IKEA(イケア)さんの人感センサースマート電球はコスパグッドだけど注意点も

IKEA(イケア)さんの人感センサースマート電球はコスパグッドだけど注意点も
LINEで送る




今回のテーマは、

「IKEA(イケア)さんの人感センサースマート電球はコスパグッドだけど注意点も

 

注文住宅の内装・インテリアを検討しつつ、スマートホーム化についても調べを進めているわたしたち。

 

前回、IKEA(イケア)さんの「トロードフリ」というスマート電球についてお話しました。

今回は、その中でも人感センサー電球は、コスパグッドですごく便利だったってお話です。

人感センサーキットはコスパグッド

IKEA(イケア)さんの一番のおすすめ商品はスマート電球「トロードフリ」▲クリックで拡大

イケアさんのトロードフリという電球には、人感センサー、正確にはモーションセンサー付きの電球キットがあるんです。

 

付属品は電球とモーションセンサー、ボタン電池2個、そして接着用シールだけ。

説明書もあるので、電池を入れるのもドライバー1本で開け閉め簡単、接着テープでどこにでも接着できるんですよ。

 

イイところは、やっぱり電球とセンサーが分離しているところ。

電球とセンサーを連携させることで、ワイヤレスで電波を飛ばして電気をつけてくれんです。

 

さらに、アレクサのようなスマートスピーカーと接続しなくても使えるっていうね。照明器具だけあればイイんです。

 

 

▲クリックで拡大

人感センサー付き電球って、一般的には上図のようなタイプでしょうか。

電球の先端にポッチがついてて、そこがセンサーになっているってこと。

 

つまり、電球そのものがセンサーになっている、一体化しているんですよね。

このほうがセンサーいらないから便利って思いがちですけど・・・・

 

▲クリックで拡大

たとえば、上図のような照明器具、これをわたしたちはトイレに設置しようかなって思ってるんです。

 

何が言いたいのかって、電球のまわりが囲まれちゃってる照明器具の場合、電球とセンサーが一体化しているものだと、センサーが反応しにくいんですよね。

 

使う照明器具によっては、このように適さない場合もあるってこと。

 

でもセンサーと電球が分離している場合は、その問題が解消されるわけ。

わたしたちにはピッタリな商品だったんです。

 

それでいて気になる価格がセットで2,999円ですから、すっごいコスパがグッド。

トイレだけじゃなく、玄関だって同じように設置できますから、場所を選びません。

 

▲クリックで拡大

上図の明るさセンサーのスイッチなんか、パナソニックさんにありますよね。

スイッチがセンサーになっていて、この付近を通ると自動で点灯するっていうもの。

 

でもね、これを各所につけてたら、照明配線・器具費用がバカにならないわけですよ。

市販でも1つ6,000円くらいしますし、電気工事を伴うとすると、その作業費だってかかってくるわけですから、10,000円を超えちゃいます。

 

それが2,999円ですよ?!しかも自分で取り付けることができるし。とってもお得なんです。

みーたん
注文住宅を検討し始めたころは、こんなにコスパ良く設置できるなんて知らなかったよ。。。しかもそれがイケアさんの商品なんて。
あーちゃん
ボクも最近知ったんだもーーーん。でもさ、やっぱり電球だから、照明器具を選ぶよね。

引っ掛けシーリングが望ましい

▲クリックで拡大

廊下や玄関などの共有スペースを、安易に「ダウンライトでイイや」で片づけるのはもったいない。

というか、先のモーションセンサーが使えないんですよ。

 

上図のような引っ掛けシーリングタイプにしておけば、どんな照明でもほとんど設置できるじゃないですか。

 

▲クリックで拡大

玄関に上図のような電球タイプの照明器具を設置すれば、イケアさんのものを付けられるのに。

3つの電球だったとしても、すべてペアリングして一斉に点灯してくれるんです。

 

センサーを働かせたいと思う場所は、ダウンライトじゃなく引っ掛けシーリングにして、好きな照明をモーションセンサーにするほうが、おしゃれだし便利だと思いませんか?

 

ハウスメーカー・工務店さんから提示される配線計画なんか見ると、共有スペースにダウンライトを設置するパターンが多い気がします。

それは一般的にはこうです、っていう提案であって、自力のプチスマートホーム化を意識したものではありませんからね。

 

あらかじめ自分で理解して、こうするって決めておかないと。

みーたん
あぶなーーーーい!わたしたちはもう配線済だけど、玄関と1階・2階トイレは引っ掛けシーリングにしてたよね?!
あーちゃん
そうそう、危なかったあああああああ、でもね、2階廊下がダウンライトなんだよおおおおおおおお、せめてダクトレールを設置して、スポットライトにすれば良かったももももも。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

