Xiaomi(シャオミ)さんのMi band・体組成計の初期設定と使い心地

Xiaomi(シャオミ)さんのMi band・体組成計の初期設定と使い心地

今回のテーマは、

「Xiaomi(シャオミ)さんのMi band・体組成計の初期設定と使い心地

 

あまりに最近太りすぎて、まずはちゃんと現状把握しようということで購入した、Xiaomi(シャオミ)さんのスマートウォッチMi band、そしてスマート体組成計。

 

これがまた、かなり使えるなあって思って。

今回は、その初期設定の方法や使い心地について、お話していきたいと思います。

「Mi band3」と「スマート体組成計」

わたしたちが購入していたのは、上の2商品ですね。

Mi band 3というスマートウォッチに、スマート体組成計ですね。

 

数あるもののなかから、なんでこれを買ったかって?

どちらも1つのアプリで一括管理できるからです。

 

 

▲クリックで拡大▲

それが、上図のMi Fitアプリ。

スマートウォッチはスマートウォッチのアプリ、体組成計は体組成計のアプリ、なんて、なんか非効率ですし。

 

1つにまとめたほうが管理も楽ちんですからね。

ということで、今回はこれらの初期設定と使い心地についてです。

あーちゃん
ないんだよね、スマートウォッチと体組成計が1つで管理できるのって・・・だからシャオミさんのにしたけど。まああああ、割と安っぽい感じもする。
みーたん
そもそも価格だって安めだしね、手軽に買える感じ。でもまあ、いったん使ってみないと何とも言えないじゃん。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

Mi band 3とアプリの初期設定

▲クリックで拡大▲

Mi band 3を開けてみると、上図のとおりです。

本体にバンド、専用充電器に説明書。

 

なんかすっごいシンプル。スマートウォッチって・・・・こんなふうになってるのですね。

本体部分とバンドは別物だと。バンドに本体部分をはめ込んで使うみたい。

 

 

▲クリックで拡大▲

とりあえず、商品が届いたばかりのタイミングでは、充電はほぼ空の状態ですので、まずは充電充電。

わたしたちの場合は2~3時間くらい充電したかな?

 

 

▲クリックで拡大▲

そしてまずは、アプリの設定をするとのこと。

Mi Fitアプリをダウンロードして、言語を選び、サインインを進めていきます。

 

サインインはどの方法でも構いませんが、めんどうだったので、わたしたちはグーグルさんのアカウントでログイン。

このほうが早いためです。

 

 

▲クリックで拡大▲

認証が終わりアカウントが連携されると、次に自分のプロフィールを簡単に入力します。

ニックネームはあくまで呼び名にすぎませんので、なんでも構いません。

 

設定が終わると、今度はどの機器をアプリに連携するか、の画面に移行します。

 

今はMi Fit 3というスマートウォッチ、と言ってもここでは「バンド」を選択。

 

 

▲クリックで拡大▲

すると、BluetoothをONにしてくださいと表示されるので、スマホの設定でONにします。

Mi bandを近づけると、ブルっと振動がありますので、そのタイミングで本体のボタンをタップ。

 

ペアリングが開始されて、アプリとの連携が完了しますよ。

すると、アプリでMi band 3のデータが連携されるようになります。

 

 

▲クリックで拡大▲

トップ画面で、Mi band 3をもっと知る、っていうところ押すと、使い方が表示されますので、念のため見てみてください。

 

本体の画面を、指で上下左右にスワイプすることで、表示を切り替えれます。

また、ボタンをタップすることで、トップ画面に戻ったり、機能をスタート・ストップさせることができるんですよ。

 

使い方は以上、あとは触っていれば、何がどこに表示されるかわかるレベルなので簡単です。

 

 

▲クリックで拡大▲

そうそう、最初に立ち上げてすぐに、本体のアップデートが始まります。

この間はおとなしく待つしかないっていう。

 

特にフォントのアップデートが、なぜかやたら時間がかかりました。

なかなか終わらないもんだから、30分は放置しておいたと思いますよ。

念のためお伝えしておきます。

 

 

▲クリックで拡大▲

バンドの完全に同期したら、バンドそのものの設定をアプリから行って終わりです。

プロフィールから登録している機器を選び、機能の下のその他を押すと、すべての項目が出てきます。

 

ここで設定しておけば、着信やアラーム、メールやアプリの通知でも、Mi band 3をブルブル振動させてくれるので、すっごく便利ですよ?

