠い場所まで電波が届くようです。

こういった機能も当然のようにあると、2階一戸建てのオウチでも通信が安定しそう。

 

▲クリックで拡大

また、Wi-Fiルーターを交換するなら、その設定方法にも気を使ったほうがイイみたいです。

Wi-Fiルーター1台変えると、今まで使っていたパソコンやスマホ、プリンタなど、すべて再度設定し直しになってしまうんですって。

 

それを防ぐのがルーターのお引越し機能。

いままで使っていたルーターの情報を新しいものに引き継がせるので、機器の再設定がいらないんです。そしてその設定も簡単。

便利なんですね、最近のルーターって。

 

▲クリックで拡大

細かい話ですが、誰がWi-Fiを使っているのかも見える化できますし、使える条件を設定して、子どものWi-Fi接続の管理までできるっていう。

 

恥ずかしながら今までこんなこと、意識したこともありませんでした・・・

確かに、子どもがWi-Fiに接続すると、YouTubeなりなんなりをずっと見てしまって、スマホっこになっちゃいますからね。

 

他にも多くの性能・機能があるんですけど、ザックリ見ていくとこれくらいは把握したうえで、オウチに合わせてどれにするか選ぶべきでしょうね。

みーたん
へええええええ、Wi-Fiルーターなんて・・・買ったことないから知らなかったあああああ!でもせっかく買うんだから、ちゃんと使いこなしてあげないとだよね。
あーちゃん
うんうん、パフォーマンスを把握してあげないともったいないよなあ。

実際に店員さんに聞いてみると・・・2台?!

ということで、早速先の情報を頭に入れつつ、家電量販店さんでどれがイイか聞いてみました。

ここで驚くべきことに・・・・

 

そもそも、2階一戸建てだったら、中継器付けて2台設置したほうがイイと思います、とのこと。

もちろん構造や間取り、Wi-Fiルーターを設置する場所にもよるんですけどね。

 

そもそもパッケージの表示は、あくまでオウチのど真ん中に設置した場合で、構造上電波も割と届きやすい状態で示されているもの。

そして、電波が1本でも建ってれば、それは通信できているとみなされるので、商品表示を鵜呑みにしないほうがイイんですって。

 

▲クリックで拡大

中継器とはどういうことかというと、親機本体から電波を拾って、さらにそこから電波を飛ばす、つまり電波の中継ポイントを造ってあげるもの。

 

Wi-Fiルーター本体って、当然親機としても使えるんですけど、中継器としても使えるってこと、初めて知りました。

 

たとえば、2階に親機を置いてそれで2階をカバー、そして1階にも同じ機種で中継ポイントを造ってあげて、1階をカバーするっていうやり方。

なるほど、これなら確かに家全体をカバーできるかもしれません。

あーちゃん
おおおおおお、もしかしたらこのほうがオウチ全体快適になるかも?!電波つながりにくいって、結構不便なのよね。
みーたん
そもそも2台設置できるなんて、わたし聞いたことないよ。初めて知ったわああああ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

1階を親機にしたほうがイイ?!

▲クリックで拡大

2台設置するっていうことになると、上図のようになるわけです。

2階で親機、1階で中継器を使ってカバーしていくという。

 

でも、ここでも店員さんから指摘があって。

1階親機にしたほうがたぶんイイと思う、とのこと。

 

▲クリックで拡大

1階に親機を置いて、2階に中継器を設置するとは、上図のような感じです。

わたしたちが考えていたパターンと逆ってことですね。

 

なんでわざわざこうするべきなのか。

それは、基本的にWi-Fiルーターの電波は、下よりも上に発信されているから、なんですって。

 

確かに、、、良く考えてみると、下に電波を発信する必要性ってないですもんね。

だから、1階から電波を飛ばしてあげたほうが、2階でも快適につながることが予想されるんですって。

 

ということで、急いで工務店さんに連絡して、LANポートの位置を変更したわけです。1階から2階に。

 

間取り制作段階では、ここで問題ないだろうって決めたことなんですけど、ちゃんとその商品の性能・機能、特性なんかを確認していくと、また違ったことが見えてくる。

Wi-Fiルーターもインテリアの一部なわけですから、何を選ぶのか、どこに設置するのか、よくよく考えないとダメですね。

みーたん
すでに配線が仮で通っちゃってたけど、まだ大丈夫だよね?!内壁張られてないしさ!ギリギリのタイミング!
あーちゃん
インテリアを早く早く考えてあげることで、いろんな場所修正してるよね。大事だわーーーー先に考えておくことって。

最終的に購入したWi-Fiルーター

▲クリックで拡大

最終的に店員さんから勧められた、コスパのイイWi-Fiルーターが上図のバッファローさんのもの。

速度が速いのに、わたしたちが買ったときは1万円くらいでした。

 

NECさんの同じ速度のWi-Fiルーターだと、もっと多くの機能が付いているんですけど、15,000円以上するんですよね。

1台ならまだしも、2台ともなるとちょっと予算的になって思って。

 

それに、、、一般的なルーターってどうしてもブラックやホワイトのカラーが多いんですけど、このバッファローさんのは、シャンパンゴールドカラーでインテリアにとっても馴染むところもお気に入りポイントの1つ。

 

▲クリックで拡大

バッファローさんのWi-Fiルーターは、先にもお話したバンドステアリング機能は有していないタイプ。

速度は同じですけど、このあたりの機能がないことで、価格も抑えめに造られているのかもしれませんね。

 

でも実際今住んでいるマンションで使ってみると、、、

早い早い、しかも遠くまで届くし、電波が少ないところでも、前使ってたものよりもはるかに速い。

 

これを一戸建ての1階・2階に1台ずつ置けば、きっと問題ないだろうなって思えるくらいです。

ちなみに、わたしたちが迷った2機種は以下、参考にしてくださいね。

 

みーたん
てっきりNECさんのにするかと思ってたから、真っ黒なやるになるのかなって思ってた。シャンパンゴールドなら、わたしたちのクロスにも合うね!
あーちゃん
そうそう。性能・機能も大事なんだけど・・・デザインも大事だなあって思ってさ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

注文住宅を建てているのに、まさかWi-Fiルーターまで色々と調べることになるなんて思いませんでした。

 

でも逆を返せば、注文住宅を建てるおかげで、色々な知識が身に付くってこと。

 

オウチを構成しているもの、置いてあるものなど、すべて把握していることが、オウチ全体への愛情につながるわけですからね。

真剣に調べて考えることは、決して損じゃないってことです。

 

インターネットに情報なんていくらでも載っていますから、ぜひ一度考えてみてください。

イイ感じのWi-Fiルーターで、オウチをスマート化できたらかっこいいなあああああなんて。

 

ステキなオウチに仕上がりますように。

スマートホーム シリーズ記事

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!