【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法の続編

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法の続編

今回のテーマは、

「【レビュー】フィリップスさんの『ヌードルメーカー』で美味しい生麺を作る方法の続編」

 

ちょうど1年前になります、ヌードルメーカーを使い始めたんですよ、自家製麺を食べたくて。

でもレシピどおりじゃイマイチで、美味しい生麺を作るには・・・こねと製麺作業を3~5倍やることってお話しました😨

 

なんと今回は、その状態からさらに美味しくすることができたので、続編としてお話していきたいと思います👍

 

以前お話した、美味しい生麺を作る方法については↓↓の記事をご覧ください👍

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

2020年1月10日

課題は乾燥

【注文住宅日記2021/1/12】先週の朝食・お弁当・夕食の献立

 

ちょうど昨日ね、ナスとトマトとモッツアレラチーズのパスタを作ったのです。

これがまた・・・すっごいおいしくてビックリした、というのも、麺がめちゃめちゃうまくできたから😲

 

しっとりモッチモチで、どんどんお店で出るような生パスタに近づいてきている気がする💕

 

 

【注文住宅日記2021/1/12】先週の朝食・お弁当・夕食の献立

でも最近ふと思った・・・なんか・・・生パスタなのにやや乾燥している気がする❓ポソポソした感じ。

ソースや汁がどっぷりかかってたり、味付けがしっかりしているパスタだとわかりにくいんだけど・・・

 

冬だからそもそも空気が乾燥していますからね、余計にそう感じるのかも😨

そう、求めているのは・・・もっとしっとりモッチモチの、これぞ生パスタっていう麺なのですよ。

 

 

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

わかりますよ、わかります。。。原因は明らかで・・・

こねと製麺作業を3~5倍の時間かけてやっていれば、空気に触れる時間も長くなりますから、そりゃ乾燥しますわ😨

 

そもそも10分で作れるのがウリの商品で、わたしたちはそれを1時間近くかけて作ってるわけですからね💦

 

みーたん
理屈考えればそうなるよね。出来上がって保管するときは、食べるまで濡れ布巾かけて水分が必要以上に飛ばないようにしたり、ラップなんかでくるんだりするし。
あーちゃん
完成するまでに必要以上に水分がとんでしまっている可能性大だわ。ってことは単純に・・・水分を飛ばないように作ればイイ・・・のか❓

しっとりモッチモチにするためには

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

しっとりモッチモチに仕上げるためには、水分を必要以上に飛ばさないというより・・・

水分をレシピの分量よりも多めに入れて作る👍

 

たとえばパスタなら、2人前で卵と塩と水で90mlってレシピには書いてあるんだけど、それを110mlくらいで作るのです😲

こね・製麺作業の間に数十分の間空気に触れるので、そこで水分がとんでいって、できあがりがちょうどよくなるイメージ。

 

 

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

ただ注意してください、レシピどおり一回転の10分で作るときは・・・110mlの水分ではたぶん多すぎです😨

あまりに多くの水分を含んだままこね・製麺作業をしていくと、べちゃべちゃの質感になったり、製麺のときに麺と麺とがくっつきすぎる可能性。

 

あくまで、こね・製麺作業を3倍~5倍かけてやるとき、ですからね💦

とにかくたったこれだけ、ちょっと水分を増やしてあげるだけで劇的に変わりますから、ぜひ試して欲しい😲

 

みーたん
ちょっとどころじゃないよ、全然違うと言ってもイイくらい違う。これを食べちゃうと、今まで作ってきたのは、どうしても水分不足と言わざるを得ないもん。
あーちゃん
質感がプルンプルンしてる感じなのよな。でもコシもあるし歯ごたえもしっかりしてる、モチモチだし。

ダマにならないように見張る

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

こねているとき、大きなダマにならないように適宜見張ること、これも大事です😲

レシピを超える水分量で作っているわけですから、どうしても大きなダマになってくるんですよ、ケースの中で。

 

羽にまとわりついて、それがどんどん大きくなっていって、そのまま固くなるという最悪な展開にもなりかねない💦

こねているときはなるべく目を光らせて、ダマになったらすぐフタを開けて、さいばしなんかでダマを崩してあげてください。

 

 

【レビュー】フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法?!

また先ほども少しお話しましたが、細い麺を作る場合は、隣同士の麺が水分の影響でくっつきあうかもしれません💦

水分があまりに多すぎると、たぶんガッカリの仕上がりになるかも。。。ちなみに上図は太麺の場合ね、これは大丈夫なんだよなあ。

 

まあそこは・・・何回かどのくらいの分量がイイのか、ご自身で試してみてください。。。

そもそもレシピから外れたことをやっているので、正解がないのでこればっかりは😨

 

参考までに、フィリップスさんのホームページはこちらから👍

 

みーたん
たったの10分で生麺が食べれるってウリの商品だけど・・・ちゃんと美味しいのを食べたいなら、手間ヒマ惜しむなってことよね結局。
あーちゃん
これでもオートでこね・製麺してくれるんだから、アナログな製麺機よりもはるかに楽だぞ?!!買って良かったよこのヌードルメーカーほんとに。

最後に

ということで、フィリップスさんの「ヌードルメーカー」で美味しい生麺を作る方法の続編、でした。

 

前回のお話では、

  • 麺の弾力・コシはこねの時間に比例
  • 滑らかな食感やツルっとしたのどごしは製麺の回数に比例

ということで、複数回こね・製麺してくださいね、と。

 

さらに今回のお話で、上に加え、

  • 水分量をちょっと増やしてしっとりモッチモチ感を作る

結果、さらに美味しい生麺を作れるようになりました✨

 

これからパスタをいただく機会、増えそうです✨

って、パスタ以外にもうどんやラーメン、そばも作れるから、また研究してみようっと。

 

 

 

そうそうフィリップスさんのヌードルメーカーって、以前は3万円とか4万円とかしたらしいですよ❓

それが一時期は6,000円程度まで値下がりし、今は15,000円くらいから20,000円くらいかな❓

 

2014年製ですからね・・・それが今もなお売られていて、さらに売れているとは驚き。ニーズがあまりなく、後続する商品が現れないのかね。

誰もが感じるとおり確かに古いんだけど・・・工夫すればすっごい使えると思いますよ😲

 

これを使い始めると・・・もう乾麺で妥協なんてしてられなくなります、ヌードルメーカーで最高の麺を作ってください💕

 

また、その他レビュー記事はこちらからご覧ください😊