快適な車中泊のために考えてみるルーフラック編

快適な車中泊のために考えてみるルーフラック編

今回のテーマは、

「快適な車中泊のために考えてみるルーフラック編

 

新型ハスラー(MR52S)がついに納車して・・・かれこれ1ヵ月半経ちます。相変わらず、自粛生活のせいでまったく乗れてないけど💦

そんなときだからこそ自由に遊びに行ける日を夢見て、新型ハスラーに乗り換えた理由の1つ、快適な車中泊に向けて今のうちに色々と考えていきたいと思います💡

 

今回はその第18弾、以前にもお話してますけどその続き、ルーフラックにについて考えたことをお話していきます。

 

以前ルーフキャリアについて考えたことは↓↓の記事をご覧ください👍

快適な車中泊のために考えてみるルーフキャリア編

快適な車中泊のために考えてみるルーフキャリア編

2020年3月5日

最終的に決めたルーフラック

たどりつくまでに紆余曲折あったんだけど・・・最終的にはショウワガレージさんのルーフラックに😲

薄めの造りとかマットな質感とかカワイイなって思うし、あとは長さ140cm×幅102cm(内寸110cm×95cm)っていうサイズ感がルーフにピッタリ💡

 

他にもいくつかサイズがあって、さまざまな車種に合わせられるようになってるのよ。

取付事例も商品ページに載ってるから、確認してみてください✨

 

 

最後の最後まで対抗馬となって悩んだのが・・・イノーさんのルーフデッキ😲

上の商品ね、すっごい・・・平たいやつ。ラックと言えるほどカゴっぽい形状でもない、だからデッキなんだろうね。

 

価格も高すぎないし、見た目が邪魔にならないし、まだあまり付けてる人がいなくてある意味独自性があるし👍

それに、平たい形状だからこその工夫っていうこともできそうでしょ、ボード類だって縛り付けて乗せれそうだもん。

 

ただ真四角なサイズ感がね・・・やっぱり荷物乗り切らないかもって思っちゃったところ💦

 

 

 

 

他にも色々なルーフラック見たんだけど、デザインや大きさが一番しっくりくるのは、上の商品、純正品に限るなって思った😢

すっごいカワイイ・・・わたしたちも付けたいなって思った・・・高いからムリだったけど・・・高いよ・・・

 

ショウワガレージさんとかイノーさんので揃えるのと、純正品で揃えるのとだと、5万円くらい差がでるもん支払額に。そんなにお金持ってないっす💦

 

 

新型ハスラー(MR52S)納車と一目ぼれルーフボックス

オートバックスさんに寄ったときに見つけた、ゴードンミラーさんのルーフボックス。。。

デザインも色もピッタリだし、荷物も濡れないからコレしかないでしょって思って感動したんだけど・・・でもルーフボックスって日ごろの使い勝手が超悪いの😨

 

だって、へたしたら色々な施設の駐車場に入れなくなる、2.1mの高さが一般的だけど、それを越えちゃうもん新型ハスラーだと💦

万一気付かずに突っ込んで、ルーフボックスがバキバキになったり、引き返せずに後ろが大渋滞になっちゃったり、なんて・・・やばすぎでしょ。。。

 

みーたん
これでイイやって妥協して付けて、見た目が安っぽかったり、愛情を持って使えなかったりのほうがイヤだよ・・・
あーちゃん
決めるのかなり迷ったよ・・・一長一短だからなどれも。。。ピッタリくるならイノーさんの140cm幅のデッキにしようと思ったけど・・・まさかの展開が・・・

 

ルーフボックスを見たときのお話は↓↓の記事をご覧ください👍

新型ハスラー(MR52S)納車と一目ぼれルーフボックス

新型ハスラー(MR52S)納車と一目ぼれルーフボックス

2020年4月27日

大きいサイズはムリなのね・・・

上の商品は、先ほども出てきたイノーさんのルーフデッキ・・・の大きいほうのサイズ、長さも幅も140cmあるやつ。

写真で見ると・・・新型ジムニーには幅感ピッタリじゃないの💕

 

こんなにピッタリサイズなら、そりゃ新型ハスラーにもそこまでイメージ変わらずピッタリ乗るでしょ、適合も問題ないし😊

こんなに大きいルーフデッキなら、荷物すっごい詰めて車内は広々だなってワクワクしてたわけですけど・・・

 

 

