壁かけテレビの費用は無駄?!DIYで節約してコレを買って!

壁かけテレビの費用は無駄?!DIYで節約してコレを買って!

今回のテーマは、

「テレビの壁かけ費用は無駄?!DIYで節約してコレを買って!

 

注文住宅の内装・インテリアを検討しているわたしたち。

 

前回、新築に置くための新しいテレビを2台購入したんです。

そのうち1台は、寝室に壁かけしようと思っているんですけど、その壁かけにかかる費用が・・・どうしても無駄としか思えなくって。

 

今回は、テレビの壁かけにかかる費用をDIY対応にして節約し、その浮いた分で、新たに購入したものについてお話していきます。

テレビの壁かけにかかる費用って高くない?!

▲クリックで拡大

わたしたちが購入したのは、最終的にはアクオスさんの60インチ。

60インチともなると、幅が130cm以上にもなりますから、結構大きめですね。

 

これを壁に取り付けるとなると・・・やっぱり高いんだろうなって・・・

テレビを買った際に、いったいいくらかかるのか聞いてみたんです。

 

 

▲クリックで拡大

すると・・・上図のとおりの金額だということで・・・

 

わたしたちは、上下だけに角度調整できるものを選ぼうと思っているんですけど、下地補強済の壁でも約50,000円もかかるんですって。

壁かけの金具まで付いてこの金額なんですけど・・・・なんかおかしいんですよね・・・。

 

だって・・・上の商品を見ればわかりますけど、金具だけだったら5,000円くらいでも買えちゃうんですよ?

なのにいったいどこに50,000円もかかってるのって・・・不思議。

 

そりゃ人件費とか出張費とかも含まれたうえで、手間賃が入ってるんだろうけどさあ・・・

全部で50,000円かかるってことは、45,000円はそれに充てられているっていう・・・

 

逆に言えば・・・なんとか自分たちで取り付け、DIYの対応ができれば、45,000円が浮くわけですから、なんとかしたい。

みーたん
自分たちでやるの?!そんなに簡単にできるもの?!新築なんだからイイんじゃない?!任せても。
あーちゃん
今の時代、DIY製品もかなり進化してきていてさ、自分でも取り付けられそうなのよ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

取付簡単な壁かけ金具を選べばできる?!

ということで、なんとか自分たちでやってみようってことで、わたしたちが購入したテレビの壁かけ金具は上の商品。

価格は9,000円なので、先の商品よりもちょっとお高めですが、その分DIYで自分で取り付けられるような要素が入っていたので、コレにしたんです。

 

 

▲クリックで拡大

一番のお気に入りポイントは、上図のように、水平の若干のズレも修正できてしまうところ。

すごくないですか?工夫されてますよね。

 

わたしたちもDIYなんてしない、素人ですし、こういうミスをリカバーできるところはポイント高いんですよ。

 

 

▲クリックで拡大

初めて知ったんですけど・・・意外に壁かけ金具を取り付けるのって、手順はシンプルなんですね。

 

壁とテレビ、それぞれに金具を付けて、最後にテレビをかけるだけ、とは・・・

というか、これだけの作業ために50,000円払おうとしてたのか・・・?!

 

 

▲クリックで拡大

そうそう、わたしたちが今回購入したショップさんは、テレビ壁かけ専門店「KABEYA(カベヤ)」さん、なんですけど、親切なんですよ、ホームページの造りが。

 

だって、自分の持っているテレビから、どの金具が適合するのか一覧で見れるんですもん。

テレビの壁かけ金具って、正直素人だとどれにすればイイのかわかりません・・・・

 

けど、ここなら、スイングするもの・上下に調整できるもの・角度固定のもの、用途に応じてどの金具にすればイイのか、すぐにわかるんです。とっても便利でしたよ。

みーたん
確かに・・・ホームページに動画もあるから、手順もわかりやすいね。というか、みんなコレ買って自分でやればイイのに。
あーちゃん
みんながみんな、自分でできるわけじゃないさ。だって、下地打ってなかったり、コンセントが下にあったり、状況はさまざまだもん。

業者対応のほうがベターな場合?

▲クリックで拡大

テレビの壁かけを業者対応でお願いしたほうがベターなケース、それは、下地を打っていない場合、そしてコンセントが下にある場合、でしょうね。

 

下地を打っていないってことは、あとは柱を狙って金具を打ち込まないといけない。

DIYになれているなら自分でもできますが・・・もし素人がやって、テレビが床に落下したら・・・怖くないですか?想像しただけで・・・

 

あとは、コンセントが下にある場合。

そこからテレビの電源を引っ張らないといけないですからね。上図のように、配線がびよーーーーーんとなってしまうっていう。

 

業者さんにお願いすれば、隠蔽配線といって、壁の裏をうまく通してくれるんですって。

 

 

わたしたちはこうなってしまうことがわかっていたので、設計の段階から、下地を打っておいてもらい、コンセントを上に設置してもらいましたよ。

でも、建売住宅やマンションでは、さすがに最初からそんな仕様になっているとは思えないので、業者さんにお願いしたほうがイイのでしょうね。

みーたん
最低限度の下処理だけしておけば、自分たちでも付けられるってことかあああああ。心配は心配だけど。
あーちゃん
でもさ、、、ココで40,000円くらい浮かせれば・・・アレが買えるんだもん!なんとかする!

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

浮いたお金で買うのはサウンドバー

浮いたお金にちょっとプラスして買ったのは、、、BOSEさんのサウンドバー。

価格、約70,000円なり。楽天ポイントが返ってくるので、実質はもうちょっと安いんですけどね。

 

もともとは、40,000円分はテレビの壁かけ費用に消えるはずでしたけど、それを自分でやることで、こっちのサウンドバーを購入できちゃいました。

 

嬉しすぎます・・・だって、60インチの大画面テレビにこのサウンドバー付ければ、映画とか最高じゃないですか。

 

 

▲クリックで拡大

それに、このBOSEさんのサウンドバーには・・・・スマートスピーカー「アレクサ」が搭載されているんですよ?!

 

すでにアレクサがオウチに7台もあるのに、さらにもう1台増えることに。

それがなんと、BOSEさんのスピーカーだなんて・・・便利すぎる。

 

 

っと、まあとにかく、費用が40,000円も浮くのであれば、このように何かしら欲しいものが買えるかもしれませんよ?

あーちゃん
やたーーーーーーー!!!!嬉しすぎてヤバいですううううう。映画見るの楽しみ!音楽聴くのも楽しみ!
みーたん
壁かけと言ったら、、、サウンドバーだもんね。それがBOSEさんので、壁かけ費用をこっちに回すなら買いかな!

最後に

そうそう、テレビの取付はいくらシンプルって言っても、電動ドリルなどの工具は必要みたい。

壁に下穴を開けなきゃいけないみたいだし。

 

なんだ・・・結局お金がさらにかかるんじゃんって思うじゃないですか・・・。

 

と言っても、一般的なもので言えば、5,000円かからないくらいでしょうか。

これなら、壁かけ金具とBOSEさんのサウンドバーを買った楽天ポイントで、まかなえちゃいますよね。

 

わたしたちもコレ、買っとかないとなあって。

ついでに、せっかく電動ドリルを買うんだから・・・いよいよ本格的に、日曜大工もやってみようかしら。

 

ステキなデジタルライフ、楽しんでくださいね。

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会をご覧いただければと思います。

 

 

WEB内覧会一覧ページは、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!