2017年度「住宅購入・建築検討者調査」データを見て感じたこと

2017年度「住宅購入・建築検討者調査」データを見て感じたこと
LINEで送る




今回のテーマは、

「2017年度『住宅購入・建築検討者調査データを見て感じたこと

 

わたしたちは2018年度に注文住宅が完成予定です。

工務店さんと打ち合わせをしてからというもの、やっぱり住宅のことってすごく気になるようになったわけで。

そんななか、たまたま見ていた「住宅購入・建築検討者調査」のデータ、なかなかおもしろいなあと思って。

今回は、そのデータを見ながら、わたしたちが感じたことなどお話したいと思います。

注文住宅の検討者が一番多い

▲クリックで拡大

上図を見ていただければわかるとおり、全国的に見ると「注文住宅」を建てる人が6割超と、実は圧倒的に多いんですよね。

しかも、年々その割合が増えているという。

 

この事実はわたしたちにとっては割と衝撃で、東京近郊に住んでいるとどうしてもマンションに考えが寄りがちだから。

あまりに土地が高いせいか、マンションを買うよりも一戸建てを購入するほうが、1.5倍近くの予算が必要になるんですもん。

東京都下・区ではなく市のほうだって、意外に土地が高いわけですよ。

 

わたしたちは今回、注文住宅購入にあたって、神奈川県・湘南・茅ヶ崎市の駅から10分・海から10分のところに110㎡ほどの土地を購入しました。

が、今住んでいる東京都下の、駅から30分くらい離れているところのほうが、まだ高かったりするわけですよ。

みーたん
うーーん、都心部から離れると、土地がすごく安く買えるからね。それに

マンションがそもそもないところだってあるわけだし、当然っちゃ当然なのかしら。

あーちゃん
そっかああ、東京で一戸建てを建てるなんて、夢のまた夢みたいな話だと思ってたから意外だったよ。

 

▲クリックで拡大

と言っても、エリア別にみると、首都圏はやっぱりマンションの購入検討比率が高いようですね。

一方で、東海の注文住宅検討比率が高いのも、なぜなのか気になりますが。

 

それ以外に、中古マンションのニーズも割と高くあるという事実も、そうなんだーーーーって感じです。

特に50代・60代の方々は、マンションに住みたいという意向が強めに出ているそうです。

これまでは注文住宅に住んでいたけど、年齢を重ねていって、より暮らしやすいマンションに引っ越すケースが多いのかもしれませんね。

みーたん
わたしたちが今住んでいるマンションも売りに出してるけど、ニーズがあるなら売れるかもしれないねえ。
あーちゃん
たしかにマンションって住みやすいと思うよ。ワンフロアだし、ゴミ出しも楽ちん、壊れる心配もあまりないしさ。

大事な要素は耐震・断熱気密・遮音

▲クリックで拡大

上図は、住宅の価格と広さが同じだとして、駅からの距離・日当たり・築年数と比べて大事な要素は何かを示したもの。

いずれも、耐震性能・断熱気密性・遮音性が高い注目を集めていることがわかります。

地震が来てもつぶれない、夏も冬も過ごしやすい、プライベート感を音の面からも確保したい、ということなのでしょう。

 

特に地震ですが、注文住宅でも耐震等級が注目されていますよね。

ハウスメーカー・工務店さんのなかでも、それをウリにしてPRしているところがたくさんあります。

 

一方で、設備仕様・内装・外装に対する重要性は低いという結果に。これはわたしたちにとっては、ちょっと良くわからない感覚です。

注文住宅であれマンションであれ、おしゃれであることにこしたことないと思いますし、特に注文住宅の場合は自由にすべてを決めることができるわけじゃないですか。

なんか機能性ばかり突き詰めていっても、おもしろくない普通の家しかできないんじゃないかなあとも思いますし。

みーたん
わたしたちは設備・内装・外装にこだわってるけど、耐震等級1のオウチだねそういえば。大丈夫なのかなあ。
あーちゃん
ボクたちの場合は、家よりも土地を重視しているからね。土地がばっちり固いから、地盤沈下も起きずらいし、そのバランスを考えてだよ。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

DIYがどんどん注目されている

▲クリックで拡大

最近テレビでもよく注目されているDIY、安くておしゃれにオウチを飾れると人気ですよね。

やはりデータ上でも、認知度・関心度ともに年々上昇してきているとのこと。

 

ライフステージ別にみると、不思議とお子さまがいる世帯での関心が高いようです。

子育てともなると、なかなか高いインテリアも買いにくいわけで、安くておしゃれなものを造るという考えになるのでしょうか。

はたまた、DIYを趣味にしてしまったり、造ったものを売って副業として稼いでいる人も多いみたいですしね。

 

ちょっとわたしたちは、DIYには抵抗感があって。というのも、DIYのクオリティって限界があるから。

あとは家の雰囲気に合わないとか。

ヴィンテージ感のあるオウチにしたい方や、自然素材溢れるオウチにしたい方はイイのかもしれませんね。

あーちゃん
DIYってやったことないなああああ。そんなに面白いのかしら。最近では、DIYのプロが手掛けたリフォームなんてのもあるみたいだしね。
みーたん
興味は確かにあるけど、実際にやるとなるとなかなか難しいよねえ。ドリルやら電動ノコやら、本格的にやるとなると機材も必要だし。

最後に

リクルート住まいカンパニーさんが2018年5月に発行している「住宅購入・建築検討者」調査の一部を引用しています。

リクルート住まいカンパニーさんと言えば、SUUMO(スーモ)で有名ですよね。


▲クリックで詳細確認

1ヵ月に1つ2つの新しいデータが上がっていて、その切り口も結構おもしろくて、ついつ見ちゃうんです。

 

意外にも自分たちの考えって、そんなに世の中にはまっていないのかも、と思ってしまいました。

他にもたくさん参考になるデータがあるので、一度ご覧になってみてください。

 

わたしたちはマンションから注文住宅に住み替えるわけですが、ハウスメーカー・工務店さんによっては建てられるオウチも変わってきます。

何千万もかけて建てるわけですから、土地選びもハウスメーカー・工務店選びも納得・満足のいくものを!

 

▲クリックで詳細確認

タウンライフさんでは、土地選びも予算も間取りも相談にのってくれる、注文住宅を建てるには絶対必要な要素がたくさん詰め込まれています。

わたしたちもこれを活用して、さまざまなことを学びました。無料ですからぜひお試しくださいね。

考え方 シリーズ記事