痛恨のミス?!お風呂・浴槽の向きにご用心

痛恨のミス?!お風呂・浴槽の向きにご用心

今回のテーマは、

「痛恨のミス?!お風呂・浴槽の向きにご用心

 

注文住宅が徐々に形を成していくなか、ようやくお風呂が入りました。

 

カッコイイ~~~~~~と思っていたのもつかの間💦

お風呂・浴槽の向きが・・・思っていたのと・・・違うっていう😲

 

今回は、お風呂・浴槽の向きについて、痛恨のミスをしたかもしれないというお話です。

わたしたちのお風呂と生活イメージ

▲クリックで拡大▲

上図は、実際にわたしたちが決めたお風呂プランです。

TOTOさんのサザナSタイプを基準に、ダウンライトや暖房、ガラスドアなどのオプションをふんだんに使ったもの✨

 

壁面パネルがアースブラック、バスタブや天井はホワイトと、モノトーンな感じ、ホテルライクを意識した仕様になっています。

 

で、ようやくお風呂が設置されてたんですよ、注文住宅に。

上棟から2ヵ月と2週間くらいのこと。

 

 

▲クリックで拡大▲

まだ建築中ですから出来上がっているわけじゃなく、ただはまっているだけ、でしたけどね。

それに段ボールでまだ保護されているっていう状態。

 

でも、予想通りとってもおしゃれな仕上がりになっていて、早く入りたいなあああああってワクワクがとまらない💕

 

 

▲クリックで拡大▲

上図はわたしたちの2階の間取り、お風呂の大きな窓がバルコニーに接していて、お風呂に入りながら屋根付きインナーバルコニーを眺められる設計になっているんです。

 

バルコニーには上図右サンデンファニチャーさんの屋外家具を置いたり、ストリングスライトを付けたり、植物を置いたりと、おしゃれなアウトドアリビングにする予定✨

外とのつながりを感じながら、ゆったりとした音楽をかけてお風呂に入れるなんて・・・最高💕

 

 

▲クリックで拡大▲

 ▲クリックで拡大▲

ちなみに、屋外家具は上図のような配置になる予定。

お風呂の窓からも眺められますよね。

 

窓を開けちゃえば、お風呂とバルコニーで会話することだってできちゃうんです。なんか楽しそう😊

 

とまあ、こんな生活をイメージしていました。

あーちゃん
お風呂、、、ブラックカラーすごいかっこいいわ!ビックリした!窓も大きくて最高だね!
みーたん
バルコニーとつながってるお風呂なんて見たことないよーーーー!これは夢のあるプランだなああああ!

でもお風呂・浴槽の向きが・・・逆?!

▲クリックで拡大▲

でも痛恨のミスポイントがそこで発覚しちゃって・・・・😢

 

そもそも、インナーバルコニーに置いてある屋外家具の方向を見るには、頭が上図の位置にこなければいけない。

逆だと角度的に見えないですからねえ。

 

なのに・・・・なのに・・・・やっちゃった・・・・💦

 

 

▲クリックで拡大▲

実際は、上図のカタチになってるんです、お風呂。

頭側にしようと思ってた方向は、追い炊き口、お湯が出てくるところがあるっていう・・・・😵

 

これじゃあ・・・インナーバルコニー側見えにくいじゃないの・・・💦

 

確かに原理を考えればあたりまえで、水栓器具側に追い炊き口もあるんですよね、そこが配管でつながってるわけですから。

 

 

▲クリックで拡大

上図もTOTOさんのお風呂ですけど、右側がわかりやすい。

 

やっぱり、、、水栓器具側に追い炊き口がきてますよね・・・

これが基本スタイルなんですよ・・・・😟

 

 

▲クリックで拡大▲

注文住宅が完成するまではマンションに住んでるんですけど、やっぱり同じこと。

今まであまり意識してなかったけど・・・水栓器具と同じ側に追い炊き口があるんです💦

 

 

 ▲クリックで拡大

確認してなかったのか?!って・・・確かに、、、浴槽の向きまで確認していなかったような・・・

 

でも、図面とかはちゃんと見てたんですよ?

何がどこにどの高さで設置されるって・・・それは完璧だったんですけど・・・なぜか浴槽の向きだけはノーケア💦

 

というか、図面に追い炊き口の方向とか、、、書いてないんですけど?!!

書いてあれば絶対に気付いたはずなのに。。。😢

 

すでに鏡とかフロフタフックまでついちゃてますから、修正不可能状態なんですけど・・・まあ、、、入り方を工夫するしかないかああああ。

絶対言っておけば逆にできたはずなのに!!!!悔しい😱

あーちゃん
カラーとか設備、仕様にばっかりこだわって、根本の部分に目が行っていなかったっす・・・・ゴメン。
みーたん
そんなたいしたことないよ思うよ?逆に入ればイイだけじゃん?ちょこっと背中に違和感があるかもしれないけど笑

クレイドル浴槽だったのでつぶしはきく

▲クリックで拡大

わたしたちの選んだ浴槽は、クレイドル浴槽っていうゆりかご状のタイプ。

色々と調べていくと、どうやら最近のお風呂って、親子で入っても大丈夫なように、形状が左右対称で造られているようです👍

 

なので、追い炊き口のほうを背中にしても、一応違和感なくお風呂に入れるようになっているみたい。

ワイド型でもスクエア型でも、それは同じのようですね💡

 

 

▲クリックで拡大

ただし、段差のあるラウンド型だと、どうしても入る方向が固定されちゃうので注意。

でもあえて反対側に座って、半身浴しながらバルコニーを眺めるってことができるはできるんですけどね。

 

それにラウンド型って、子どもを入れるときにはこの段差のおかげで楽ちんみたい💡

 

 

というか、そもそもお風呂・浴槽にどっちを向いて入るか、なんて決まりはないんです。

なぜか固定観念で、追い炊き口のあるほうに足を伸ばすっていうのが染みついているという💦

 

あとは気の持ちようかなああああ、みなさんはきちんとショールームで確認してくださいね。

右利きの人が使いやすいとか、左利きの人が使いやすいとか、お風呂の配置によっては変わってくることもあるみたいですから👍

みーたん
まだミスだって決まったわけなじゃないよう、だって、実際に入ってみるまでわからないもんね!
あーちゃん
そりゃそうだああ。そもそもミス以上に、お気に入りのお風呂ができるって嬉しさのほうが大きいしね!早くお風呂に入りたい!

最後に

たくさんの時間を費やして、細かい部分まで考え抜いたつもりなんですけどね、行き届かない部分はやっぱり出てくるものです。

注文住宅は自由に設計できる分、そこがすっごく難しい😟

 

でもやっぱり、、、楽しいですね。

 

これまでの人生、お風呂の向きなんて意識したことありませんでしたもん。

もはや失敗すら愛情に変わる、それが注文住宅なのでしょうね💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!