注文住宅・新築のために買いなおした白物家電まとめ

注文住宅・新築のために買いなおした白物家電まとめ

今回のテーマは、

「注文住宅・新築のために買いなおした白物家電まとめ

 

注文住宅を建築中のわたしたち。

思い切って、10年間使っている白物家電(冷蔵庫・洗濯機・エアコン)を、すべて買い換え取り置き中。

今回は、わたしたちが購入した実際に商品と、トータルでどのくらい費用がかかっているのかをご紹介します。

今使っている白物家電

▲クリックで拡大▲

注文住宅が完成するまでは、わたしたちはマンションに住んでいます。

 

マンションは、注文住宅ほどの自由度なんてありません。

家の中は、完成している状態で引き渡されるわけで、あとは家具・家電などを置くだけ。

 

クロスもホワイトなので、まー置いてあるものも割とこだわりがないわけです。

 

冷蔵庫にしたって、上図シルバーカラーの400Lくらいのタイプ。東芝さんの冷蔵庫。

特に使ってて壊れたり、違和感を覚えたりということはありません。まだまだ使える物。

 

▲クリックで拡大▲

そして上図は、ホワイトのドラム式洗濯機。こちらはシャープさんですね。

家電が安売りしていて、形状だけでもドラム式が良かったと当時は考えていて、購入に至ったもの。

 

正直メンテナンスなんてほとんどしていなくても、正常に稼働はしています。

 

▲クリックで拡大▲

そして最後に、パナソニックさんのエアコン。

度々の引越しの影響か、ゆがみや割れはあるものの、まったく使っていて問題ありません。

10年間壊れたことも一度もない。

 

つい半年くらい前、業者さんに清掃してもらったんですけど、10年使っている割に、本体内部はキレイですよね、って言われるくらいです。

 

別に、これらを新築にそのまま移設することだって可能なんです。

でもね、そのまま持っていくのはどうしてもイヤな理由があって。

 

それは、1つ1つの家電に愛情を抱けていないから、なんです。

 

結局は、購入するときに、何のこだわりもなく、気に入ったものでもなく、なんとなく買ってしまったもの。

 

まあコレでイイか、程度の気持ちで。

しかもカラーだって、クロスがホワイトだから、それに馴染む色はホワイト、なんか工夫も感じられないという。

 

その状態で、メンテナンスを気にしたりなんて、なかなかできないわけです。

壊れたら買い替えよう、くらいしか思えない。

 

これってすごく悲しいことだと思うんですよね。

物も人と同じ、大切に扱ってあげることで、ずっと輝くものなのに。

 

だからこそ、心からお気に入りの物にするため、愛情を抱くため、いつまでもキレイに使ってあげるために、白物家電を買い替えようって。

 

▲クリックで拡大

あと、わたしたちのオウチのベースとなるクロスが、上図のリリカラさんのシャンパンゴールドカラーなんです。

 

それとのコーディネートも考えて、白物家電を魅せるインテリアとして輝かせてあげたいって心から思うんですよね。

あーちゃん
愛情って大切だよなあ。夫婦間の愛情と同じでしょ。大切にしてあげないとさ。
みーたん
イイ機会だったんだよ。一緒にお気に入りのものを決めて、2人で一緒にずーっとオウチを大切にするために。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

買い替えた白物家電

▲クリックで拡大

ということで、まず購入したものが三菱電機さんの冷蔵庫、500L級のもの。

 

ブラウンのグラデーションカラーがとってもキレイで、クロスにぴったりなんです。

今の時代、冷蔵庫もおしゃれなものが、たっくさん出てきているんですよね。

 

野菜室も真ん中にあるタイプだから使い勝手も抜群に良くて、細かな仕様がまさに「にくいね三菱」のCMどおり。

 

みーたん
冷蔵庫は毎日使う物だから、やっぱり機能性も大事。三菱電機さんのはデザインも機能性もイイんだよね。
あーちゃん
ブラウンの色合いが本当にキレイだわーーー。これならキレイに使ってあげたくなるね!

 

 ▲クリックで拡大▲

続いては、東芝さんのブラウンの縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」。

 

本当におしゃれなものを買いたいならドラム式なのかもしれませんが、予算との兼ね合いもあるので、ここは縦型で費用をおさえるという。

お風呂の暖房乾燥機を200Vで付けているので、洗濯機には乾燥機も必要なし。

 

これまたブラウンカラーがとってもキレイなんですよ。

冷蔵庫は昨今、多くのカラーが登場しているからイイですけど、洗濯機ってまだまだホワイトが多い気がします。

 

だからこそこのカラーがずーっと気になっていたんですよね。

 

みーたん
縦型洗濯機って、ホワイトの縦型、生活感がすごいでちゃうものしか売ってないと思ってたけど、時代は進化してるね。ビックリだよ。
あーちゃん
ドラム式のほうがカッコいいって思ってたけど、縦型だって探せばデザイン性の高いものがあるんだね。

 

▲クリックで拡大▲

そして最後は、またも三菱電機さんの、シャンパンゴールドカラーのエアコン。

実物のほうがよりキレイだったので、ここは実物の写真を。

 

完全にクロスとの相性で選んでいます。

そもそもこんなきれいなカラーのもの、この当時は三菱電機さんでしか売っていませんでした。

 

そりゃ機能性で言えば、他メーカーにもっと高いものもあるんですけどね。

だって、わたしたちが購入したこのエアコン、お掃除機能もなければ、20畳用の大きなサイズも用意されていないという。

 

でもイイんです。眺めているだけでウットリな一品なんですもん。

エアコン眺めてウットリできること、ありますか?

お掃除だって、大好きな家電なんだから、自分ですればイイんです。

 

ということで、LDK18畳用・寝室12畳用・子ども部屋6畳用、まとめて3台購入。

 

あーちゃん
はああああ、美しい。美しすぎる。これならクロスと同色だから、違和感なくオウチにおけるね。
みーたん
しっかし、冷蔵庫といいエアコンといい、三菱電機さんのデザイン性って、かなり高くない?

白物家電買い替えにかかった費用

さて、これら白物家電の買い替えにかかった費用は、トータルでいくらだったのか。

 

    • 冷蔵庫 19万円
    • 洗濯機 7.3万円
    • エアコン3台 27.8万円
    • 合計 54.1万円

でした。

 

家電量販店で戻ってくるポイント分は差っ引いていますが、それでもこれだけ買って54.1万円なら安い気もします。

 

でも価格も確かに大事ですけど、一番良かったのは、すべての白物家電が愛情を注げるものであること、ってことですね。

価格以上に、大切に使ってあげたいオウチのインテリアなんです。

みーたん
そっかあ、だいたいこのくらいかかるもんなんだね。お気に入りのもののためには、必要経費か。
あーちゃん
仮に30万円で全部揃ったとしても、愛情なければ意味ないさ、大切にできないしね。
みーたん
わたしも頑張って、全部説明書読むんだから!メンテナンス大事だもん!

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

最後に

白物家電(しろものかでん)、なんて呼び名は、本当はやめて欲しいなあって感じます。

なんとなーく、機能性だけを重視した、生活に役立つ・生活に欠かせない・生活を助けるための家電、っていうイメージが抜けきらないから。

 

だいたい流行って、おしゃれじゃなかったものをおしゃれにするところから始まる気がしているんです。

食品だって飲食店だってそう。SNSですぐに拡散される時代ですからね。

 

これから買い替えられる方は、ぜひこういったことも意識して、愛情ある一品を探してみてくださいね。

内装インテリア シリーズ記事

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!