購入した土地の後悔・残念ポイント

購入した土地の後悔・残念ポイント

今回のテーマは、

購入した土地後悔・残念ポイント

 

わたしたちは、神奈川県・湘南・茅ヶ崎市に注文住宅を建築中です。

2018年4月末に購入に至り、基本的にはすごく満足している土地ではあるものの、一般的・客観的に見ればやはり「変じゃない?」と思うところもあるのかと。

 

ということで今回は、購入した土地の後悔・残念ポイントについて、客観的にお話していきたいと思います。

購入した土地の良いところ

後悔・残念ポイントをお話しすると言っても、基本的に満足している以上、それだけではありません。

 

先に良かったと思う点を、簡単にあげていきたいと思います。

  • 駅から歩いて10分・海まで歩いて10分
  • コンビニやスーパーなども歩いて5分
  • 道も平たんなところが多い
  • 海近ながらも地盤が非常に強固
  • 津波や地盤沈下被害も影響を受けずらい
  • 通りから少し入ったところなので閑静
  • 近くにゴミ箱がない
  • 風で流されてくる異臭などもない
  • 北側道路ながらも南向き
  • 110㎡ながらも建ぺい率・容積率ともに大きい
  • 南側は景色が遠くまで抜けている
  • 南側道路ではないためプライバシーを確保

などなど。

 

こう細かく列挙してみると、意外とたくさんあがってくるものです。

深く考えなくても出てくるので、やっぱりすごく購入した土地を気に入っているということなのでしょう。

みーたん
わたしはすごく気に入ってるから、あんまり後悔・残念ポイントなんて思い浮かばないけど。むしろ、何も調べずに良くポンって決めて、よくこんなイイ土地に巡り合えたなってさ。
あーちゃん
そりゃ主観的に考えるとそうなるんだけどね。でも、こうだったらなああ・ああだったらなああっていうのは、ちょこちょこあるじゃん?

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

そもそも土地のカタチがイマイチ

▲クリックで拡大

真ん中あたりにあるのが、わたしたちの土地。

 

見ればわかるとおり、土地の南側のカタチがちょっとイビツになっています。

このイビツなカタチが与える影響は、単に土地を狭くしているだけに非ず。

 

 

▲クリックで拡大

当たり前の話ですが、やっぱり建物を建てずらいのです。

 

上図のオレンジ丸の部分、隣地境界線に合わせて、ちょっと建物を削らざるを得なかったんですよね。

特に図の右上、無駄に角ができてしまっているという状態に。

みーたん
そういやそうだったね。あんまり影響ないからイイかって思っちゃってた。
あーちゃん
タマホームさんにも同じ間取りで造ってもらおうとしたら、「建物入りませんよ??!!」って言われたじゃん?
みーたん
まあキレイな四角い土地のほうが、そりゃ建物もキレイにはまるわけで。そもそも土地が広かったら何の問題もないんだけどね。そんなお金ないもん。

土地のラインがイマイチ

▲クリックで拡大

土地のカタチとも連動する話なのですが、土地の両サイドのラインがイマイチ。平行になっていないのです。

 

 

▲クリックで拡大

先ほども掲載しました、わたしたちが最終的に決めた間取り。

建物ラインを見ていただくと、右側のラインに沿っていることがわかるかと思います。

 

建物の角は、耐震・強度上直角になるのが基本なので、この場合、建物の左側のラインはカクカクしてしまう。

 

 

▲クリックで拡大

仮に左側のラインに建物を合わせるとしても、今度は右側のラインがカクカクしてしまうことに。

 

カクカクすると何がダメか、というと、角が多い家のほうが費用がかかる可能性があるからなのです。

土地のラインも意識して購入しないと、間取りを造るのも予算を考えるのも難しいことになるかも。

みーたん
そうなの?!!!わたしたちの工務店さんでは、追加費用発生しなかったじゃん。普通はお金かかるんだ。
あーちゃん
角が増えるだけで追加費用発生するとか、本当に無駄じゃない?お金捨ててるようなもんだ。
みーたん
そういや富士住建さんでそんな話出てたっけか。14面体を超えるとオプション費用がかかるって。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

目の前の道が狭くて駐車が大変

▲クリックで拡大

普通、道路は車がすれ違えるギリギリの4mの幅が基本。

 