 

あとは、座りすぎていると通知してくれたり、バンドがどこ行ったかわからないときに、振動させてその場所を探してくれたりって機能もあります。

手首を上にあげる動作をすると、自動で液晶を表示してくれたりってのも。

まずは触ってみてください。

みーたん
設定の何に時間がかかったって・・・・アップデートだよね涙。それ以外はスムーズにできたけどさ。
あーちゃん
確かに。でもまあ、設定も機器の操作も、結構シンプルだから助かったよ。複雑だとわけわからなくなるしなあ。

スマート体組成計の初期設定

▲クリックで拡大▲

さて、今回同時に購入している、スマート体組成計もあわせて設定しちゃいます。

 

上図は本体の写真ですけど、、、うっすいんです、これがまた。今どきの体重計って、こんな感じなのかっていう。

充電ではなく、単4電池を入れてすぐに動作してくれますよ。

 

どうやら、4つの銀色の部分に足を乗せて、体重だけでなく、水分量や骨量、内臓脂肪量まで計測してくれるみたい。

 

 

▲クリックで拡大▲

設定は非常に簡単で、先ほどのプロフィール画面から、デバイスを追加ボタンを押します。

そして、追加したいデバイスである体組成計を選択して、あとは体重計に乗るだけ。

 

すると連携が終わって、トップ画面から体重とボディスコアを確認できるようになる。たったのこれだけ。

Mi band 3と比べると、とっても簡単に終わりますね。

 

そうそう、わたしたちのように複数人で使うときには、アプリを開きながら体重計に乗ってくださいね。

でないと、夫の体重が妻のアプリに反映されちゃったり、その逆に減少が起きちゃったりすることがあるので。そこだけ注意しておきましょう。

みーたん
スマート体組成計は乗るだけ、だもんね。しっかし、Mi band 3の情報と、体組成計のデータが1つのアプリで管理できるのは、やっぱり便利だなあ。一気に確認できちゃうし。
あーちゃん
うん、そこが気になって買ったものだからね。データとしては、体組成計のほうがおもしろいなあ。歩いた歩数とかよりも、気になるのは体重とか体脂肪の結果っていうね。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

使い心地・感想は

まずはMi band 3をしばらく使ってみて思ったこと、

  • メールや電話の通知が振動でわかるので便利
  • 通知だけでなく、メールなどの内容も一部見れるので便利
  • 本体も軽く付け心地もイイ感じ
  • 睡眠時間が測れるのが便利

ということろでしょうか。

 

ただ怖いのは・・・傷つきやすいっていう・・・・

ちょっと固い壁にあたっただけで、表面が傷がついちゃいましたよ・・・。

 

 

▲クリックで拡大▲

ちなみに、保護フィルムを貼ってあっても・・・1週間も経つと、ちょっとずつはがれてきちゃうっていうね・・・悲しい。

 

洋服に引っかかったり、取るときにひっかけちゃったりしていると、どうしてもこうなる・・・取り扱いには要注意です。

 

どちらかと言えば、スマート体組成計のほうが、わたしたちは好きかなあって。

だって・・・全部データ化されるんですよ?体の今の状況を。

 

 

▲クリックで拡大▲

しかも上図のように、グラフや解説までご丁寧について・・・。

自分が今、標準なのかそれ以上なのかまで、わかるようになるっていう。

 

データ化されるって・・・もうね、太っちゃったわたしたちにとっては恐怖ですよ。

そういう意味では、スマートウォッチで歩数を確認するよりも、よっぽど精神的に効果のあるものだと思います。

 

とりあえず・・・現状を打開するため、わたしたちはリビングのど真ん中に体組成計を置いています・・・戒め。

 

まずは自分の状況を確認するところから、ですよね。

価格も買いやすいライン、コスパはイイと思うので、ぜひ使ってみてください。

 

継続は力なり、スーパーブレードも購入したことだし、毎日やってみよう・・・・

 

みーたん
毎日乗っちゃってるよわたしも・・・だって・・・痩せないんだもんーーーー!常に恐怖!
あーちゃん
毎日自分がどんな状況にあるのか、把握すること大事。もうね、食欲も失せてくるわ涙。

最後に

スマートウォッチとスマート体組成計、意外に便利でビックリしました。

これで痩せればイイなああああって願うばかりです・・・

 

ところで、スマートウォッチと言っても、やっぱりわたしたちが買ったものって、デザイン性にはちょっと欠けるかなとも思うわけです。

それに、時計機能もあるものの、時計機能として使うのもウーーーーンという・・・

 

そう思われたら、Mi band 3の上位機種、Amazfit Bipを購入するのもありだと思いますよ。

液晶も大きいから時計としても使えますし、デザイン性もMi bandよりも高いですからね。

 

販売業者さんに確認しましたけど、ちゃんとスマート体組成計とも連動するようです。

 

お好みの商品、探してみてください。

ステキなデジタルライフを。

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会をご覧いただければと思います。

 

 

WEB内覧会一覧ページは、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!