ホテルライク「アウトリガー」な間取り最終確定版

ホテルライク「アウトリガー」な間取り最終確定版
LINEで送る




今回のテーマは、

ホテルライクアウトリガー』な間取り最終確定版

 

ハウスメーカー・工務店さんと請負契約を結んでから約5ヵ月間。

紆余曲折しながらも、ようやく間取りが最終確定しました。

わたしたちは、神奈川県・湘南・茅ヶ崎市に家を建てますが、そのテーマは「アウトリガー」なオウチ。

今回は、最終確定した35坪・間取りのポイントなどについてお話していきます。

最終確定版間取りの全体構成

▲クリックで拡大

上図はわたしたちが最終確定した間取り。約35坪の大きさで2LDKです。

 

北側道路・入り口になっているため、南が上で、北が下、また右が1階、左が2階になっているのでご留意ください。

また、赤字で引かれている照明計画は、工務店さんが設定したものなので、ここでは無視してもらって構いません。

 

間取りの全体を見てみると、

  • 1階にはシャッター付のインナーガレージとLDK
  • 2階には居室やサニタリースペースなどのプライベート空間、屋根付きのインナーバルコニー

といった構成になっています。

 

通常、LDKが一番過ごしやすい空間であるよう・家の中心になるよう、間取りを造るのかもしれません。

が、わたしたちの場合は、2階プライベートスペースにこそこだわりを。

2階だけでも生活できてしまうような間取りにしている、大きく力を入れているところはポイント。

 

 

▲クリックで拡大▲

ちなみに、土地がそもそも35坪程度しかないため、これでも結構いっぱいいっぱい。

さらに上図のように、土地がま四角なカタチをしていないため、建物をキレイに四角で建てることができないし、縦長の建物にせざるを得ない。

 

そして車を外置きにしてしまうと、どうしても建物スペースが削られてしまう。

なので、あえてインナーガレージにすることで、建物スペースを大きく確保しています。

みーたん
居室空間って、割と部屋をうまいことはめこむだけって感じが普通なのかな。

でもわたしたち、2階のほうが1階よりもはるかにこだわったよね。

あーちゃん
しかも、現実的に生活のしやすさも追い求めつつ、でもロマン思考・非現実感、要はホテルライクな雰囲気を組み込めたと思ってるよ。間取りはこれで満足だね!

1階ガレージ・玄関・ホールの間取り

▲クリックで拡大▲

青線の玄関ポーチ部分は2畳弱のスペース。

まわりは壁で囲まれていて、雨風の影響を受けにくくしています。もちろん潮風の影響も軽減。

そしてオレンジの部分に、ギリギリ自転車を置けるような広さを確保しています。

 

玄関ポーチが斜めにカットされていますが、これも意図的。

目の前の道路が3m幅しかないので、このように玄関ポーチをカットすることで車を入れやすく。

 

また、青・緑線の部分は、910mm程度2階がオーバーハングしているため、それが屋根がわりになっています。

中途半端に庇などの玄関屋根を付ける必要はありません。

みーたん
自転車を青空駐輪場のまま置いておくと、すぐに錆びたり傷んだりしてくるからさあ。

自転車はどうしても雨風に濡れないところに置きたかったんだあ。

あーちゃん
オーバーハングしているスペースも結構大事よ。雨の日とかさ、屋根があるところで傘開いたりできるしね。

 

▲クリックで拡大▲

続いてはインナーガレージのなか。

玄関に通じているドア、そしてLDKにダイレクトにつながっている、大きな掃き出し窓を付けています。

これで、荷物の出し入れもラクラクに。

▲クリックで拡大▲

また、収納スペースを一角に設けることで、タイヤやバーベキューなどのアウトドア用品を収納できます。

タイヤをそこらへんにゴロンと置いておいたり、ゴチャゴチャ物が散乱するのはイヤ。

だって、LDK側からもガレージのなかが丸見えになるわけですから、車がインテリアになるような空間にしたいわけです。

あーちゃん
ガレージのサイディングや照明もこだわれば、まさに車もインテリア!ザ・ビートルちゃんがキラキラ輝くね!
みーたん
LDKとインナーガレージがくっつくことで、空間に奥行きができるから、結構広く感じるんじゃない?ガレージまで含めたら27畳くらいあるんじゃない?

