コーヒーメーカーもライフスタイルに合わせてチョイス!

コーヒーメーカーもライフスタイルに合わせてチョイス!
LINEで送る




今回のテーマは、

「コーヒーメーカーもライフスタイルに合わせてチョイス!

 

注文住宅完成まで残り2ヵ月、内装・インテリアを検討中のわたしたち。

結構コーヒーを飲む機会が多くて、家電量販店にコーヒーメーカーを見に行ったんです。

 

そしたら、すっごいたくさんの種類があってビックリ。

今回は、わたしたちのライフスタイルに合わせてチョイスしたコーヒーメーカーをご紹介します。

わたしたちのライフスタイルって?

共働き世帯ではありがちだと思うんですけど・・・だいたい平日ならこんな感じで過ごします。

 

朝5:45起き→7:00仕事出発→20:30~21:00頃帰宅→21:30~22:30食事→23:00~24:30頃お風呂→25:00就寝

まあもうちょっと早いときもありますけどね。

 

また、休日で出かける場合だと、

 

朝8:00起き→9:30食事→11:00頃お出かけ→18:-00頃スーパーにも寄って帰宅→19:30~20:30食事→21:00~22:30頃お風呂→11:30頃まったり

こんな感じでしょうか。

 

あるある、って感じしますけど、実はこのライフスタイルをふまえて、コーヒーメーカーだってチョイスする必要があると思うんですよね。

 

スマートコンセントの使い道を考えてみる▲クリックで拡大▲

3,000円くらいで購入できるコーヒーメーカーはたくさんあります。

機能的にも一番シンプルなものなわけで、飲みたいときに豆を挽いて、水を入れて抽出、電源が入っていれば保温されるタイプ。

 

全然これでも使えるとは思うんですけど、少しでも楽したいというか、時間を有効に使いたいと思うと、ちょっとだけグレードの高いものを買ってもイイんじゃないかって思っちゃうんです。

みーたん
コーヒーメーカーなんてどれも基本同じで、豆入れて水入れて、ボタン押して、って感じじゃん。ライフスタイルと合わせるって・・・?
あーちゃん
今はいろんな機能を持ったコーヒーメーカーがあるからさ。ちょっとでも楽するために、考えたほうがイイと思うんだよ。

2台コーヒーメーカーを置きたい

▲クリックで拡大▲

上図は、わたしたちの注文住宅・1階2階の間取り。

 

オレンジ丸色の部分に1台ずつ、合計2台のコーヒーメーカーを置こうと考えています。

1台はキッチン、もう1台は2階寝室奥にあるワークスペース。

 

2台置く必要ある?!と思いますけど、これもライフスタイルに合わせる、という考え方で。

 

1階キッチンは、当然朝食や夕食時に使いますよね。特に平日朝。

2階ワークスペースは、寝室もかねていますので、夜寝室でゆっくりコーヒーを飲んだり、また隣接しているインナーバルコニーで、休日に外に出してコーヒーを飲むため。

 

今はマンションに住んでいますから1フロアですけど、一戸建てのオウチとなると、1階2階の往復は非常にめんどくさい・・・・。

2階寝室だったら、2階だけで物事を完結させれるようにしたいわけです。

あーちゃん
ホテルライクってそういうことでしょ?2階だけで食事以外のすべてを完結させることができればイイ。
みーたん
2階にもコーヒーメーカーを置くと、確かに寝室に上がってからイチイチ下に降りる必要もないわけだ。
あーちゃん
本当は、ミニ冷蔵庫かミニウォーターサーバーなんかもあるとイイよな。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

平日朝は全自動コーヒーメーカーで楽々

ということで検討し結果、最終的にわたしたちが決めた1つ目のコーヒーメーカーは、1階キッチンに置くシロカさんの全自動コーヒーメーカー。

 

まずそのデザイン性がお気に入り。スタイリッシュだし小型。

他のコーヒーメーカーにはあまりないデザインじゃないですか?

 

▲クリックで拡大▲

それに全自動ですよ?豆と水入れて、そのままスイッチオンするだけ。

イチイチ豆を挽く必要はありません。

 

豆は、酸化していない状態、挽きたてが一番美味しいですからね。

でも挽くのはやや手間があってめんどくさい、だから全自動をがイイんです。

 

これで、平日朝仕事前のバタバタした朝食だって、簡単に挽きたてコーヒーを楽しむことができます。

 

コーヒーサーバーはガラス製のもので問題なし、作ってすぐ飲むってスタイルがメインだから、ずーっと保温しておく必要はないですからね。

みーたん
うん、主にキッチンで使うときは、朝が一番バタつくからね。全自動だと楽になるよ。
あーちゃん
毎日ゴリゴリ豆挽くのも、意外に手間なんだよなあああ。本当はコーヒーくらいゆっくり楽しみたいって思うけど。

休日朝は断熱ポットでアウトドアブランチ

わたしたちが決めたもう1つのコーヒーメーカーは、2階ワークスペースに置くサーモスさんの断熱ポット・タイマー付きコーヒーメーカー。

 

断熱ポットとタイマーが鍵です。

たとえば、夜のうちに豆を挽いておいて、朝タイマーで自動的に抽出され、目覚めの一杯を小さなデミカップでいただく。

それだけでもちょっと優雅な時間になりそう。

 

それに、一気に4杯分くらい抽出しても、真空断熱ポットのおかげでずっと保温状態が続きます。

休日は、ポットごとインナーバルコニーに持っていって、朝食と一緒にブランチをいただく、なんて、まさに海外ホテルの朝食じゃないですか。

 

サーモスさんの断熱ポットは、朝から夜まであったか続くと定評ですからね。手持ちのステンレスポットもそう。

 

▲クリックで拡大▲

豆を前日に挽くってことは、多少味は落ちちゃうんですよね。それはしょうがないって目をつぶることに。

 

寝室に置く以上は、全自動はどうしてもイヤだったんです。

というのも、、、朝起きるとき、豆が挽かれるゴリゴリするミルの音で起きちゃうから。

買ってからじゃないと気づかないことなのかも。

 

タイマー付じゃないんですけど、断熱性の高いポットでおすすめなのは、象印さんのマホービン。

 

タイマーの代わりに全自動ミルが付いているので、1階に1台置くっていうことならコレもおすすめ。

ちょっとお値段は高めなのと、デザイン性が機能性重視のため低いってのが引っ掛かりますけど。

 

そんなこんなで、朝の忙しいとき用と休日ゆっくりとしているとき用で、2台購入するってことになったってわけです。

みーたん
コーヒーってすぐ冷めちゃうもんね。あったかいコーヒーが持続的に飲めるポットは、かなり使い勝手良さそうだ。
あーちゃん
本当は、全自動で断熱ポットがあって、タイマーもあるタイプが一番なんだけどなあ。ないんだわ、国内メーカーで信頼できるものが。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

最後に

ライフスタイルに合わせて、そして機能性を見て、コーヒーメーカーを選びました。

が、本当はちゃんとゆっくり自分でドリップして飲みたいところです。

 

なんでこんなに忙しいんでしょうね、毎日。海外はもっとゆっくり時間が流れているはずなのに。

いったいいつになったら侍魂を持った日本国、というイメージがなくなるのか。

 

家庭よりも働くことこそすべて、なんて時代はとうに終わっているはずなのに。変だなあっていっつも思っています。

 

コーヒーくらいゆっくり優雅に飲めるような、そんな時間とゆとりを作りたいものです。

あなたのライフスタイルに合ったステキなコーヒーメーカー、選んでみてくださいね。

内装インテリア シリーズ記事