新型ハスラー(MR52S)納車と一目ぼれルーフボックス

140cmだとどれくらいになるのかと思って計ってみたら・・・めちゃくちゃ車体からはみ出ます、ルーフラック幅が😨

いやいやいや・・・ジムニーと変わらないサイズ感のはずのに・・・なんでこんなことに・・・

 

と思ったら、新型ハスラーってかくばったデザインになったけど、それでもやや台形気味な形状なんですよね💦

ルーフにむかって車体の横幅が少しずつ狭くなってるのよ・・・だから実際に幅140cmのを乗っけようとすると、アンバランスさがひどいことに。

 

実際に計って、目でバランスを見た結果、幅100cmくらいが結局ちょうどイイんだねってことになった・・・😨

やっぱり車内がいくら広く感じても、軽自動車であることには変わりないのですよ。。。

 

みーたん
衝撃のはみ出具合だったよ、そんなの乗せてたら、正直みっともないです。ジムニーはキレイに四角い車体だから違和感ないんだよね。
あーちゃん
とはいえ、100cm×100cmくらいのルーフデッキじゃ、さすがに荷物乗り切らないぞ・・・ボクらの場合、寝具を全部乗せるんだからさ・・・

でもこれだけの荷物があるんだけど・・・

快適な車中泊のために考えてみるルーフラック編

ルーフラックは大きいほうが良かったんですよ・・・140cmにもできればこだわりたかった。。。

というのも、上図マットレスだったりシェラフなどの寝具をすべて、ルーフラックに乗っけるつもりでいたからです😲

 

荷物を小さくするためにとか言って、エアーマットなどは絶対使いませんよ・・・ちゃんとしたマットレスにかなうものなし、って思ってるもん💦

オウチと同じような寝心地を確保したまま移動しないと、疲れが溜まっていっちゃうじゃないの。それは・・・楽しい車中泊とは言えないし😨

 

 

 

 

上の商品、実際にわたしたちが持っているものね、ラクラスマート。体圧分散してくれるから、確かに寝るとフッカフカなの😲

収納するとき3つ折りにできるのはありがたいんだけどね・・・いやはやかさばるかさばる、小さいルーフラックだと、もうこれだけでいっぱいいっぱいです。。。

 

だから、幅が100cmなのは仕方ないとしても、長さだけは140cmくらいは確保したかったのです。

ちょっとでも寝具類を詰め込めるスペースが欲しいわけで😢

 

 

 

さらにまだ問題はあって、ルーフラックに乗っける防水バッグをどうするか問題💦

ルーフラックがいくら大きいサイズでも、結局防水バックのなかに寝具を入れるから、その大きさに依存しちゃうことになるから・・・できるだけサイズも考えながら選ばないと😨

 

ピッタリはまるものなんてないから、だいたいところで合わせておいて、あとはネットをかぶせて固定するって感じかな。。。

実際にやってみないと、もはやわからないというね・・・まだまだ車中泊仕様が完成するまでには遠そうです😢

 

みーたん
見てみたけど、ルーフラックにピッタリくるのはなさそうだよ。。。多少余っちゃうか、もしくはラックよりも小さいものを選ぶしかないか・・・
あーちゃん
小さいよりも大きいのを選ぼうかね。縦に積むより横に広げたいのよできるだけ・・・走行中の荷物への風の抵抗が怖いもん。。。

最後に

お庭でキャンプは却下、からの、ルーフテントキャンプ?!

ということで・・・ルーフラック編でした💡

ひとまず商品が決まったからイイかな・・・ちょうど今週末にはベースキャリアを付けてもらうのです、で、ラックがきたらあとはそれを乗せるだけ😲

 

あとは・・・防水バッグを選んで、実際に入れるものを考えて詰めてみる作業。これも大変そうだ・・・

何を入れるかだけじゃなく、上から下への積み替えのことも考えながら、積むものだけじゃなく積む順番とか配置も考えないとあかんのです💦

 

こういう細かいこと失敗すると、現地で絶対パニックになるから本当にイヤなのですよ😢

お・・・とか言ってる間に・・・

 

 

 

上の商品、イーエフデルタがオウチに到着いたしました💕

そうか・・・今日発売日だったんだね、発売日当日に到着なんて、嬉しいことしてくれますわ✨

 

ちょっと・・・実際に車に置いたらどうなるのかやってみようっと。それではまた次回、こうご期待です👍

キャンプに関する次の記事はこちらから、一覧はこちらからどうぞ😊