 

▲クリックで拡大▲

玄関に入ると、右手にはシューズクローゼットが、幅は1,600mmです。

もしかしたらこれでも足りないかもしれません、靴の量が多すぎて。

 

本当は、土間収納・シューズインクローゼットを広くとることができれば、たとえばスノーボードやマリンウェアなどをかけれるのですけどね。

さすがにこの間取りでは難しいので我慢我慢。

みーたん
よっぽど土地が広くて、好きに建物のカタチを決めれる状態じゃないと難しいよ。
あーちゃん
シューズインクローゼットはいらないさ。匂いも気になるしね。

 

▲クリックで拡大

またシューズクローゼットの隣には、セカンド洗面としてペデスタルシンクを設置します。

メインのサニタリースペースは2階にあるため、手洗い場として活用。トイレも目の前ですしね。

あーちゃん
念願のペデスタルシンク!こんなの付けられるなんて、やっぱり注文住宅ならでは!マンションじゃ難しいもん!
みーたん
どうやって安くオシャレな部材を揃えるか、考えに考えたもんねえ。

 

さらにその正面のオレンジ色の部分には、コンソールテーブルを置いて、リゾート感のある雑貨なんかを飾っておきたいですね。

冒頭に触れた、「アウトリガー」な雰囲気には欠かせません。

みーたん
これは絶対にはずせないんだから!だってだって!アウトリガーグアムにもたっくさん置いてあったでしょ!コンソールテーブル!
あーちゃん
こういうものを置くか置かないかで、雰囲気だいぶ違ってくるからね!

 

▲クリックで拡大

ちょっとでも他のスペースを広く取りたいため、トイレについては0.75畳の広さで我慢我慢。

タンクレスにすれば少しでもスペースを広く見せれますし、そもそもトイレは長居するところでもないですから。

 

玄関なかは総じて、マンションに近い間取りになっていると思います。

2階への階段もないですし、吹き抜けがあるわけでもありません。

みーたん
間取り上の工夫は難しいところだから、クロスや家具、照明なんかをこだわらないとだね。
あーちゃん
まあね。でもガレージ扉やペデスタルシンクだって、なかなかオシャレだと思うけど。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

1階LDKの間取り

▲クリックで拡大

1階の奥はLDKスペースのみの空間に。広さは約20畳程度です。

緑の点線は腰壁になっているので、奥まで見渡せる空間に。

また先にもお話したとおり、ガレージとLDKの間には大きな掃き出し窓が設置されているため、空間をさらに広く見せることができます。

 

さて、LDKドアを開けると、目の前にダイニングテーブルと、その奥にL型のキッチンや冷蔵庫が。

通路の目の前にダイニングテーブルを置くと邪魔じゃないの?!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

わざわざダイニングテーブルを置く理由は、上図のシャンデリアペンダントライトを、その上に設置するから。

LDKのドアを開けると、ゴージャスな雰囲気が目の前に広がる。

 

そして、ダイニングテーブルがくっついている壁・青色部分には、テレビを壁かけする予定です。

加えて、ダイニングテーブルの逆サイドには、玄関と同じようにコンソールテーブルを置いて、雑貨や花瓶を乗せてホテル感を演出。

 

▲クリックで拡大

もう一度間取りを見てみると、キッチンはあえてオープンにしています。

キッチンを隠すのではなく、キッチンを魅せるスペースとして設置。そして、リビング側の対面式に。

みーたん
壁付けキッチンは絶対イヤ!!!だって、寂しいんだもん!しかもL型って、今まで使ったことないから使ってみたいんだよねえ。
あーちゃん
本当はパントリーも近くに設けたかったけど、オープンにしちゃうと、どうしてもパントリーは別スペースになっちゃうわな。まあスッキリしててイイけどさ。

