アウトドアリビングのソファ・テーブルセットの配置を考えてみる

今回のテーマは、

「アウトドアリビングのソファ・テーブルセットの配置を考えてみる

 

わたしたちの注文住宅、屋根付きのインナーバルコニーがあります。

6.5畳くらいあるので、できればココソファやテーブルを置いて、アウトドアリビングとして使いたいなあって。

 

で、ようやくバルコニーの防水加工もできあがっていたので、ここで購入したいソファ・テーブル、その配置について、考えてみたいと思います。

間取りとソファ・テーブルの配置

 ▲クリックで拡大▲

上図は、わたしたちの2階の間取り、南側には屋根付きのインナーバルコニーを、6.5畳とっています。

廊下と寝室、2方向から入れるようになっていて、さらにはお風呂に面しているんです。

 

ここをガーデンファニチャーを置いてすごくおしゃれにして、お風呂からその景色を楽しんだり、オウチでランチやバーベキューなんてしちゃったり、という憧れから、こんな間取りになりました。

 

▲クリックで拡大▲

上図は、上棟してからしばらく経ったときに撮影したもの。

3人~4人くらいは普通に座れそうな空間です。

 

でもカタチが、いかんせんカクカクしているので、ちょっと家具の配置が難しい面も。

 

▲クリックで拡大▲

たとえば、上図のように、ソファで挟み込んでみるとか。

これだとテーブルで通路を塞ぐ感じになるので、かなり邪魔感が否めないかなあ。

 

▲クリックで拡大▲

通路を確保するのであれば、上図のように、ソファ・テーブルを縦置きするか。

 

ただこれだと、なんか右側のスペースがもったいないかなあとも。

ソファもはみでちゃってるし。観葉植物・プランターを置けばそれなりに見えるかもしれませんが、なんともしっくりこないという。

 

通路、そしてテラスドアの開く部分には、基本的に物は置けないと考えると、なかなか考えものです。

 

▲クリックで拡大▲

あえて、ソファの向きを全部建物側に向けてしまうのもアリ、ですよね。

 

バルコニーからの景色がすごくイイなら話は別ですが、普通に住宅街しか見えないなら、逆に建物側を向いていたほうがおしゃれ。

 

しかもこの置き方なら、向こう端につけたソファが広々しているから、寝っ転がることもできるんです。

ただ、コーナーソファの部分がちょっと座りにくいから、4人だときついかも。

 

▲クリックで拡大▲

ということで、結局上図のパターンが一番イイかもしれない。

開いた緑色のスペースには、プランターで植物を飾る感じでしょうか。

 

通路も確保しつつ、4人まで座れる空間を。

さらに折り畳みの自立式ハンモックもあるので、それは5人以上いる場合に通路に置けば大丈夫そう。

 

ただ問題は、どのパターンにも共通することですけど、いくら屋根付きインナーバルコニーとは言えど、雨が吹き込んでくる可能性もあります。

また、洗濯物をかけるための、伸縮式フックもついてるんですよねえ。

 

でもまあ、このパターンしかないか。

みーたん
そうだね、確かに通路部分考えちゃうと、これがベストなのかも。あとは実際に見て判断するしかないか。
あーちゃん
ガーデンソファセットも、このパターンの販売が一番多いのよ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

ガーデンソファ―・テーブルセットをどれにするか

本格的なリゾート用のガーデンソファ・テーブルって、すんごく高いんです。

上の商品だって、30万円近くするんですから。

 

お金があればぜひ置きたいとは思うものの、現実的にそんなお金ないし。。。

ただ、やっぱりこの、1Pソファ2脚・2Pソファ1脚・テーブルの4点セットの組み合わせが、販売しているパターンのなかでも一番多いことは間違いないです。

 

このあたりの商品だと、だいぶコスパもよくなるような気がします。

人工ラタンを使いつつ、足の部分も意外にかわいい。

なのに、4点セットで75,000円くらいですからね。

 

上のラウンジャーセットも85,000円くらいと、コスパよさげです。

グレーのクッションって、ラタン調の家具と相性イイんですよね。フカフカそうな感じがグッド。

 

上の商品のように、すべてラタンで覆われているほうが、よりリゾート感が増しますよね。

本体やクッションの色まで多数から選べるため、空間に合わせやすいです。

 

価格は約100,000円ですが、ギリギリ予算の範囲内かなあと。

 

上の商品のように、アルミフレームになると、グっと価格をおさえることができます。

クッションで空間コーディネートしあげれば、じゅうぶんおしゃれにすることができますよ。

 

コスパだけを考えるなら、本格的に見える上の商品もおすすめ。

このデザイン性で、わずか45,000円ですからね。

 

足がついている丸っこいタイプと、足が本体と同化している四角いタイプ、いずれもおしゃれです。

でも、床タイルや外壁をキレイに見せたいなら、空間の多い足つきのタイプがイイかなと。見せたくないならその逆ですね。

みーたん
10万円以内でも、結構種類選べるんだねえ。これならなんとか買えそうだよ。
あーちゃん
床はTOTOさんのタイル、外壁はラップサイディングだし、もしかしたら足付のタイプのほうがおしゃれかもしれない。迷うなあ。

最後に

バルコニーは洗濯物を干せればイイ、という考え方も多いかと思います。

けど、少し遊びの要素を入れてあげるだけで、バルコニーだってステキな空間に早変わり。

 

わたしたちの土地は36坪・130㎡程度ですが、1階にはお庭を・2階にはバルコニーを、ということで、どちらも楽しめるようになっています。

 

余すところなく楽しい空間があるほうが、ウキウキしながら毎日を過ごせるはず。

ちょっとでもバルコニーを広くしてみる、という選択肢も、アリなんじゃないでしょうか。

 

▲クリックで詳細確認

もしこれからオウチを建てられる方、建てたいと思っている方は、ハウスメーカー・工務店選びは慎重に。

バルコニーだって、各ハウスメーカー・工務店さんによって、価格が違いますからね。

 

わたしたちもお世話になった、タウンライフさんから依頼すれば、サンプルの間取りやバルコニーの価格だって、一気にわかっちゃいますよ。

 

ステキなオリジナルのオウチが建つことを祈っています。

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!