スマートスピーカーとセンサーを同時には使えない

▲クリックで拡大

最近スマート化する第一歩として、アレクサを3台も購入したんです。

スマートスピーカーだから、照明だってアレクサから音声操作できるじゃないですか。とっても便利。

 

で、スマートスピーカーにも接続できて音声操作もできる、さらにモーションセンサーとも連動する、、、

つまり、明るさを変えたり意図的に点灯したりすることも音声操作できて、動きにも反応して自動点灯してくれるって・・・

 

思ってたんですけど、それは残念ながら不可能でした。

 

アレクサとペアリングしたらアレクサにしか反応せず、モーションセンサーとペアリングしたらモーションセンサーにしか反応せず。

 

これってなかなか難しい問題だと思うんです。

問題?モーションセンサーにしておくか、それともアレクサとつないでおくか、どっちにするかは難しい問題ってことです。

 

▲クリックで拡大

上図はアレクサを操作・管理するアプリなんですけど、丸の部分を押せば、屋外からでも音声操作できちゃうんですもん。

 

たとえば、帰ってくる前にスマホから、「玄関点けて」とか「もうすぐ着くよ」と伝えておけば、玄関やリビングまで点灯している状態だって造りだせるわけで。

アレクサは何台持っていてもイイわけで、玄関にも置いて、「アレクサ、ただいま」って言ったら点灯してくれるのでもイイですよね。

 

なんとなくですけど、モーションセンサーって無機質というかなんと言うか。あんまり好きになれないんですよおおおお。

「アレクサ、〇〇〇〇して」って言ったものに対して、電気や音楽を付けてくれるほうが、なんとなく対話している感じで温かみがありませんか?

 

確かに言葉を一言発する分、それは手間と言わざるを得ないんですけど、それでもアレクサに点けてもらうほうが、愛情や愛着を感じれてイイかなあって思っちゃうんです。

みーたん
トイレ入るのにも、「アレクサ、2階トイレ点けて、消して」っていうのね。まあ、、、、うーーーーん。どうだろう・・・便利なのかなあそれ。
あーちゃん
人感センサーは便利だけどさあ。イチイチ言葉を発するほうが、愛情深まるんじゃない?
みーたん
夜中とか起きてトイレいくとき、アレクサって発声しないとダメじゃん。うーーーーーん笑。

調光するならバラ買いしかない

▲クリックで拡大

トロードフリの電球、そしてモーションセンサーは、セットで2,999円というお話をしました。

確かにすごい安いんですけど、ちょっとしたカラクリがあって。

 

電球に安いものを使っているんですよね、セットの場合だと。

具体的にどう機能が違うかって言うと、調光できない=明るさを調節できないんです。

 

スマートスピーカーやイケアさんのリモコンと接続しない方は、そのまま2,999円のセットで問題ありません。

 

でも実は、モーションセンサーって調光できるタイプの電球、同じトロードフリのシリーズだったら1個1,799円や2,499円のものも、接続できるわけで。

調光だってできるんです。

 

ただし、モーションセンサーのペアリングを一度解除して、スマートスピーカーやリモコンと接続し直さないと無理なんですけどね。

でも意外にコレって大事かも。

 

▲クリックで拡大

玄関やトイレ、もうちょっと暗いほうが・明るいほうがイイなって思うこともあるかもしれません。

試しに今住んでるマンションの玄関前に置いてみたんですけど、結構な明るさで目が痛かったんですよ。

 

そういったときは、あらかじめスマートスピーカーやリモコンで明るさを調節したうえで、再度モーションセンサーに接続し直せばイイんです。

設定した明るさは、モーションセンサーに接続し直したときでも有効ですからね。

 

バラ買いの場合のほうが費用も高いのは高いんですけど、それでも800円程度ですから。

スマートスピーカーやリモコンも持っている方は、バラ買いのほうがイイと思いますよ、それでもコスパ十分です。

あーちゃん
バラ買いしておけば、モーションセンサーとのペアリング解除したあとは、調光機能付きのスマート電球として普通に使えるしね。
みーたん
玄関とトイレで試してみようよ、どっちがイイかってさ。アレクサって呼んで点けてもらうか、それとも人感センサーで自動点灯させるか。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

最後に

しかしイケアさんのトロードフリシリーズの電球は、本当に扱いやすいし設定も楽ちんですばらしいと思います。

 

海外ものって、説明書がややこしかったりわかりにくかったり、イヤになることが多かったんですけど。。。。

ホームページにはQ&Aも掲載されてますし、解説動画も掲載されているので安心。

 

まずはそれを見て、なるほど!って思ったら、購入してみるとイイと思いますよ。

ちゃんと理解してから買わないと、あとで失敗したあああってなりますからね。注意してください。

 

おしゃれにスマートホーム化できますように。

スマートホーム シリーズ記事