塗り壁・ジョリパットの外構費用ってどれくらい?どうせならおしゃれに

塗り壁・ジョリパットの外構費用ってどれくらい?どうせならおしゃれに

今回のテーマは、

「塗り壁・ジョリパットの外構費用ってどれくらい?どうせならおしゃれに

 

注文住宅の内装・インテリアを検討しつつ、外構プランを進めているわたしたち。

 

わたしたちのお庭の壁、塗り壁・ジョリパット仕上げにする予定なんですけど・・・これまたなかなかの費用が💦

今回は、塗り壁・ジョリパットの外構費用について、お話していきたいと思います👍

 

あと一歩のところまできた外構プランは↓↓の記事をご覧ください👍

ロイヤルハワイアンガーデンな外構・お庭プラン。芝生とのコントラストが重要

ロイヤルハワイアンガーデンな外構・お庭プラン。芝生とのコントラストが重要

2019年2月4日

わたしたちの塗り壁・ジョリパットの壁

上図は、実際にプラニングを進めている、わたしたちのお庭の壁。

神奈川県・湘南・茅ヶ崎で、海に割と近い場所にオウチを建てるので、シャワーブースなんかも造っちゃったりしています😊

 

ピンクカラーは、ハワイのロイヤルハワイアンからとっていて、穴空きブロックは、沖縄で造られている花ブロックを使おうかなって。

 

壁の高さは場所によって違うんですけど、だいたい1,600mmから1,800mmくらい、壁の長さは8mくらいでしょうか💡

それに加えて、花壇の部分が約3mくらいですね。

 

 

ちなみに、壁を裏面から見るとグレーなんです。

裏面は隣家に接しているので、景観の問題もあるでしょうから配慮してこの色に👍

 

ピンク色はジョリパット仕上げになっているんですけど、このグレーの部分は左官下地を塗るだけの対応なんですよ。

 

ということで、こんな仕様にする場合、壁費用でどれくらいかかるのかを見ていきます💡

 

みーたん
わたしたちのお気に入りのロイヤルハワイアンガーデン、すっごく仕上がりが楽しみ!だけど、やっぱり高いわああああああ!圧倒的に予算オーバー
あーちゃん
うん。壁が圧倒的に高い。みんなよく壁建てれるなあああ。

 

花ブロックの外構費用については↓↓の記事をご覧ください👍

花ブロックの外構費用ってどれくらい?沖縄から取り寄せですよ

花ブロックの外構費用ってどれくらい?沖縄から取り寄せですよ

2019年2月4日

塗り壁・ジョリパットの外構費用って

もう一度同じ写真を掲載しますが・・・まああああ結構広め・しかも高めに造られているなあって思います。

 

花ブロックの両脇には角柱みたいに厚みがあって、そこにニッチまでついちゃってますからね💦

シャワーブースの上は、まあるい形状になってますし。

 

とりあえずここでは、あくまで塗り壁のみの費用ということで。

  • ブロック基礎8m 68,720円
  • 花壇基礎3.2m 16,480円
  • 角柱基礎2カ所 14,720円
  • 下地ブロック材工13.5㎡ 129,060円
  • Rカット加工2m 10,300円
  • 裏面下地左官12㎡ 31,800円
  • ジョリパッド材料2缶 23,540円
  • 表面ジョリパット施工12㎡ 67,080円
  • 合計 361,700円

ということでした。

 

ん????なんか自分たちで確認してて思ったんですけど・・・そこまで高くなかったっていう・・・😲

というのも、このお庭の施工費・・・トータルで税込み約120万円かかるんですよ。

 

なのに、、、壁だけで361,700円って、じゃあ他にかかっているものが多いってことか💦

 

 

そうでした、、、他にもたくさんかかるものがあったんだった・・・・

    • シャワー器具と接続 約150,000円
    • 花ブロック施工 約160,000円
    • ニッチガラスブロック 約10,000円
    • 照明2灯とタイマセンサー 約90,000円
    • 人工芝施工 約190,000円
  •  

これに壁の費用が加わって、諸経費や税金が加わって、最終的に約120万円になる・・・😢

 

はあああ高いですねええええ。

とまあ、全体の費用の話はおいておいて、ジョリパット仕上げの費用の話です。

 

あれくらいの高さと幅で約36万円って・・・思ったよりも高くなかったですねえ、よくよく計算してみると。

そのうちジョリパット費用が約10万円くらいでしたから、普通にブロックを積むだけだったら、ジョリパットでおしゃれに飾ってあげるが、やっぱりイイのかなって✨

 

