ロードバイク初心者夫婦。アクセサリーを探すサイコン編

ロードバイク初心者夫婦。アクセサリーを探すサイコン編

今回のテーマは、

「ロードバイク初心者夫婦。アクセサリーを探すヘルメット・グローブ編

 

神奈川県・湘南エリアの注文住宅に入居後、どうしても気になっちゃったロードバイク💕

初心者ながらロードバイク本体を決め、アクセサリー探しに突入です。

 

アニメの弱虫ペダルにも、何回も見直しちゃうくらい熱が入っちゃって😲

 

ということで今回は、ロードバイクのアクセサリーを探すサイコン編です👍

サイコンって必要?

ロードバイクを探す旅第3弾。茅ヶ崎のセオサイクルさんとコギーさんへ

上図は、わたしたちがようやく決めた愛車✨

トレックさんの2018年モデル、エモンダALR4のカリフォルニアスカイブルー✨

 

しかし・・・ロードバイクって、すっごく細くて、本当に無駄なものが一切ない😲

つまり、ロードバイクは乗ること・走ることそのものを楽しむことがメインの目的。

 

その楽しさをより理解するためには、サイクルコンピューター:サイコンを使うとイイんですって。

 

 

ちょっと見にくいですけど、上図のハンドルに真ん中についている機械。

これがサイコンってことみたい💦

 

サイコンって要は、消費カロリーや速度に距離、時間や心拍数、ペダルの回転数(ケイデンス)なんかを計れる機械だと😲

 

確かに、目に見えて結果が数値化されると、もうちょっと走ってみようとか、もっとスピードあげるかなとか、明日へのモチベーションにつながる👍

なくても走りに支障があるわけじゃない、ただもっと楽しみたいなら、サイコンがあったほうがイイようです。

みーたん
わたしたちも、足としてだけじゃなく、サイクリングメインでロードバイク使いたいから、本当はあったほうがイイんでしょ?
あーちゃん
だろうなあ。目的地まで行って帰ってくるってだけじゃ、張り合いないというか、達成感ないしね。

サイコンで一番大事な指標って

ロードバイク初心者夫婦。アクセサリーを探すサイコン編

上図がまさに、サイコンがたくさん売ってる様子・・・わたしたちもどうしようか、当然考えているんですけどね。

あまりにたくさんの種類があって、何がなんだかサッパリですよ😲💦

 

安いものなら数千円だし、高いものになると数万円っていうグレードも。

高機能になると、ペダルの回転数(ケイデンス)やGPSナビまで使えるようになるみたいです。

 

でもふと思うんですよ・・・サイコンって・・・スマートバンドやスマホアプリでも測定できることが多いんじゃないかって😲

 

 

ロードバイク初心者夫婦。アクセサリーを探すサイコン編

たとえばね、わたしたちがいつも身に着けているスマートバンド、シャオミさんのものだって、サイクリングモードにすれば、上図くらいのデータはとれちゃうんです😲

 

速度・心拍・カロリー・距離・時間・標高・高度・それにナビ。

これだけあれば、無駄に安価なサイコンを買う必要なんて、実はないってことに気付く💡

 

 

最近では、家電量販店でも販売され始めているみたいですよ。

すっごく安いし、スマート体重計とも連携、もちろんアプリでデータ管理できちゃうので、おすすめの一品です💕

 

となると・・・あと問題になるのって、たぶんペダルの回転数(ケイデンス)なんですよね。

さすがにスマートバンドだけでは、そこまでカバーしきれない・・・。

 

速度とか距離とかって、おそらく肌感でそのうち慣れてくるもの。

だから、見てても飽きちゃうんですって😢

 

ロードバイクって、普通の自転車とは違って、常にペダルをクルクル回すことが乗るうえでは大事だそうです。

1分間に何回ペダルを回しているのか、ロードバイクなら1分間に80~90回転くらいが理想なんですって💡

 

最終的にはケイデンスを見るために、サイコンを付けるっていう話だそう😲✨

あーちゃん
なるほどなあああ、じゃあ本格的に乗るなら、最終的にはサイコンを買わなくちゃだ。だって、ケイデンスを計るには、外部センサーが必要なんだよな。
みーたん
うん、タイヤあたりにセンサーを付けて、それで本体にデータを飛ばすんだってさ。ただ、わたしたち専用のシューズも持ってないけど!

スマホやスマートウォッチとの連携も可能?!「Xiaomi(シャオミ)」さんのスマート体重計

2019年2月26日

慣れるまではスマホ管理、本格的にやるならケイデンスまで

ということで、さすがにいきなりロードバイクをガンガン乗るなんてことできないので、最初はスマホで対応することにしました😊

 

上の商品のような、ハンドルのど真ん中に付けられるスマホホルダーを買って装着。

 

スマホホルダーも色々とあるんですけどね、ハンドルのど真ん中に付けられるタイプは、アウトフロントってやつみたい💡

外側からニョキって付けて、ど真ん中にスマホを置けるから、アウトフロント、なんでしょうね。

 


Oture 自転車ホルダー スマホホルダー バイク 360度回転 脱着簡単 GPSナビ Android・iPhone [18ヶ月の保証]

 

amazonさんなら、さらに安い商品もあるので、合わせて見たほうがイイと思いますよ。

わたしたちも最初なので、上の商品を購入してみてましたから💡

 

さて、今のうちからケイデンスセンサー付きのサイコンも調べてみると・・・・

 

 

インターネットでも、たっくさんの種類が売られていることにビックリですよ😲

ってゆーか・・・すっごい高いですけども❓❗機能がイイやつは5万円くらい・・基本1万円以上はするっていうね。

 

やっぱりこのケイデンスセンサーが高いのか・・・・よくわかりました😢

 

とりあえずはロードバイクに慣れて、専用シューズとビンディングを装着するところまで行ったら考える👍

みーたん
そ、そうだね・・・わたしたち最初は普通のペダルからだし。ってか、専用シューズとビンディングだって、またお金かかるし。
あーちゃん
専用シューズはかないと、ケイデンスとか見ても、なんかピンとこなそうだもんなあ。だって、ロードバイクの力を発揮させてないんだからさ。

最後に

アクセサリー第4弾、サイコン対応はこれにて準備完了✨

買ってないけど、とりあえずはスマートバンド・スマホアプリでオッケーでしょ💕

 

でも一度乗ると、はまる人も多いみたいですよね、ロードバイク😲

ってことはわたしたちも、またさらなる進化を遂げるときがくるのかしら・・・💦

 

あ、そうそう、輪行も気になるんですよね。

車や飛行機に自転車積んで、別の土地で走るのも気持ちよさそうですもん✨

まあ、おいおいね💡

 

そうそう、あくまでわたしたちは本格的にもやってみたいと思うけど、基本はシティライダー的な位置付けなので、そこはご認識を。

試しにロードバイクやってみたいなあ、気になるなあという方のご参考になれば、嬉しいです👍