キャンプ・車中泊と合わせて芽生えた防災意識

キャンプ・車中泊と合わせて芽生えた防災意識

今回のテーマは、

「キャンプ・車中泊と合わせて芽生えた防災意識

 

ついに新型ハスラー契約しちゃいました、これで色々な場所に行ってキャンプしたり、車中泊したり楽しめるなあって思っています。

でね、車のアクセサリーとかキャンプ用品とか探していると、ふと思うことがあって・・・それが防災のこと😨

 

ということで今回は、キャンプ・車中泊と合わせて芽生えた防災意識について、お話していきます。

 

新型ハスラーを購入したお話は↓↓の記事をご覧ください👍

新型ハスラーを200万円で、しかも残価設定ローンで購入です!

新型ハスラーを200万円で、しかも残価設定ローンで購入!でも納期は・・・

2020年2月26日

もともと防災意識はとっても希薄です・・・

【入居後7ヵ月WEB内覧会】急須もインテリアに?!植物もさらに置いちゃった和室リビング

これまで防災意識なんて・・・芽生えたことなかったんですけども、ついでに危機管理意識も低め😨

今いまだって、マスクがないって騒がれているなか、マスクを無理に探そうともしないっていう・・・ウイルスに感染したらそれまでか。。。

 

大地震が来たらまずいな、海にも川にもある程度オウチが近いから津波や氾濫も心配だな、ライフライン止まったらどうしよう、とかとか。

そういった未知のリスクを考え始めるとキリがないから、逆に考えないようにしているっていう状態😢

 

 

 

 

上の防災セットなんて・・・持ってないです😢

それなりに価格もするしさ・・・いつかは買わなきゃいけないかなあ、なんて考えつつ、日々の支出に追われてそっちが優先される。。。

 

あわせて、最近の住宅は耐震性能も昔よりはイイだろうし、地盤もしっかり固いから、いきなり地面割れることもないだろうし、なんて甘い考え。

たぶんこのままだと、本当にあとでひどい目に合いそうってことは、重々理解しているけどさ・・・

 

防災のためにそれなりの費用をつぎこむって、なんともなんとも辛い感覚😢

 

みーたん
自然災害はいつ起きるかわからないから、備えておこうっていつも言ってるじゃんか!!って言っても、確かに本気でそう思うきっかけって、なかなかないよね。
あーちゃん
ディフェンシブな考え方だと、どうにも検討したくなくなるというか・・・せっかくならワクワクしながら準備したくないか?

一石二鳥なんじゃない?!

にわキャン×→ルーフテント×→新型ハスラーの車中泊で決定!

防災に対し何もしないまま時間だけが過ぎ、ようやくその意識を持つきっかけが😲

それが上図、スズキさんの新型ハスラーへの乗り換えです。新型ハスラーのホームページはこちら

 

今までは輸入車ばかりで、走ることをメインに車を持ってたんですけど、車でキャンプとか車中泊とかしたいってことで、新型ハスラーをチョイス💡

上図からでも、なんとなく雰囲気わかりますよね。

 

いやね、キャンプしたり車中泊するのでも、色々な車のアクセサリーやグッズが必要になるんですよ💦

それらが・・・防災でも役立ってくれるなって思うわけで😲

 

 

にわキャン×→ルーフテント×→新型ハスラーの車中泊で決定!

屋外または車内で生活するためには、テントやタープ、寝具やら照明やら調理器具やら小型家電やら、結構たくさんの物ものが必要になる。

車そのものが家になりうるということであれば、もうこれら一式すべて防災のためにある、とも理解できますよね😲

 

大災害が起きて、家を失ったとしても、せめて車と寝袋があれば寝床は確保できるとか。

小型ヒーターや扇風機で快適に過ごせるとか、調理器具があれば、最低限の食を確保できるとか。

 

 

にわキャン×→ルーフテント×→新型ハスラーの車中泊で決定!