というか、、、ブロック材工費用と下地造り費用がめちゃ高い・・・ここのせいで壁を建てるのって高く感じるんですね。知りませんでしたよ😢

 

みーたん
ってことは、、、壁を建てる幅や高さのほうが費用には関係するってことで、ジョリパット塗り仕上げにはあんまり影響ないのかもね。
あーちゃん
だろうな、確かに、ブロック積んでいく作業って見たことあるけど、すっごく地味というか地道というか・・・・コツコツ積んて行く感じだったよね。一番手間がかかるんでしょきっと。

 

屋外コンセントについて考えたことは↓↓の記事をご覧ください👍

お庭にエクステリアライトを付けるなら屋外コンセントが必須

お庭にエクステリアライトを付けるなら屋外コンセントが必須

2018年11月27日

ジョリパット壁?フェンス?

上図は、最初のほうに提案されたプランなんですけど、今とはまったく違いますよね。

お庭を背のある程度高いフェンスで囲んでいる感じ。

 

迷ったんですよ、フェンスで囲うのか、それとも壁で囲むのかって。

これでも全然成立する話じゃないですか。

 

でもね、、、、、フェンスって、、、、普通。特に愛情も湧かない。

愛情がわかないものを、わざわざ費用をかけて設置するのかって思うと、すっごくげんなりしたんです💦

 

それに材工費だってなかなかのもので、結局30万円くらいかかるんですよ😲

家の見えちゃう部分を囲もうとしたら、全部で160万円するって言われて。フェンスに160万円、それはありえない・・・😨

耐久性がいいのはわかるけど・・・

 

 

▲クリックで拡大

ただジョリパットだって、おしゃれである反面、デメリットはある💦

経年劣化が当然あるものでメンテしなくちゃいけないとか、壁であるがゆえ風の通りが変わるとか、圧迫感があるとか。

 

せめて風通しとか圧迫感を解消するために、花ブロックを付けたりはしていますけどね。

あとは屋外シャワーもあったので、わたしたちは結局壁を選びました。

 

外構業者さんの提案を鵜呑みにするのではなく、ぜひ自らが「コレはどう?」「アレはどう?」って提案してみてくださいね😊

意外にもコスパイイ方法が眠っているかもしれませんよ👍

 

あーちゃん
あぶなかったなあああああ、フェンスにしてたら、費用の無駄感がすごくてイヤだったもん。
みーたん
ピンクの壁なら、インスタ映えしちゃうよね笑。そういう意味でも楽しめるし、やっぱり愛情を持てるほうにお金をかけるべき!

 

外観が決まったときのお話は↓↓の記事をご覧ください👍

外観コーディネートは破風・軒天・水切りカラーも大切な要素の1つ。外観の完成です

外観コーディネートは破風・軒天・水切りカラーも大切な要素の1つ。外観の完成です

2018年11月6日

最後に

ようやく外構プランもおおかた詰まってきて、あとは細かい素材を確定するだけのところまで来ました。

これまでに5回くらい行ったかな💡

 

そういえば、わたしたちがいつも車で通っている道に新築のオウチが建ったんですけど、完成から2ヵ月くらい経つのにまだ外構が入ってなかったんです。

 

家のまわり、まだ土の状態ですよ?!信じられない・・・・

併行して色々なことを考えて進めておかないと大変ですね💦

 

 

▲クリックで詳細を確認

コスパも考えながら、早めに外構業者さんを選びましょう。

わたしたちも利用したタウンライフさんから依頼すれば、色々な業者さんと無料でコンタクトが取れます。

 

情報収集って、とっても大事ですよ?色々な方から話を聞いてみてくださいね。

申込手順については↓↓の記事をご覧ください👍

「タウンライフ」さんで一括比較!着工した次は外構の検討へ。その申込手順について

「タウンライフ」さんで一括比較!着工した次は外構の検討へ。その申込手順について

2018年11月15日

 

【更新しました】完成した外構プランは↓↓の記事をご覧ください👍

ロイヤルハワイアンな外構プラン決定!費用もあわせて大公開!

ロイヤルハワイアンな外構プラン決定!費用もあわせて大公開!

2019年2月18日

 

【更新しました】完成した外構の仕上がりは↓↓の記事をご覧ください👍

【入居後3ヵ月WEB内覧会】ロイヤルハワイアンな外構がついに完成しました!

【入居後3ヵ月WEB内覧会】ロイヤルハワイアンな外構がついに完成しました!

2019年8月1日