 

▲クリックで拡大

1階の一番に奥、そこはリビングルームになっています。

ただし、フローリングではなく、デザイン畳を使った和室リビングです。

1階でもゴロゴロする場所を造りたいという強い要望もあり。

▲クリックで拡大

上図はそのイメージです。

 

畳部分は4.5畳分で、そのまわりは床の間を模したスペースに。

また、南側の大きな掃き出し窓の前を1段小上がりにして、そこにも座ったりできるスペースを設けている。

その1段目は、実はリビングイン階段につながる1段目の役割を、同時に担っています。

みーたん
よかったああああ、和室ができて。フローリングだとご飯食べたあと、寝っ転がれないじゃない?疲れちゃうんだよねえ。
あーちゃん
でも和室に置く家具とか、結構選ぶの大変だと思うよーーー?ちゃんとホテルライクも意識してオシャレなやつ選ぼうね。

 

1階のスペースは以上です。

 

自分自身で書いていて気付くのですが、本当にスッキリしているなと。

だって、LDK以外、余計なものが何もないのですから。

 

ゴチャゴチャしている洗濯物など、汚いところを見られることもない。そういった意味では安心です。

2階ホール・バルコニー・サニタリースペースの間取り

▲クリックで拡大

先にお話しましたが、1階よりも2階のプライベートスペースに、わたしたちはより力を入れています。

まずは一番左上の階段を上がると、収納スペースが2カ所。予備の布団など収納すべきものがたくさん。

 

そして、6.5畳のインナーバルコニーに、廊下から直接出ることができます。

これが結構大事で、お客さまが来たときも、プライベートスペースに足を踏み入れることなくバルコニーに出ることができる。

 

▲クリックで拡大

上図のような、オシャレなアウトドアリビングをインナーバルコニーに再現したい。

 

昼でも夜でも、気持ちの良い風を感じながら、ゆっくりコーヒーやお酒をいただくのです。最高ですよね。

だから、廊下からだけでなく、寝室からもインナーバルコニーに出ることができるようにしています。

みーたん
寝室ともつながっていることで、狭い寝室も広く感じそうじゃない?
あーちゃん
夜もライティングでキラキラさせて、バーベキューなんてやったら楽しそう

 

▲クリックで拡大

お気づきの方もいるかと思いますが、このインナーバルコニーを通じて、2階の間取りをぐるりと一周できるようになっています。

ぐるりと一周できることは実は洗濯動線に有効なのですが、それよりもここで気付いてほしいところは、サニタリースペースが通路になっているという点。

 

通常サニタリースペースはあまり広く取らないし、家の端っこで行き止まり、特に北側に追いやられてしまうことも多いのでは。

というか、ハウスメーカー・工務店さんが、そういう提案をしがちなのですよね。

 

▲クリックで拡大

でもわたしたちの場合は、2階のど真ん中にサニタリースペースを配置しています。

お風呂・洗面所・トイレ・洗濯機と収納棚、すべてあわせて、約8畳ものスペースを確保。

なんと、このサニタリースペースを通って、子ども部屋・寝室に入れるという間取りなのです。

 

しかも、お風呂はインナーバルコニーに面しているので、お風呂からアウトドアリビングを眺めることができるのです。

また、お風呂のドアもガラス戸にしているので、視線の開放感も抜群。

みーたん
遊び心もあって、寝室や子ども部屋に入るときには、絶対に手を洗うようになるよね。
あーちゃん
通路も兼ねていることで省スペースになっているけど、その分常にオシャレに飾らなきゃいけないよね。造作洗面台が超重要な要素さ。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

