水回り設備ショールーム「リラインス」さんで感じたこと

水回り設備ショールーム「リラインス」さんで感じたこと

今回のテーマは、

水回り設備ショールームリラインスさんで感じたこと

 

前回は、リラインスさんで販売されているタオルウォーマーについてお話しました。

しかし、リラインスさんではタオルウォーマーだけではなく、水回り設備全般を広く取り扱っています✨

 

今回は、そのショールーム全体がどうなっているのか、どんな商品が並べれられているのかを見つつ、そこで思ったこと・感じたことなど、お話していきます👍

 

リラインスさんのタオルウォーマーについては↓↓の記事をご覧ください👍

タオルウォーマーを購入するなら「リラインス」さんで。安心の国内メーカー製造です

タオルウォーマーを購入するなら「リラインス」さんで。安心の国内メーカー製造です

2018年10月31日

リラインスさんのショールーム「ル・べイン」

わたしたちはタオルウォーマーを見に行きましたが、そもそもリラインスさんで取り扱っているのは、水回り設備機器なんですね😲

 

実は取り扱っているブランドもすごくて、ドイツの高級輸入機器、国内ではここでしか取り扱いのないものも。

もちろん、自社オリジナル製品も販売されています。それがまた、割と価格が安くてビックリ👍

 

 

ショールーム東京と大阪にあります。

わたしたちが今回お世話になったのは、東京・新宿のショールーム✨

 

駐車場はありませんので注意してください。

停めるとしたら、その通り沿いの60分のみ停められる駐車スペースを活用するか、入り口の向かいにあるビルのパーキング30分250円が近いです👍

 

 

なかは、サンワカンパニーさんのショールームほどではありませんが、実際の商品がコーナーにわかれてキレイに展示されています😊

わたしたちが見たタオルウォーマーは、上図のピンクの箇所に展示されていました。

 

ちなみにタオルウォーマーは3点ほど展示されていましたが、時期によっては、もっとたくさんの種類が展示されるタイミングもあるみたいです✨

 

みーたん
高級な機器の価格はとんでもないけど、自社製品の一般的なサニタリー用品は、かなりお求めやすい価格だったね。
あーちゃん
でも、造作や在来工法で水回りを造ろうとしている人にとっては、イイんじゃないかなあ。すごくラグジュアリー感もあったしさ。

リラインスさんの自社製品にはお買い得なものも

まずは奥の壁の、リラインスさんの自社製品の数々から。

 

アクリルのシェルフだったり、バスタオル棚、トイレットペーパーホルダー、フックなど、さまざまな商品を展示😲

1万円前後で購入できてしまうんです。

 

 

奥の壁の手前には、自社製品の手洗いボウルもあります。結構な種類がありますよね。

 

わたしたちの場合は、今回洗面ボウルは必要なかったのですが、選択肢の一つに加えてみてはどうでしょう✨

 

みーたん
安いのは嬉しいよね。でも正直、サンワカンパニーさんのほうがもうちょっと安いような気もしたけど。
あーちゃん
サンワカンパニーさんは規格外対応はしてくれないけど、リラインスさんなら特注対応してくれるじゃない?そういう違いもあるだろうね。

リライアンスさんのサニタリー用品で気になったもの

特に気になったのは、上図のバスタオルを置く、タオルラックです😊

ホテルライクな雰囲気で、どうしても気になってしまって。

 

嬉しいのは、特注対応でサイズも調整してくれるんですって💡

たとえば、どうしても350mmの幅しかないんだけど、どうしても付けたいって場合でも、特注でそのサイズを造ってくれるという。

 

ただし、商品小さくなるのに、逆にオプション費用が発生するみたいですけどね。オーダー品なので、納期も1ヵ月程度かかるそうです。

 

それでも1万円前後なわけで、すごくお買い得だと思います💕

 

 

上図はミラーなんですけど、アクリルを上に付けて立体感を出しているもの。

 

実際に見るとかなりオシャレなんですよね。これ、最低でも30,000円といきなり高くなりますが、オシャレな一品だと思います💦

 

 

ずっと気になっていて、どうにか安いものないのかなあと悩んでいたのが、トイレットペーパーホルダーのスタンドタイプ💡

TOTOさんでも同じようなものがあるんですけど、価格が高すぎて買えないんですよね。

 

リラインスさんなら安いのでは?!!と思って見てみたら、やっぱり50,000円とかなりお高め💦

オシャレだから欲しかったんですけどね。

 

 

通常、タオル掛けやトイレットペーパーホルダーなど、ハウスメーカー・工務店さんの、設備の標準仕様のなかに組み込まれているもの。

でも、別にたとえばリクシルさんやTOTOさんで、こういった細かいサニタリー用品を、必ずしも選ばなくてもイイわけで😊

 