たとえば簡易トイレ、ただ家に置いておくだけだと、なんだかなあ・・・

でも、キャンプや車中泊の緊急用として車に積んでおくなら、なんとなくアリな気がする👍

 

たぶん、人生のアクティビティーにかける費用の一部だから前向きに捻出できる、捻出したくなるんですよね😲

自分たちの楽しみのために買う物が、そのまま防災品にもなる、一石二鳥だったらコスパもグっと良くなる感じがするじゃないですか。

 

ひとまず防災バッグ1つ買えばイイでしょ、って一瞬思うけど、それで事足りるわけじゃないと思うんです。だって防災バッグ1つじゃ、その後生活していけないでしょ😢

その後の生活まで確保するという意味では、本格的にキャンプ用品を買うくらいの費用は、いずれにせよかかるんじゃないかなあって思う・・・

 

みーたん
そうだね・・・防災バッグ1つあって、いったい何ができるんだっていう。防災バッグに入ってるものを、キャンプ用品として準備しておけばイイだけだし。
あーちゃん
いいきっかけになったと思うよ、今回の決断はさ!楽しみつつ、有事に備えられるなんてな!!

 

新型ハスラーを購入したお話は↓↓の記事をご覧ください👍

新型ハスラーを200万円で、しかも残価設定ローンで購入です!

新型ハスラーを200万円で、しかも残価設定ローンで購入!でも納期は・・・

2020年2月26日

一番手に入れておきたいモノは・・・

さて、数あるキャンプ=防災用品のなか、一番わたしたちが持っておきたいもの・・・それが上の商品、ポータブル電源😲

車の中に積んでおけば、エンジン点けなくても電気を使えるのはありがたい。車中泊時にも、充電したり電気毛布や扇風機に使ったり、色々とできるでしょ。

 

オウチが無事で、でも停電になったときにも使えるよね。

まあ・・・あまりに安いポータブル電源だと、全然使える家電ないかもしれないけど・・・

 

 

【入居後WEB内覧会】コンセントの位置とその用途

我が家は、ソーラーパネルを屋根に置いてますけど、蓄電池は装備してません。無理だって・・・高いもん蓄電池・・・もっと安くなってくれないと。。。

晴れてれば昼は発電してくれて、その電気を使えるけど、夜は発電してないから当然使えない。

 

だから、ポータブル電源は夜に使って、テレビ見たりとかスマホ充電したりとかね👍

あとソーラーの効いてるコンセントって、寝室の1ヵ所しかないから、昼に本体にここで充電しておいて、夜にLDKでポータブル電源を使うのもアリかも。

 

電気があるのとないのとだと、たぶん全然違う生活になると思います。

買っておきたいなあ・・・ただ家の家電が使える容量のやつは、とんでもなく高いんだけどね。。。

 

みーたん
高すぎです却下。まあ・・・蓄電池よりかは全然安いんだろうけどさ。別の物ものだって揃えないといけないし。
あーちゃん
いずれにせよ、グッズ選びには防災っていう視点も含めて見てみよう。いざというとき、役立つかもしれんわ本当に。

 

我が家のコンセント事情は↓↓の記事をご覧ください👍

【入居後WEB内覧会】コンセントの位置とその用途

【入居後WEB内覧会】コンセントの位置とその用途

2019年6月14日

 

最後に

ということで、キャンプ・車中泊と合わせて芽生えた防災意識についてお話しました。

 

たぶんね、防災っていう視点だけでは、なかなか思いつかないことが多いと思うんです。

結局防災って言っても、売ってるものって、あくまで一時しのぎ的な対応の物しかないもん。

 

外で生活する=キャンプ、みたいな視点で防災を考えると、また色々思いつくことってあると思うんですよね😲

それに・・・楽しく考えられるだろうしさ👍

 

どうせ費用かけるなら・・・楽しく前向きに防災を💕

 

キャンプに関する次の記事はこちらから、一覧はこちらからどうぞ😊