しかし玄関前の小道は、わたしたちが土地を購入したのと同時にセットバックされて、それでもようやく3mの幅。

 

 

▲クリックで拡大▲

3mって、実際に車に乗って体感すると、かなり狭くかんじるのです。

もちろん車なんてすれ違えません。なんなら自転車と車もすれ違えるかどうか。

 

慣れるまでは、駐車にかなり気を使いそうです。

 

 

▲クリックで拡大▲

▲クリックで拡大▲

わたしたちは、フォルクスワーゲンさんのザビートルに乗っていますが、もしJEEP(ジープ)に乗り換えたり、ワゴンタイプの車に乗り換えた日には、かなり駐車がめんどくさいことが目に見えています。

あーちゃん
インナーガレージだから駐車するのが大変ってのもあるけどね。外置きだったらもっと楽だったかも。
みーたん
でもさ、もし4m以上あるような道だったら、車通りが結構あるような道になっちゃうんじゃない?これはこれで仕方ないのかも。
あーちゃん
小道の先が行き止まりになってるようなところだったら、キチンと整備もされてるんだろうに。実家がまさにそうじゃん。

道が狭いため北側斜線規制にかかる

▲クリックで拡大▲

▲クリックで拡大▲

目の前の道があまりに狭いために、わたしたちの家の向かい側が日陰になってしまう可能性がある。

 

それに考慮して、家を建てなければならない、つまり、3階建てや片流れ屋根の設置などが難しいのです。

 

 

▲クリックで拡大▲

本当は正面から見たとき、上図のように、家の三角ラインを出したかったのですが、これすら規制に引っかかってしまう。

 

車の駐車だけでなく、こういった家の外観にまで影響が出てきてしまうのです。

みーたん
まあ道が狭いから、下から上を見上げる限りでは、もはやカタチなんてわからないとは思うけどね。
あーちゃん
でも、選択肢が減っちゃうのは悲しいことだよ。

−−−−スポンサーさまのPRです^^♪−−−−

準防火地域にかかり費用が100万円増

▲クリックで拡大▲

準防火地域にはまってしまうと、とにかく窓の費用が高くなる。

100万円は高くなるし、それにデザインまで選べなくなるし、窓にアミアミまで入ってしまうという。

 

昨今では、準防火地域でもクリアにできるガラスも販売があるそうですが、残念ながらそれは選択できず。

窓をオシャレにしたい方は、絶対気を付けたほうが良いポイントです。

あーちゃん
丸窓とか天窓とか・・・つけたかったなあ。残念だよ。
みーたん
決まり事だからどうしようもないんだよね。建築申請通らなくなっちゃうもん。

最後に

他にも何か後悔・残念ポイントがあるのか、結構考えてみたのですが、出ませんでした。

 

まとめてみると、良いポイントは、

  • 駅から歩いて10分・海まで歩いて10分
  • コンビニやスーパーなども歩いて5分
  • 道も平たんなところが多い
  • 海近ながらも地盤が非常に強固
  • 津波や地盤沈下被害も影響を受けずらい
  • 通りから少し入ったところなので閑静
  • 近くにゴミ箱がない
  • 風で流されてくる異臭などもない
  • 北側道路ながらも南向き
  • 110㎡ながらも建ぺい率・容積率ともに大きい
  • 南側は景色が遠くまで抜けている
  • 南側道路ではないためプライバシーを確保

 

後悔・残念ポイントは、

  • 土地のカタチがイマイチ
  • 土地のラインがイマイチ
  • 目の前の道が狭くて駐車が大変
  • 道が狭いため北側斜線規制にかかる
  • 準防火地域にかかり費用が100万円増

 

ということで、やっぱり総じて満足している結果です。

良いポイントも後悔・残念ポイントも、これから土地を買う方・買いたいと思っている方の参考になるかと思います。

良い土地にめぐりあってくださいね。

*続編・過去記事はこちらから*

2019年5月ゴールデンウィーク明けからは、いよいよWEB内覧会スタートです!ご期待ください!

 

直近のおすすめは、「建築中の様子」ですよ!

 

そして注文住宅に関する他のお話は、以下「簡単記事検索ページ」をブックマーク!

キッチン・お風呂・洗面所・バルコニーなど、空間別・テーマ別に整理されていますからね。

 

 

みなさまのオウチのヒントになれば嬉しいです。

それではまたお会いしましょう!