ぜひお気に入りのもの、見つけに行ってみてくださいね。

実は楽天市場でも代理店さんがリラインス商品を販売している

リラインスさんの商品は、楽天市場さんなどのインターネット通販でも購入することができます。

新築時ではなく、あとあとで設置する場合でも大丈夫😊

 

楽天市場さんで「リラインス」と検索すると、サニタリー用品がたくさん出ていますので、一度検索してみてください。

たいていは、定価の2割引きくらいで販売されていますよ👍

 

あーちゃん
安いものを、さらに安く手に入れることができるってわけだ。
みーたん
新築の場合は、ハウスメーカー・工務店さんにお願いすれば、卸値で付けてくれるってことだったね。

ドイツ輸入商品のグレードがすごい

ドンブラハ・アラベ・ビレロイ&ゴッホさんなどの、超高級水栓機器も展示されています😲

 

これらがとにかくオシャレ、そして価格がすんごく高い。どれもこれも、単品で20万円から30万円以上するものばかりです。

 

 

上図のような、打たせ湯みたいな水栓機器も。

 

よっぽどのこだわりとそれなりの資金がないと、なかなか手は出せませんが、夢のある商品ですよね✨

 

 

たまに見かけるかもしれません、背の高いキッチン水栓。

 

これらも輸入もので、実際に水を出してどんなもんか確かめることができるんです👍

 

 

でもよく考えると、水栓だけで20万円って、本当に高すぎて手がでないのか、と言われるとそうでもないかも😲

 

わたしたちは造作洗面台を造ってもらうにあたり、水栓機器・ボウルだけでやっぱり22万円くらいかかっていますから💦

まあ正確には2ボウル式でその値段、ってことなんですけどね。

 

でもこだわりがある方は、これくらいならなんなく払えるかもしれませんよ。

サニタリースペースが優雅な雰囲気だと、すごく気持ちイイですもんね😊

 

みーたん
いやいやいや、高いでしょ高い。それとも、このブランドがたまらなく好きだーーーっていう人にとっては安いのかなあ。
あーちゃん
でも日本では、なかなかお目にかかれない物ばっかりだったじゃん。普通じゃないものを好む人だってたくさんいるさああ。

 

入居後の2階メイン造作洗面台の仕上がりは↓↓の記事をご覧ください👍

苦悩の1階・2階造作洗面台が決定。ペデスタルシンクと2ボウル洗面台のオプション費用

苦悩の1階・2階造作洗面台が決定。ペデスタルシンクと2ボウル洗面台のオプション費用

2018年9月19日

最後に

本記事では紹介していませんが、他にも洗面カウンターや洗面台・浴槽まで販売されています。

 

まずは、リラインスさんのカタログをご覧になるのがイイと思いますよ💕

すごく見やすいですし、商品もオシャレに掲載されています。

 

わたしたちもいろいろな物を見ましたけど、やっぱりそのなかでも、高いお金を出してまで買いたいと思うのは、「タオルウォーマー」ですね。

デザイン的にもインパクトがありますし、デザインだけでなく利便性も高いものだから👍

 

 

ショールームは空いていれば、予約なんてしなくても、突撃でいろいろと話を聞くことができます。

話を聞くなら1時間、見るだけなら10分程度で十分✨

 

こういうショールームをどれだけ回れるか、そして、どれだけの商品を見て・聴いて・感じれるか、がすごく大事です。

感性を高めた分だけ、家の内装がどんどんオシャレになっていきますから💡

 

最近思うんですよね。間取り造りも確かに大事だけど、それをさらに輝かせる内装・インテリアがないと、結局ダメだって😨

オシャレな水回り設備を販売している「リラインス」さんにも、ぜひ行ってみてください。おすすめです💕

 

【更新しました】次のお話、2階にお風呂・洗面所があることについては↓↓の記事をご覧ください👍

2階に洗面所・お風呂があったほうが圧倒的に便利だと思う理由

2階に洗面所・お風呂があったほうが圧倒的に便利だと思う理由

2018年11月22日

 

【更新しました】入居後1ヵ月時点の洗面台の仕上がりは↓↓の記事をご覧ください👍

【入居後1ヵ月WEB内覧会】一番自慢できるホテルライクな2階メイン造作洗面台

【入居後1ヵ月WEB内覧会】一番自慢できるホテルライクな2階メイン造作洗面台

2019年5月30日
【入居後1ヵ月WEB内覧会】マリンテイストな1階セカンド洗面台

【入居後1ヵ月WEB内覧会】マリンテイストな1階セカンド洗面台

2019年5月23日