小窓ならオーダーカーテン費用でも半額になるなんて知らなかった

小窓ならオーダーカーテン費用でも半額になるなんて知らなかった

今回のテーマは、

「小窓ならオーダーカーテン費用が半額になるなんて知らなかった

注文住宅の内装、カーテンやブラインドも大切なインテリアです。

新築の家のカーテンは、しっかりしたものをチョイスしたいなと思うわけですが、やっぱりオーダーカーテンて高いんですよねえ😢

でも実は、小窓に付けるカーテンなら、表示金額の半額で済むんです。

今回は、小窓に付けるカーテンが半額になる考え方について、お話していきます👍

前回のカーテンの付ける場所についてのお話は↓↓の記事をご覧ください👍

カーテンを付ける場所って意外に少ない?!

カーテンを付ける場所って意外に少ない?!

2018年11月14日

わたしたちの間取りと窓

上図は、わたしたちの1階間取りで、緑色が小窓の部分、黄色が掃き出し窓の部分。

黒い部分も窓になっているのですが、カーテンを付ける必要はないだろうと判断している部分です。

また上図は、わたしたちの2階の間取りで、1階同様、緑とオレンジの部分にはカーテンなどを設置する予定💡

特に緑の部分は引き違い窓ではなく、縦長の上げ下げ窓なんですよね。

その大きさは、横600mm×縦1,100mmまたは、横600mm×縦900mmといったところです。

ブライドやレース、ロールスクリーンやカーテンなど、その選択肢はたくさんありますが、わたしたちはカーテンを設置することに💡

だって、カーテンって装飾品がとても多くておしゃれなんですもん。

厚地のカーテン・レースのカーテン、それにカーテンレールや留め具、タッセルなど、インテリアとしては一番イイんじゃないかなあと😲

あーちゃん
ブラインドやロールスクリーンって、確かに付けているだけでおしゃれになる可能性もそりゃあるんだけど、なんか安っぽいというか。
みーたん
壁に立体感を出す、窓周りを彩るっていう意味では、カーテンのほうがおしゃれだとわたしも思うよ。こだわりを見せたカーテンを付けるならね。

窓の形状について考えたことは↓↓の記事をご覧ください👍

窓の種類と大きさは?我が家は引き違い窓は使いたくない

2018年9月14日

オーダーカーテンの価格

わたしたちがカーテンを購入する予定のところは、カーテンじゅうたん王国さん。

そのなかでも気になったカーテンは、上図のベージュ・シャンパンゴールドのような色合いのカーテンです。

手触りがベロアみたいな滑らかさでゴージャス感たっぷり、2倍ひだになっているからボリュームもありますし、裏地もバッチリついています✨

ただ見て欲しいのは価格で、上図にもあるとおり、なんと29,800円もかかるんです。

あくまでこのサイズ、掃き出し窓のサイズで29,800円なんですけど、それでもあまりに高いという💦

これを小窓サイズにするとどれくらいの価格になるのか、が値札の裏に記載してあります。

カーテンの大きさ=幅×丈によって、価格がマトリックスに組まれているんですよね。

一番安いもので、幅500mm×丈500mm~幅140mm×丈140mmで19,800円となります💡

このサイズの間であれば、小さくても大きくても価格は変わらないということになるわけです。

みーたん
いやいやいや、たしかにこのサイズのなかで、わたしたちの小窓はおさまるだろうけど、1カ所19,800円って高すぎじゃない?!
あーちゃん
いやでもさ、カーテンって左右セットになっているじゃない?そのセットを分けて、1カ所ずつ付けちゃえばイイんじゃないの?

大きいサイズで2カ所分作れば実質半額に

要は、上図のように幅1,600mm×丈1,200mmでカーテンを作って、左右それぞれを小窓1カ所ずつに設置しちゃえばイイということ💡

これなら、カーテンを1つ作るごとに2カ所分の窓をケアできることになるわけです💕

ちなみにわたしたちの窓は幅600mmなので、両端分を100mmずつ長く取って幅800mm×2で1,600mmと設定しています。

価格はというと、先ほどのマトリックス表を見ていく限り、幅1,600mm×丈1,200mmの場合は、26,300円ということになります。

が、これは2カ所分ということになるので、実質は1カ所あたり13,150円ということですよね👍

こうすることで何かデメリットがあるのかというと、たったの1点だけ。

上図で言えば緑の部分、カーテンの裏側の端っこにくっついている、洗濯マークとか成分などが書いてあるタグの位置が、気になる人には気になるかも程度😲

このタグ、普通は両開きでカーテンはつくられるので、外側に貼られるものだから仕方ないですね。

でも本来1カ所分を作るには、19,800円かるところ、13,150円で済むんですから、かなり安く作れるということになるんです💕

みーたん
おおおお本当だ。1セットを2カ所分に使いまわすなんて、思いつかなかったよ。
あーちゃん
幅の広い窓だと、なかなかこんな手使えないけど、小窓ならではだよね。幅500mmの窓なら、もっと安くすることができるよ。

レースのカーテンもカーテンレールも同じ原理

レースのカーテンだって同じこと。

カーテンと同じく幅1,600mm×丈1,200mmで考えると、上図の商品であれば7,980円・1カ所あたり3,990円ということになるわけです👍

実はカーテンレールも同じで、たとえば2,000mm規格のもので考えれば、それを現地でカットして設置するので、800mmずつにして使えばイイわけなんですよ。

わたしたちが欲しいなあと思ったのは、1本11,000円くらいのものだったので、1カ所あたりで考えると5,500円ということですね✨

幅の広いもの・長いものを、2つに分けて使うということを頭に入れておくと、少しでも安くカーテンを仕上げることができるかもしれませんよ。

間取り設計の段階で、そこまで頭に入れて設計していればなお良し😊

今回わたしたちは、カーテンじゅうたん王国さんで購入することに決めましたが、オーダーできるカーテン屋さん、それがホームセンターであれなんであれば、このような考え方は共通だと思います。

みーたん
そっか、職人さんがぜーんぶ設置してくれるんだったね。レールなんかも、現地でカットして設置してくれるから、2つに分けることもできるんだ。
あーちゃん
レールの場合は、別途キャップだったりパーツを追加で買う必要があるけどね。可能は可能みたい。

最後に

ということで結局、小窓カーテンにどれくらいかかるのかというと、

カーテン13,150円+レースカーテン3,990円+カーテンレール5,500円=約23,000円というところでしょうか😲

以前、カーテンじゅうたん王国のスタッフさんに聞いたのですが、1カ所あたり25,000円近くかかると。

やっぱりそのとおりになりました。でも厚手のカーテンは、かなりグレードの高いものをチョイスしていますから、むしろこれで済んでよかったなあと😢

こんなにカーテンにかけるなんて信じられない!!!と思う方もいるかもしれません。

けど、インテリア1つ1つのこだわりが、家に対する愛情を強める、すなわち家全体を大切に扱うことにつながるのではないでしょうか👍

ぜひこれから決める方、カーテン選びにはこだわりを💕

【更新しました】次のお話、小窓にカーテンを付けようと思ったお話は↓↓の記事をご覧ください👍👍

小窓にあえてカーテンを採用する理由

小窓にあえてカーテンを採用する理由

2018年11月26日

【更新しました】入居後のカーテンの仕上がりは↓↓の記事をご覧ください👍

【入居後WEB内覧会】カーテンとその最終費用とおしゃれポイント

【入居後WEB内覧会】カーテンとその最終費用とおしゃれポイント

2019年6月19日