2階寝室・クローゼットスペース・子ども部屋の間取り

▲クリックで拡大

サニタリースペースを抜けると、寝室に入れます。

寝室はすごく縦長で、北から南まで全部使っています。そのなかには、記事を書き続けるためのワークスペースや、クローゼット4つを設置。

洋服やそれぞれの荷物がとっても多いので、クローゼットは大きく。隠したいものを隠せる空間としても重要。

 

青色の部分には壁かけテレビを、紫色の部分には、結婚式で使ったドレスや撮影したアルバムなどを飾る予定。

またオレンジの部分には、お決まりのコンソールテーブルを配置し、雑貨を置いたりコーヒーテーブルとして活用します。

あーちゃん
寝室でコーヒーテーブルがあれば、すぐに沸かして寝室でコーヒー飲めちゃうんだよ?インナーバルコニーへの動線もあるしさ。
みーたん
わたしは結婚式のドレスとか靴とかを飾れるのは、とっても嬉しいなあ。常に思い出に浸ることができるじゃない?

 

▲クリックで拡大▲

▲クリックで拡大▲

上図は、ハワイのアウトリガーリーフのスイート。

こういった空間、ホテルライクな間取りをどうしても造りたかったのです。

 

ホテルと言えば、寝室とサニタリースペースがくっついているもの。

注文住宅でもそれらを隣接させることで、まるでホテルのような空間に仕上げることができる。

 

▲クリックで拡大▲

そういった意味では、子ども部屋も同様の効力がありますね。

サニタリースペースが隣接しているわけですから。なんて贅沢な。

みーたん
まるでホテルだよね。そういえば、ちっさな冷蔵庫を寝室に置くって言ってなかった?
あーちゃん
置くでしょ!ナイトテーブル兼用のちっちゃい冷蔵庫があるんだよ!?水とかジュースとか、ちょっとしたものを冷やしておけるんだあ。
みーたん
そんなのあったら、本当にLDKまで行かなくても生活できちゃうよね。すごいや。

 

▲クリックで拡大▲

1点忘れていました。

ベッドスペースは、600mm程度上げ天井にして、開放感を演出します。

▲クリックで拡大▲

▲クリックで拡大▲

上図はアウトリガーグアムの1室。

入り口部分よりも、部屋のほうが天井が高いことにお気づきでしょうか。

メリハリをつけることで、空間を立体的に魅せることができるのです。

 

▲クリックで拡大▲

このホテルライクな間取りは、動線上も非常に有効なのです。

 

朝起きて、すぐに洗面台で顔を洗いトイレに行き、寝室または洗面台で化粧をして、洋服はすぐそこにあるクロ―ゼットから取り出せる。

あとは、下に降りてご飯を食べて出発という流れ。

もし1階にしか洗面台がなかったら、行ったり来たりでものすごくめんどくさいですよね。

 

▲クリックで拡大

先ほど少し触れましたが、ぐるりと一周できる間取りだと、洗濯動線も楽ちん

お風呂に入るときは洗濯物をそのまま洗濯機に入れ、洗濯が終わったら廊下からバルコニーへ。

洗濯物が乾いたら、逆サイドから寝室へ入りたたみ、そのままの流れでクローゼットへ。

みーたん
ほんとだ。ぐるりと一周できる間取りにも、やっぱり大きな意味があったんだね。
あーちゃん
もしサニタリースペースが1階にあったら、1階・2階の行ったり来たりでやっぱり大変だわ。

最後に

アウトリガーな間取り?

アウトリガーな雰囲気になるのは「これから」です。

やっぱり間取りの解説だけでは、すべては伝えきれないですしね。

 

間取りはイマイチだなあと思っても、仕上がりがすごい場合もあります。その逆もしかり。

結局は、間取りだけではすべては語りきれない、ということで。

 

家具・照明・クロスにいかにこだわれるか、最後の仕上げにここから入ります。

日々楽しみながら考えたいですね。

あなたは、どんな間取りを造りたいですか?

考え方 シリーズ記事